八王子市介護リフォームに必要な個所と予算

バリアフリー
自分の親の介護が必要になったら、介護リフォームを検討してみましょう。建て替えが予算的に難しい場合でも、介護リフォームなら低予算で対応することができます。
ここでは、介護リフォームをする際に必要な箇所と、予算の目安について紹介していきます。補助金についても説明していくので、限られた予算でリフォームを行いたい場合の参考にしてみてください。

介護リフォームするならどこかいい?


介護リフォームするときは、「介護が必要な人にとって本当に必要かどうか」「快適で過ごしやすいかどうか」という視点で考えることが大切です。介護する人の身体状況に合わせなければ、せっかくお金をかけてリフォームしても失敗してしまいます。
日常生活で頻繁に使う場所は、リフォームを最優先させましょう。

介護リフォーム バリアフリー

トイレ


介護リフォームをする際に最優先すべき場所はトイレです。トイレは一日で何度も使う場所だけに、高齢者の体に負担がかからないようにリフォームを行う必要があります。

• 和式トイレから洋式トイレへの交換
• 手すりの設置
• ヒートショック対策
• 片手で使えるペーパーホルダーの設置
• 扉を引き戸に変える
• スペースを確保する
• 段差を解消する

和式トイレだと足腰に負担がかかるので、洋式トイレへの交換を早めに行いましょう。
冬場になると温度差によるヒートショックが起きやすいため、暖房設備付きの便器を取り付けるなどの対策が必要です。
トイレに座るときの位置、立つときの位置なども細かくチェックして、慎重にリフォーム工事を行いましょう。

階段


足腰の弱い高齢者にとって、階段の上り下りは体力を使います。安全に上り下りができるように、適切な場所に手すりを設置するなどの対策を取りましょう。

• 手すりをつける
• 階段昇降機を設置する
• 滑りにくくする

自力で階段を上り下りするのが困難な場合は、階段昇降機を取り付ける必要があります。
転倒して転げ落ちることがないように、階段を滑りにくくする対策も必要です。

浴室


浴室は高齢者の事故が起こりやすい場所なので、特に注意してリフォームを行う必要があります。

• 浴室暖房の設置
• ドアを引き戸に変更する
• 手すりの設置
• シャワー用の車椅子を用意する
• 床を滑りにくい素材に変える

浴室で起こる事故の最たる原因は、浴槽内と浴槽外の温度差によるものです。浴室暖房を設置すれば、ヒートショックが起こる危険性を大幅に軽減できます。
浴室内は滑りやすいので、手すりを設置したり、滑りにくい床に変えたりすることも大事です。ドアを引き戸に変更すれば、出入りが楽になり、入浴時の負担を減らせます。
車椅子を利用している場合は、シャワー用の車椅子を用意すると、座ったままシャワーを浴びることができます。

玄関


玄関で注意すべきは段差です。段差をなくして、玄関の上り下りが楽に行える環境を整えましょう。

• スロープを設置して段差をなくす
• 手すりをつける
• 腰掛けを設置する
• 電動リフトを設置する

靴を脱ぐときに負担がかからないように小さな腰掛けを設置したり、手すりをつけることも大事です。

廊下


車椅子生活であれば、廊下の幅に余裕を持たせる必要があります。
手すりを設置しても車椅子が楽に通れるように、85cm以上の幅に広げましょう。90cm以上のスペースがあると、車椅子でもスムーズに曲がることができます。


床を介護リフォームする際に注意すべきは以下のポイントです。

• 床の張り替え
• 段差の解消

家庭内での転倒事故を防ぐためには、床の張り替えも必要です。滑りにくいコルクなどに張り替えることで、安全性を高めることができます。
車椅子で移動する場合は、ビニールなどの傷がつきにくい床材への張り替えを検討してみましょう。
引き戸のレールなど細かな段差を解消することも大切です。段差があると高齢者がつまづきやすく、車椅子での移動を妨げる存在になるので、バリアフリー化が必要となります。

介護リフォームに必要な予算はいくら?


介護リフォームをするときに気になるのは費用ですよね。介護リフォームに必要な費用の目安がわかると、予算も立てやすくなります。
あれもこれもと欲張ってしまうと予算オーバーになりやすいので、事前に優先順位を決めておきましょう。

100万円以下でリフォームできるケースが多い


どこをリフォームするかによって費用も変わってきますが、介護リフォームは100万円以下で対応できるケースがほとんどです。

トイレ 30万円〜50万円程度
浴室暖房の設置 25万円〜
階段昇降機の設置 50万円〜
電動リフトの設置 30万円〜
スロープの設置 30万円〜
廊下の幅の拡張 30万円〜60万円
段差の解消 15万円〜25万円
開けやすいドアへの交換 10万円〜15万円
床の張り替え 20万円〜
シャワー用車椅子の購入 15万円
手すりの取り付け 8万円〜15万程度

上記の費用はあくまで目安です。リフォームする箇所の状況や商品のグレードなどによって費用も変わってくるので、リフォーム業者に依頼して具体的な費用を提示してもらいましょう。
家中をまんべんなくリフォームするなると、100万円以上の予算が必要になる場合もありますが、国や自治体の補助金制度などを利用すれば、リフォームにかかる費用をある程度抑えることができます。

バリアフリー

補助金を利用して予算を抑える


介護リフォームをする際は、介護保険制度や各市町村の助成金制度を活用できます。
補助金を受けるには適用条件をいくつかクリアする必要がありますが、以下のケースに当てはまる場合は、補助金をもらえる可能性が高くなります。

• 要介護者認定を受けている
• 介護リフォームの予算が20万円以内
• 補助金の対象となるリフォームを行う

介護保険を利用するには、要介護者の認定を受けなければなりませんが、費用が20万円に達するまでの間は、何度でも申請することができます。
介護保険の他にも、自治体が独自に補助金制度を設けている場合があるので、積極的に活用しましょう。補助金の適用条件や金額などはそれぞれ異なるので、事前に市区町村の窓口で問い合わせしておくことをおすすめします。

まとめ


家の建て替えをしなくても、介護リフォームすれば、高齢者が住みやすい家を作ることができます。人によって介護が必要な場所は異なるので、それぞれの体の状況に合ったリフォーム計画を立てましょう。
介護保険などの補助金制度を利用すれば、低予算で介護リフォームを行うことができます。将来に備えて、早めに準備しておきましょう。

八王子市居住環境整備補助金制度について

無料問合せ

なぜ、当社がお客様から選ばれるのかというと、それは迅速な対応、専門知識と価格です。
圧倒的な価格の安さは、丸投げしないからです。

東京都八王子市で不動産業を営んでおりますが、日々、たくさんのお問い合わせを頂いております。内容は様々ですが、電球一つの交換や、洗面所のクッションフロアーの交換も喜んでいきます。これにより、お客様は『あの会社は対応がいい!』『何かあったらあそこに頼もう!』と潜在的に記憶されます。だから当社はリフォーム&リノベーション工事で他社に負けないのです。

『住まいの困った』に対応できるのは、不動産会社なのです。不動産会社の中でも建築が得意、不得意がありますが、当社は得意な会社です。
おかげさまで、中古の不動産(戸建て、マンション)を購入して自分好みにリフォームしたい、や、単独の大型のリフォーム案件、店舗改装、介護用のリフォームなどを月に数件こなしております。

当社の行動範囲は主に東京都でも多摩エリア限定となります。腕のいい職人が通える範囲しか対応が出来ません。
この記事を読んでくださるお客様の中に、リフォーム&リノベーションを検討中で、もし、多摩エリアの方がいらっしゃいましたらご連絡お待ちしております。また下記にリンクを貼っておきますのでご興味のあるリンクのクリックをお願いします。

当社は、八王子エリア 駅近の物件を取り扱っている不動産会社です。エキテン口コミエリアランキングNO1

あなたがもし、介護リフォームを行うのであれば、不動産ステーションへご相談ください。

リノベーション事例集一覧ページへ飛びます。

(不動産ステーションの仕事ぶりがわかります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をシェアする
-----------------------------------------------

未来は創り上げるもの
体験を共有して次に繋げたい!この記事を読めばきっとあなたの悩みも解決します!