人にやさしい家づくり、中古住宅のバリアフリーリフォーム

段差解消
高齢化の問題は大きな社会問題として、私たちの前に立ちはだかっています。
しかも、この問題は有効な解決策が未だに無い状況です。

ところで、この問題は不動産の世界にも大きな影響を及ぼしています。
と言うのも住宅にバリアフリーの考え方が取り入れられたからです。

その結果、今の住宅は高齢者であっても快適に生活出来る様になりました。階段には手すりが付き、段差の解消も進んでいると言えます。

しかし、これはすべての住宅が当てはまるとは言いにくいです。
例えば、築年数の経った中古住宅の場合は、十分に使用に耐えられるのですが、必ずしもバリアフリーに対応しているとは限りません。
段差の解消が十分では無く、手すりなどの設置も不十分の物件もあったのです。

しかし、バリアフリーへの対応はリフォームで十分に対応可能です。
もっと言うならば、以前に建てられた良質の住宅を、より高品質のバリアフリー住宅として復活させることも可能なのです。

この記事では中古住宅のバリアフリーリフォームの家づくりについて紹介します。
人にやさしいバリアフリーは至上の命題とも言えますが、少しでも人にやさしい家が出来れば、非常に嬉しく思います。


バリアフリーの家づくりとは


「バリアフリー対応」の家は手すりやスロープなど、バリアフリーの設備を設置すれば作れると思われがちですが、本当にそうなのでしょうか。
ここでは、「バリアフリーの家づくり」について、もう1度振り返って考えてみたいと思います。

設備を着ければバリアフリーになるか


まずは、「設備を着ければバリアフリーになるか」という命題について考えてみます。

実は、このテーマは住宅のバリアフリー化を考える上で非常に重要です。
と言うのも、住宅の設計者はバリアフリー設備の設計思想を汲むこと無く、「設置すれば確認申請が通る」といった感じの考えで家を作ってしまう傾向があるからです。

手すりの例で言うならば「壁に付いてればオッケー」といった感じの、「使用者の使い勝手」を考えていない設置のケースも見受けられます。

この様な「設備を着ければバリアフリー対応」は本当に優しい家になるか…と考えるならば、答えは「ノー」ということになります。
使用者の満足度を考えるならば、及第には届かないのです。

それでは、どの様にバリアフリー住宅は設計すべきなのでしょうか。
結論を言うならば、これは「使用者の立場に立って考える」ことに尽きます。

手すりの設置であれば、「服を引っ掛けやすく無いか」、或いはスロープの設計ならば「この角度では疲れないか」と言った、使用者の立場に立つ設計が大切となるのです。

生活する人の「尊厳」を忘れない


ところで、バリアフリーのリフォームは、方向性を間違えれば、生活する人の「尊厳」を台無しにしてしまう可能性も大いにあります。
尊厳が台無しになると、非常に住みにくくなります。「人にやさしい住宅」ではありません。

そのため、生活する人の尊厳とプライバシーも尊重されなければなりません。
家づくりも、そうあるべきです。

例えば、トイレについて考えてみましょう。
トイレの使いやすさは生活する人にとって、非常にナーバスな問題と言えます。
そして、そこに失敗があれば、そこに大きな精神的苦痛も発生します。

しかし、トイレの広さや手すりの配置などを検討することによって、トイレ内での失敗も少なくなり、生活する人のプライバシーや尊厳が守られます。

住宅は住む人の快適性を追求した形であるべきです。
その快適性の背景には、生活する人のプライバシー、尊厳、その他の精神的な要素があります。
そして、それを守ることこそが「やさしさ」に繋がると言えます。

利用する人について知ることが大切


バリアフリーを考える上では、実際に使う人について知ることが非常に大切です。
設備の便利さを追求するのも大切ですが、便利さを追求するあまり、せっかくの身体を動かす機会を奪ってしまう場合もあります。
すると、更に運動機能が低下する可能性も出て来ます。

例えば、「しゃがむ」ことが苦手な人への「しゃがむ動作へのサポート」は大切ですが、「歩く機会」まで仮に奪うならば、それは余計になります。
使う人の身体の状況を知り、身体を動かす機会を奪わないことも重要であることを覚えましょう。

介助者の動きも知っておきたい


バリアフリーは、使う人の動きを考えて仕様を検討することは非常に大切なのですが、更に一歩踏み込んで、介助者の動きも考えられると、もっと良い家になります。

例えば、部屋の広さを考える際には、介助者が動けるだけの余裕を持たせることが大切になります。
また、部屋の配置を考える場合にも、介助者の部屋が近い方が便利です。

介助者はバリアフリーにおいて重要な存在ですので、ぜひとも動きを知っておきましょう。

間取りで気を付けること


ここで、バリアフリー住宅の間取りについて考えたいと思います。
住宅の間取りは生活動線と密接しているので、プランニングが特に大切です。

寝室・浴室・トイレは近くに配置


間取りのプランニングの基本は、生活動線への最大限の配慮と言うことが出来ます。
例えば、玄関から自室に向かいにくいと大変ですし、浴室やトイレに行きにくいのも困ります。

ですから、寝室からトイレや浴室に行きやすくするのがポイントとなります。
夜中にトイレに起きた場合などでも、距離的に近いと負担も軽くなります。

寝室は余裕を持たせる


運動機能が低下すると、「しゃがむ」「かがむ」といった運動が少し難しくなります。
そのため、寝具は布団よりもベッドの設置がおすすめです。

そのため、寝室はベッドを置くスペースが必要です。ただ、介助を考えると、ベッドまわりにも余裕が欲しいです。
また、ケースにもよりますが、車いすの使用も想定に入れる場合も出て来ます。
その場合、収納も考えなければならないので、スペースの余裕は欲しいです。

廊下幅は広めに


日本の家屋はモジュールが決まっていて、それに合わせた廊下幅となっています。
ただ、その幅がバリアフリーを考慮する上で良いかと言うと、必ずしも良い訳ではありません。
廊下幅には余裕が欲しいです。

廊下幅に余裕が必要なのは、「車いすの利用」と「介助者の動き」があるからです。

車いすは幅が決まっていますので、それから追えば廊下幅が計算出来ますが、実際には方向転換することもありますので、やはり余裕が必要です。
また、介助者の動きを考えても、やはり余裕があった方が良いです。

設備


次に設備について取り上げます。
住宅設備も様々な点で研究開発が進み、バリアフリーに特化する物も増えて来ました。

この設備の機能を生かすことが、バリアフリーリフォームでの大きなポイントとも言えます。

浴室などは滑らない仕様にする


段差解消はバリアフリーでは非常に重要なポイントとなりますが、これと同様に「滑らない」ことも非常に大切です。
転倒は時として大きな事故にも繋がります。特に、浴室などは足元が滑りやすいので、滑らない工夫が必要となります。

今では滑りにくい床を採用したユニットバスなどもありますので、積極的に取り入れましょう。

手すりは本人の体格に合わせる


今の住宅には標準的に階段手すりが付いています。
また、玄関アプローチに手すりを設けている家も多いです。

また、ケースにもよりますが、廊下の手すりも必要となります。
ところで、手すりの高さは一応の目安がありますが、実際に使う人の体格も計算に入れる方が使いやすくなります。
特に階段手すりは、身体の重心位置が前後に動いてしまうと、転落の危険性まで出て来ます。
使う人の体格を考慮して設置位置を検討しましょう。

火災の心配が無い設備


防災はバリアフリーを考える上でも、非常に重要な項目と言えます。
と言うのも、運動能力の低下した人の場合、どうしても逃げ遅れてしまうリスクが上がってしまうからです。

そのため、火災の発生には最大限に気を付けなければなりません。
ですから、暖房などは基本的には灯油では無い方が良いですし、調理などもIHを使うことがおすすめです。

玄関まわり及び外構


住宅の内部のバリアフリーに気を付けたとしても、玄関まわりや外構部分が手薄になった場合、やはり片手落ちとなります。バリアフリーは屋内だけでなく、屋外でも考慮されるべきです。

スロープ 段差解消

段差を作らない


玄関ドア部分の段差が小さくなったとしても、玄関アプローチ部分の段差が解消されてなければ、やはり良くはありません。
アプローチ部分を含めて段差の発生に気を付けるべきです。また、転倒防止の観点からするならば、滑りにくくすることも重要です。

開き戸よりも引き戸が望ましい


玄関ドアは実は大きな関門となります。と言うのも、ドアの条件によっては転倒のリスクが変わるからです。
玄関ドアは、開き戸よりも引き戸の方がおすすめです。

例えば、玄関ドアでも開き戸の場合は、ドア開閉のために、前後への体重移動が必要です。
一旦ドアの取っ手を掴み、引っ張る時に体重が後ろに移動するからです。
この場合、後方への転倒のリスクが発生してしまいます。

しかし、玄関ドアを引き戸にするならば、転倒のリスクが小さくなります。ドアを持って開いたとしても、体重の移動があまり無いからです。

スロープは勾配に注意


スロープの大きな目的には、車いすでの住宅内への出入りがありますが、スロープの勾配が適切で無い場合、車いすの扱いが難しくなります。

仮に勾配が急になると、車いすで上るのが大変になるからです。また、適度に休む場所も欲しいです。
また、車いすの扱いには介助者の動きも計算に入れなくてはなりません。スロープ幅などにも気を付けて設計しましょう。

 

リフォーム&リノベーション りのべーる 不動産ステーション

まとめ

住宅のバリアフリーについて考えてみましたが、バリアフリーは何も新築に限ったことでは無く、中古住宅でも対応が可能です。また、中古住宅を購入するならば、余裕の出来た予算をバリアフリー化に充てることも可能です。

介護の為バリアフリーにしたい、将来の為バリアフリーにしておきたいなどのご相談は当社へご相談ください。(東京都、神奈川県限定)

なぜ、当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~不動産部門~
高額な不動産は、細かい心配事がたくさんあります。それを丁寧に一つ一つご説明するのはもちろん、何度も現地を確認します。その為、他社よりもその物件(不動産)に詳しくなります。誰しもが思い描く心配事を解消していく仕事が得意です。売主様も買主様も万全の態勢でサポート致します。居住用不動産も投資用不動産もお任せください!

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでもわからない、住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。
当社にはマンションリノベーションアドバイザーとリフォーム診断士もおります。

施工事例はこちら

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

東京都で無料の間取りプランニング(木造2階建て、3階建て限定)
木造2階建て確認申請・・・30万円(税別)~

木造3階建て確認申請・・65万円(税別)~*構造計算含む*

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

 

無料問合せ