とびきりおしゃれな内装に!リフォーム・リノベーションをする方法を一挙公開!

mydesign リノベstudio
家造りを検討する場合、第一にどの様な設備を着けるかを考えるかも知れません。
確かにキッチンや浴室を高性能のタイプを設置することは便利な生活に欠かせません。

しかし、素敵な生活の演出にはオシャレな内装がぜひとも欲しい物です。特に、中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションを計画している人にとっては、尚更のことと思います。

そこで、ここでは内装をオシャレにするリフォームやリノベーションについて取り上げ、「素敵な生活」をどの様に演出するか、内装の面から考えたいと思います。

無料問合せ

【関連記事】

中古×リノベーションとは 【MyDesign リノベstudio】
もう1つの賢い住宅取得方法!中古住宅のリノベーション物件の選び方を詳しく解説

セルフリノベーションの利用方法とは!? 賢いセルフリノベーションのやり方とメリット、デメリット


オシャレなリフォーム・リノベーションをするために


まずは、リフォーム・リノベーションをオシャレにするコツについて考えてみましょう。

もしかすると、リフォームやリノベーションは建築家独占の仕事と思われているかも知れませんが、決してそうではなく、アマチュアレベルでも計画に参加が出来ます。
ただし、覚えるべきことは、やはりあります。

オシャレなリフォーム・リノベーションには計画が大切


さて、オシャレにリフォームやリノベーションをするためには、何よりも先に計画を立てなければなりません。

確かに住宅に据え付ける設備や、カタログなどを見ていると目移りするでしょうが、総合的な計画が必要不可欠です。
相談の前にはイメージを組み立てておきましょう。

オシャレさと予算を両立させる


いくらオシャレに造ることが出来たとしても、実際の生活が苦しくなると良くありません。
ですから、予算の計画もしっかりと立て、両立させなければなりません。

また、家造りには意外な出費も多くなります。
余裕を持って臨みましょう。

リフォーム・リノベーションはアイデア次第


家造りはアイデア次第で可能性が大きく広がります。中古住宅のリフォーム・リノベーションも同様のことが当てはまるのです。

アイデアで豪華さを超えられる


インテリアのカタログを見ると素敵な製品が山の様に記載されています。
そして、その写真を見ると、あたかも高級な調度品を揃えなければならない様にも見えて来ます。

しかし、それが必ずしもベストとは限りません。
アイデアで可能性は広がって、豪華な物であっても超えることは可能なのです。

例えば、ホームセンターなどに行くと、安価な木材が販売されています。
確かにこのままでは野暮ったいかも知れませんが、サンドペーパーを掛けるなどの加工を少しすれば、部屋を素敵に彩るアイテムに変わるのです。

チームヘリンボーン44

情報収集とアイデア


アイデアを発揮するためには、その土台となる知識が必要です。
しかも、知識を幅広く持つことが重要です。
素敵なインテリアを造るために、優れたアイデアを出すためにも、普段から情報を収集しましょう。

ちなみに、これは後述しますが、単に情報を集めると言っても闇雲に調べるのではありません。調べる範囲を絞る方がベターです。
特に、住宅を考える上では、建築関連の知識を習得しておくべきです。ぜひとも積極的に勉強しましょう。

インテリアを楽しむコツ


インテリアを楽しむコツ、と言っても人によってはイメージが漠然として掴めないかも知れません。
インテリアのパーツは多いですし、組み合わせはまさに「無限」とも思えるので、その部分は仕方の無いことでしょう。
しかし、少しの工夫で楽しみもグッと増えます。

トータルで楽しむ


まず忘れてはならないのが、インテリアを楽しむコツは「トータルで考える」ことが必要である点です。
出来るならば家全体のデザインコンセプトを決め、それに合わせたコーディネートが望ましいです。

ただし、全部を豪華にしてしまうと返って魅力を失います。メリハリを付けることも忘れない様にしましょう。

アクセントに気をつける


インテリアの楽しむコツの第2は、「アクセントに気をつける点」です。
いくらインテリアを楽しむコツを追求したとしても、全体を同じにしてしまえば面白くないです。前述の通りメリハリを着けましょう。

また、特に予算の少ない場合ほど、インテリアを楽しむコツとしての「アクセント」は重要味を増します。
ぜひともコンセプトに合わせたアクセントを作り、インテリアをまとめましょう。



 

レイアウトインテリア実例の確認について


雑誌などを見る場合、素敵なインテリアの写真がたくさん並んでいます。
人によっては、その写真だけで設置するアイテムを決めてしまうかも知れません。
しかし、確認が足りないままでの発注は危険です。
では、どの様にすべきでしょうか。

レイアウトインテリア実例の確認は大切


物を購入するときに大切なのは「現物の確認」です。
現物の確認が不確かである場合、施工前のイメージと出来上がりが違う場合もあり得ます。

しかし、確認をしっかりするならば、イメージと違うリスクが低減し、より満足の行くリフォーム・リノベーションとすることが出来ます。

施工例を見るためには


それでは、その様なリフォーム・リノベーションはどの様に確認すれば良いのでしょうか。
これは業者の過去の施工例を見るのに限ります。
それにより、その業者の技術力も測れるからです。

そして、確認のために、過去のインテリア実例を見せてもらうことが大切です。
業者によっては施工例を写真に納めているところもあるので、十分に確認して決めましょう。

施工事例へ

カラーコーディネートの重要性


オシャレな内装とするためには、トータルでの検討が大切です。
そして、そのベースとなるのがカラーコーディネートと言うことが出来ます。

カラーコーディネートは同系色で


単にカラーコーディネートと言っても似た色で埋めるだけでは、少しもったいない気がします。
例えばブラックを基調にするのであれば、全部を黒く塗ると単一になり過ぎるからです。
色の種類にもよりますが、まとめるのは同系色のレベルに留め、あとはむしろ変化を付ける方が面白いです。

ただし、色を決める際には、設置するの部材のサンプルを取り寄せて決めましょう。
と言うのもカタログなどの写真は印刷の状態などによって色の見え方が異なるからです。

光沢度も併せて考える


色を考える場合、色調ばかりの検討に走ってしまうと、実際に施工した後にイメージが違うケースも意外に出て来る物です。

これは光沢度を計算に入れない場合に起こるミスです。
色には材質と表面によって、光沢が相当に違って来ます。

例えば、ブラックを取ったとしても、金属部材のブラック部分はシャープな感じのブラックになるでしょうし、ソファーなどのブラックは柔らかく見える物です。

インテリアのカラーコーディネートには、ぜひとも光沢までを計算に入れましょう。
同じ色であっても、光沢の使い方次第では、面白いメリハリを付けることも可能だからです。

MyDesignリノベstudio

収納はアイデアで決まる


ネットで「収納」と言うキーワードで調べてみると、非常に多くの情報が見つかります。
デザインにこだわった収納や、自作で作る収納など、どれもが個性的で面白いアイデアの物です。

さて、そこで問題となるのが、その情報を自宅の収納にどの様に応用するかです。
しかも、リフォーム・リノベーションの場合は、もともとの建物があるため、出来ることの範囲が決まってしまいそうです。
では、どの様にすべきでしょうか。



収納こそアイデアと知識を生かせる場所


収納の部分はアイデアが生かせる場所、それはリフォーム・リノベーション物件であっても変わりません。収納には知恵が非常に重要です。

しかし、実は収納をアイデアだけで考えるのは、少し足りない部分があると言えます。
そして、どの様な要素が欲しいかと言うと、それは「知識」の部分です。つまり、住宅の知識、あるいは建築の知識が有用となるのです。

知識があれば、アイデアの範囲が更に広がりますし、より確実な物となります。
ですから、ぜひとも住宅がどの様な物となっているかを勉強しましょう。

仲良くテレワークしたい

変わった収納アイテムの応用


収納について調査を進めて行くと、変わった収納の手段を見つけることと思います。
良い例が床下収納や天井裏収納などと思います。
これらは使える手段であるか判断が難しい、と言う人も多いことと思います。

しかし、収納の応用を考えるのであれば、これらの手段もアリです。
また、応用によっては幅も広がります。

例えば、リノベーションでスキップフロアを設ける場合には、床下収納のノウハウの応用が効きます。
ただし、これらを現実の物とするためには、一定レベル以上の建築の知識が必要です。
この面からも、勉強は重要であることが分かります。ぜひとも積極的に取り組みましょう


造作家具で面白くなる部屋


さて、家造りを考えるとき、と言うよりも「生活」を考える場合には、住宅が住む人にトータル的な支援をしなければならない、と言うことが出来ます。

例えば、家電製品だって生活の支援ですし、自家用車などであっても生活の支援です。
当然ながら、住宅の設備をトータルで考えるならば、忘れてはならない要素があります。
それは「家具」です。

家具は基本的には家具屋などから購入するのが一般的ですが、必ずしもそれだけではありません。
家に造り付けてしまうことも十分にアリなのです。



造作家具の機能


それでは、家具を造り付けると、どの様なメリットがあるのでしょうか。
これは第一に「自分に合わせた家具」を造れる点にあります。

前にも述べた様に、家具は確かに家具屋から自分に合わせた物を買って来て使うのが一般的です。
しかし、壁や床などに造り付けてしまえば、「自分に必要な分だけの家具」を造ることが可能です。
そして、この様にするならば、スペース的な無駄も少なくなり、収納効率も上がります。

また、第二に挙げられるのが「好みのデザイン」にすることが可能な点です。
仮に家具に好みの仕様があったとしても、そのままイメージに合う家具があるとは限りません。
しかし、造り付けならば、家造りの最初段階から打ち合わせることが可能なので、イメージに合わせた家具を造りやすいのです。

造作家具で素敵な雰囲気


家具のコーディネートは意外に難しい物です。
と言うのも家具はもともとが違う店で購入するからです。
確かにデザインをシリーズ化させた家具はあるでしょうが、全部の家具がそうであるとは限りません。

また、部屋の雰囲気に合わせるのも難しいです。部屋の壁紙や照明、あるいは床材などとマッチさせるのは、インテリアに相当に精通した人でなければ困難かと思います。

しかし、家具を別途に購入するのでは無く、家にはじめから造り付けるならば話は違います。
と言うのも、床材や壁紙などの選定と同時に家具の仕様を決められるからです。
そのため、室内の雰囲気を素敵に演出することも比較的容易です。

すてきな空間を作るリフォーム・リノベーション


家を造るのであれば、殺風景な空間よりも、すてきな空間を造りたい物です。
ただ、単に「すてきな空間」とは言っても、どの様に造ったら良いかが分からず、迷うことも多いと思います。

それでは、どの様な点がリフォーム・リノベーションのポイントとなるのでしょうか。素材と間取りの観点から考えてみましょう。

すてきな空間と素材


すてきな空間を造るためには、空間を構成する素材にこだわるのがおすすめです。
ただ、素材選びと言っても、選び方に注意をしなければなりません。
と言うのも、例えば気に入った素材を並べたとしても、良い空間になるとは限らないからです。

素材にこだわることは確かに重要なのですが、空間のデザインコンセプトとコーディネートを意識することを忘れるべきではありません。
そして、そこには気息性や統一性を盛り込む方が、より良い空間となります。

例えば、「木」を意識した空間を造る場合、金属部品をランダムに多用することは、あまりおすすめ出来ません。
木を意識するならば、素材をある程度にしろ統一し、他の素材はアクセント的に使う方がおすすめです。

すてきな空間と間取り


すてきな空間を造るためには、間取りも工夫するべきです。
間取りの構成を間違えてしまうと、使い勝手の悪い家となってしまうからです。

それでは、間取りを造る上でのポイントは何でしょうか。
空間造りのポイントは「生活動線」と「光」があります。

まずは生活動線ですが、普段の動きから大きく変える様な間取りにしてしまうと、動きにくい家になってしまいます。
また、窓の位置などを工夫しないと居室が暗くなってしまい、雰囲気も悪くなってしまうのです。

間取りの検討は、すてきな空間造りに欠かせません。
プランニングをしっかりしましょう。

「おうち時間」を大切に出来るリフォーム・リノベーション


「家での時間を大切に出来る」空間にしなければ、せっかくのリフォーム・リノベーションも片手落ちになってしまいます。
せっかく空間を一新するのですから、より良い時間が過ごせる家にしましょう。
それでは、そのためには、どの様な点がポイントになるのでしょうか。

無駄な時間を削って「おうち時間」を作る


さて、良い時間を過ごすためには、自由になる時間があることが大前提です。
仮に仕事が終わって帰宅した跡でも、忙しい案件に忙殺しているならば自由時間などは持てません。
自由になる時間を造るためには、無駄な時間を削る工夫が必要なのです。

それでは、どの様な手段が考えられるでしょうか。
これは、設備の仕様の検討が1つのカギとなります。

例えば、食洗機を設置して、食器洗いの時間をカットするのも良いでしょうし、汚れの付きにくい床材を使って、掃除の時間を節約するなどの工夫が考えられるでしょう。

心地良い空間を作って「おうち時間」を快適にする


おうち時間を良い物とするための第二は、家そのものを快適にすることがカギになります。
これはリビングの居住性をアップさせることがメインの手段となるのですが、それだけではありません。

例えば、寝室の雰囲気を良くするのであれば、より心地の良い睡眠を取ることが可能となるでしょう。
また、エクステリア部分にウッドデッキなどを造れば、新しい快適な空間を手に入れることが出来ます。

家の快適性は予算などによっても決まりますが、アイデア次第なので、情報を探しながら案を練りましょう。

オリジナルの追求を忘れずに


リフォーム・リノベーションの仕様を決める時には、業者との相談は欠かせません。
と言うのも、リフォームやリノベーションは高い建築技術を要する「プロの仕事」だからです。
しかし、企画にほとんど参加しない…と言うのも非常に勿体無い話です。

ただ、ある程度にしろ、建築に関する知識を得るならば、自宅のリフォーム・リノベーションのプランニングに参加が可能となります。
そして、「オリジナルの追求」が可能となり、更に面白くなります。

オリジナルこそが面白い


リフォーム・リノベーションはオリジナルこそが面白いです。
他には無い、自分だけの凝った空間創造は胸が躍る物ですし、仕様を決める作業は楽しいからです。

特に凝った素材や、機能に特化させた部屋のプランニングは胸がワクワクします。
音楽を趣味にしている人が「くつろぎと音楽を楽しめる『自分だけの防音室』を計画する」なら、きっと、目をキラキラさせることでしょう。

オリジナルの追求の楽しさ


今挙げた「音楽を楽しめる空間造り」にも言えることなのですが、オリジナルの追求は非常に楽しい作業です。

例えば、防音室を造るのであれば、防音素材の性能の研究も楽しいでしょうし、室内の雰囲気に凝るならば、内装材の情報収集も楽しくなることでしょう。
また、室内の雰囲気造りのために、照明器を研究することも興味深く感じるかも知れません。

いずれにしても、それぞれが楽しい作業です。そして、これがリフォーム・リノベーションのオリジナルの追求の楽しい場面と言えるのです。

「本気出してみた」は最後に言いたいセリフ


家づくりには、多かれ少なかれにしろ条件がある物で、妥協しながら進めなければならない点がいくつもあります。

しかし、そんな中にあっても、「妥協しない点」を決めておいて、「本気出してみた」と最後に言える工事が理想的なのでは無いかと思います。

それでは、「本気出してみた」と最後に言える点を、計画と工事の観点から、考えてみたいと思います。

「本気出してみた」と言いたい場面…計画


リフォーム・リノベーションの計画は、単なる打合せで終わらせては勿体無いです。
と言うのも、業者の出して来る案は、業者のカバーし得る範囲での提案が多いからです。

また、業者の資材の手配の都合などもあることでしょう。そして、その業者からの提案を鵜呑みにするのであれば、後で心残りを感じることも、もしかしたらあるかも知れません。

しかし、情報収集を入念に行い、複数の業者を起用する場合には、計画の段階で出る話題もハイレベルになり、「本気出してみた」と、後から言えるプランニングになります。

当然ながら、そのプランによるリフォーム・リノベーションは、非常に充実しますし、満足の行く仕様となることでしょう。

「本気出してみた」と言いたい場面…施工


「本気出してみた」と言いたい、もう1つの場面は工事の場面です。
と言うのも、工事の技術のレベルによって、出来上がりが違うからです。

例えば、漆喰などで壁を塗る場合、工事担当者の技量により、壁の雰囲気まで変わります。

確かに工事に関しては、業者に任せる部分もあるでしょうが、打合せには参加が可能です。そして、実際の工事の際にも、施主が決めた方がベターな場合もあります。

ですから、積極的に施工の段階でも参加して、「本気出してみた」と言える様にしたい物です。

八王子市南町マンションリノベ

暮らし


家造りの原点は何か…と考えると、やはり「暮らし」に繋がると思います。
と言うのも、家は暮らしのメインとなる舞台だからです。

それでは、暮らしを考える場合、リフォーム・リノベーションからのアプローチは、どの様になるのでしょうか。

最終目標の「暮らしの向上」を考える


家造りの最終目標は「暮らしの向上」であることは間違いありません。
ただ、その暮らしは人によって、それぞれで、簡単には括ることは出来ません。

その人の趣味、価値観、家族など、持っている条件をすべて挙げた上で、暮らしを向上させる方向性を探ることが重要となります。

また、未来を読むことも大切です。
例えば、バリアフリーの必要性を見越してリフォームするのも良案です。それは「未来の暮らしへの投資」にもなることでしょう。

「暮らし」を犠牲にしないために


リフォーム・リノベーションは生活空間のレベルアップなので、妥協はしたくない物です。
しかし、仮に予算に余裕が無い場合には、仕様を再検討するなりのアクションをすべきでは無いかと思います。

と言うのも、生活にも費用が必要で、その部分を削り過ぎると、暮らしが厳しくなるからです。

また、ローンなどを利用する場合、そのローンの返済のために仕事を増やし、家に居る時間を減らしてしまうのも考え物です。

費用の計算はバランスが必要です。
暮らしを犠牲にしないで、最善の仕様とすることが、大きなポイントとなるのです。

癒し空間


家はくつろぎの場所でもあるべきで、単なる疲労回復のための場所であっては、やはり勿体無いです。そのためには、家そのものを癒し空間としなければなりません。

明日のためにも「癒し空間」は大切


まず、なぜ癒し空間が大切か…というテーマです。
これは「明日の活力を得るため」と言うことが出来ます。

現代は非常に忙しい世の中です。そんな中で生活するためには、上質の休養が必要です。
その休養のためには、癒し空間が、ぜひとも必要となります。

つまり、癒し空間は、明日のための場所…とも言え、大切なのです。

癒し空間とするために


それでは、癒し空間とするためには家をどの様な仕様にすべきでしょう。
これは、人によって様々とも言えますが、「自然」が1つのキーワードとなります。
例えば森林浴などの「自然と触れ合う時間」はメンタル的にも良い影響を受けます。

また、好みを考えるならばエキサイティングな空間も良いかも知れません。
その場合はモダンな空間とすべきです。
しかし、ある程度にしろ、自然を感じさせることがおすすめです。

まとめ


リフォーム・リノベーションは魅力的ですが、より良い物とするために、検討しなければならない点が多くあることが分かったことと思います。

これを考えると、ハードルの高さを感じるかも知れませんが、情報を収集しながら進めれば、決して不可能な作業ではありません。
そして、この場面で優れた業者が登場するならば、計画も工事も、ハイレベルな物が狙えます。

検討は大変ではありますが、ぜひとも良い仕様を決め、すてきなリフォーム・リノベーションとしましょう。

無料問合せ

【商品の概要】

・中古×リノベーション ワンストップサービス

フルリノベーション定額パック  3商品(マンション、戸建て共用)

・LDKのみリノベーション定額パック (マンション、戸建て共用)

・増築定額パック (戸建て用)

中古×リノベーションで自分たちだけのオリジナルの住まいを作りませんか?


日々の暮らしをデザインする株式会社Izumidaでは、リノベーションデザイン・施工はもちろん、中古物件の物件探しからサポート、さらに物件購入費用とリノベーション費用をまとめて住宅ローンとして組むことのできる特別ローンもご案内可能です。中古×リノベーションで、理想の暮らしを手に入れませんか?「さあ、リノベしよう」

『 なかなか理想の物件に出会えない方へ 』
中古×リノベで理想の暮らしができるお住まいを作りませんか。
当社は不動産の紹介、設計デザイン、リノベ工事、
インテリアコーディネートまで全てご提案可能です。

■工事中も内見歓迎!本日ご見学可能です♪
■当社売主物件の為、費用が抑えられます!

お気軽にお問合せ下さい。
TEL:042-649-1516

現地見学会(事前に必ずお問い合わせください)
日程/毎週土日
時間/11:00~17:00
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【現地見学会開催】
お気軽にご連絡くださいませ!

※ゆっくりご見学いただく為、1組ずつご案内させていただいております。
事前に必ずご予約をお願いいたします。
※平日でもご案内は可能です。お気軽にお問い合わせください。
※最寄駅、現地集合などご都合の良い場所をご指定ください。

※所用時間目安
お部屋のご見学 15分程度
リノベーションのご相談 30分程度
ローン等のご相談 30分程度

【見学受付窓口】
TEL:042-649-1516
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

築年数が古い物件でも売れていく本当の理由 2019年 【中古戸建て、中古マンション、1棟ビル】

マンションか戸建てかでお悩みの方はこちらを

•安くて良い物件の選び方
•物件の騒音リスク
•ペットが飼える物件
•周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
•生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)
など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

当社のリフォーム&リノベーション事例
この記事をシェアする