セルフリノベーションの利用方法とは!? 賢いセルフリノベーションのやり方とメリット、デメリット

セルフリノベーション
自宅が古くなると様々な部分に痛みが出て来ます、壁紙であれば日に焼けてしまいますし、カーペットなども変色してしまうことでしょう。
また、部材によっては割れや剥がれなども発生するかも知れません。

そこで必要となるのがリノベーションです。
部屋をリノベーションしてやれば、単に部屋がきれいになるだけでなく、設備などもより良くなります。

ところで、DIYで日頃からいろいろな物を作っている人の中には、「この工事はセルフでも可能なのでは…」と考える人も多いことと思います。

それでは、その様なセルフリノベーションは、本当はどうなのでしょうか。
ここでは、セルフリノベーションについて、可能性やメリットとデメリットなどを紹介したいと思います。

【関連記事】
もう1つの賢い住宅取得方法!中古住宅のリノベーション物件の選び方を詳しく解説
とびきりおしゃれな内装に!リフォーム・リノベーションをする方法を一挙公開!


リノベーションはDIYで可能か


まず、一番の問題である「リノベーションはDIYで可能であるか」という点について考えてみたいと思います。

リノベーションはDIYで可能


結論から言うならば、リノベーションはDIYで可能です。
昔であれば、家造りは工務店などに頼まなければなりませんでした。

と言うのも、設備の設置方法などは完全にプロの仕事でしたし、設備の施工性も今ほど良く無く、プロの出番が欠かせなかったからです。

しかし、今では設備の設置方法に関しても敷居が低くなりました。
製品の施工性は非常に高くなっていますし、設置の方法も簡単に調べられる様にもなりました。

その結果、必ずしもプロが居ない状況であったとしても、リノベーションが可能となったのです。

文房具レベルで設置可能なアイテムもある


今の建材は施工性が非常に高くなりました。
中には、DIY施工を前提として商品開発を進めているところもある程です。
例えば、床面に敷くクッションフロアなどは、プロの腕が無くても貼り付けることが可能な物があります。必要な道具も、文房具のレベルで済む物もあって、DIYでの敷居も昔よりも低いです。

ホームセンターで買えるパーツも多い


今のホームセンターを見てみると、部品売り場が非常に充実していることに気が付きます。しかも、それはプロが使う物を置いているので、決して粗悪な物ではありません。
そのため、個人であってもパーツの調達に困らないケースも多いです。

DIYには知識が必要


資材の調達などの面からすると、今はDIYでのリノベーションは昔より容易になっています。

しかし、施工者の「知識」に関して言うならば、状況に追いついていない場合もあります。
つまり、技術も知識も無いままに、「出来そうだから」と判断して、DIYで工事を始めるケースも見られるのです。

しかし、リノベーションには高い技術力が必要であることは言うまでもありません。ですから、セルフリノベーションをするに当たっては、関連知識の習得が欠かせないのです。

賢いセルフリノベーションのやり方


セルフリノベーションをするにしても、「賢い方法」を取りたい物です。と言うのも、仮にその部分を考えずに闇雲に進めるならば、様々な点で損する場合が考えられるからです。
それでは、どの様な点に気を付ければ賢く出来るのでしょうか。

「出来ること」と「難しいこと」を知る


まず挙げられるのが、「出来ること」と「難しいこと」を知る点があります。
DIYもレベルが上がると難易度の高い工事も可能になります。

しかし、工事の種類にもよりますが、プロの技量が必要な分野もありますし、個人の持てるツールにも限界はあります。

例えば、スチールの部材であっても、今は電動工具も普及しているので、切断や切削なども、個人レベルでも可能です。

しかし、溶接のレベルになると難易度が大きく上がります。
「設備はレンタルすれば可能」と思うかも知れませんが、失敗するリスクも大きくなるのです。

また、溶接は感電や火災などのリスクも発生するので、個人のレベルではおすすめ出来ません。
この様に、DIYのレベルでは「出来ること」と「難しいこと」があります。
工事の前にどの工事が可能なのかを選んだ上で、工事に臨むことが大切です。

コストに気を付ける


リノベーションをするにあたって、コストを考えることは非常に大切です。
特にコストダウンを狙ってセルフで工事をする場合には注意を払うべきでしょう。

と言うのも、個人で資材を調達するよりも企業で発注する方が、大量に発注することもあり、材料が安価になるのです。

その点、個人レベルでは発注数量が少ないため、材料コスト的に不利です。
ですから、ケースによってはDIYで工事をする方が高価になってしまいます。しっかりと積算し、業者の価格と比較することが大切です。

計画をしっかり立てる


リノベーション工事には計画が非常に大切です。どの様な工事にするかだけでなく、工事のスケジュールなどについても、しっかり計画を立てましょう。

セルフリノベーションのメリット


ここで、セルフリノベーションのメリットについて取り上げてみます。

コストが安くなる


セルフリノベーションのメリットに「コストが安くなる」点があります。
例えば、クッションフロアを床に貼る場合、材料費だけでなく、施工費も発生します。この施工費が削られるのは、大きなメリットです。

ただし、前述の様に、工事のレベルや内容によっては、費用の面で逆転現象も起き得るので、積算をしっかりする必要があります。

イメージ通りの家造りをしやすい


リノベーションを業者に依頼すると、イメージ以上の家が出来上がるケースがありますが、逆にイメージ通りに出来なくてガッカリした…という例もあります。

その点、セルフリノベーションはイメージ通りの家を造りやすいです。
好きな資材を好みの通りに設置出来るのは、セルフならではの醍醐味と言えます。

メンテナンスについて分かる様になる


リノベーションについて調べていると、「メンテナンスを忘れずに」という表現を目にすると思います。しかし、どの様に手入れをして良いかが分からないケースも多いのでは無いかとも思います。

この点、セルフリノベーションで部屋を造るならば、使う資材についても細かく分かるので、手入れについても分かる様になります。

セルフリノベーションのデメリット


次に、セルフリノベーションのデメリットについて紹介します。

失敗のリスクがある


施工業者は「その道のプロ」で、踏んできた場数が違います。
そのため、施工の要領を熟知しています。
しかし、個人のレベルでは、そこまで上手く行くとは限りません。
やはり失敗するリスクが高くなるのです。
しかも、失敗してしまうと修正が難しい工事もあります。
大きなデメリットと言えるでしょう。

工事の保証が無い


業者による工事には保証が付く物があります。しかし、セルフリノベーションの場合は、全部を自前で行うので、その様な保証はありません。

ですから、不具合が発生したとしても自己責任になってしまいます。
また、自前で工事をした部分が起因となって、別な部分が被害を被ったとしても、そこにも保証はありません。

時間と体力が必要


工事には時間と労力が必要です。
当然、セルフリノベーションの場合も時間と労力が必要で、大変です。

これが仕事の合間の休日を利用して工事をしている人の場合、更に大変になります

。と言うのも、限られた休日の間にリノベーションをするので、身体を休める時間が無いからです。
また、場合によっては自宅内に建築資材を置かなければならないかも知れません。そうなると、休むスペースも減ってしまい、ゆっくりと休むことも難しくなってしまいます。
セルフリノベーションは時間だけでなく、体力も必要であることを覚えましょう。

するべきで無いセルフリノベーション


ところで、先に「出来ること」と「難しいこと」を知ることが重要であることを述べました。
しかし、セルフリノベーションをする上においては、更に押さえる点があります。

「するべきでは無いセルフリノベーション」があるのです。
そこで、ここではDIYでするべきでは無い工事について取り上げてみます。

工事に資格の必要な物


建築工事には資格が必要な物もあります。
その工事は無資格では行うことは出来ません。
ですから、セルフリノベーションにおいても、資格を持って無い分野の工事はしてはいけません。

資格の必要な工事の代表例が電気工事です。
電気工事は工事の状態がいい加減だと、感電事故のリスクが上がりますし、火災の発生もあり得ます。

電気をはじめとした工事の有資格者は、工事の技術だけでなく幅広い知識も持っています。リスクを下げるためにも、プロの業者に依頼しましょう。

溶接が必要な物


先にも少し挙げましたが、溶接が必要となる工事もするべきではありません。
と言うのも、溶接には安全性の問題と仕上がりの問題があるからです。

まず、安全性の問題は、感電リスクと火災のリスクです。
電気を使ったアーク溶接の場合、高い電圧の電気を使うので、感電事故は非常に危険です。
また、溶接の作業中には火花も飛ぶので、周囲に火が付く危険性もあります。

また、溶接は、仕上がりが外見だけでは見えないため、強度的にどれくらい大丈夫であるかの判断が付きにくいです。
例えば、溶接がしっかり出来てたと思った部分でも、実は溶け込みが甘く、外力が掛かったら壊れてしまった…という場合もあるのです。

いずれにしろ、溶接はプロに任せるのがベターです。業者を起用しましょう。

建築条件に抵触する物


土地には建築条件が設定されています。
代表的なのは建ぺい率と容積率です。
当然ですが、自宅のリノベーションを、これらの建築条件に抵触する仕様でしてはいけません。
例えば、利便性を追求して、床の面積を広くしたとします。
しかし、土地によって床面積が決まります。リノベーションでそれよりも床を広くしたら、違法物件になってしまうので、その様な改装はやめましょう。

まとめ


セルフリノベーションについて述べて来ました。セルフリノベーションのメリットやデメリットなどが分かったことと思います。

家造りに自分自身が参加することは、自分のイメージを具現化する意味においても大切です。ただし、着手するためには、勉強と調査が必要です。十分に準備をして臨みましょう。
この記事をシェアする