もう1つの賢い住宅取得方法!中古住宅のリノベーション物件の選び方を詳しく解説

mydesign(マイデザイン) リノベstudio 
住宅購入は多くの人の憧れではありますが、最初の段階から明確なビジョンを持って購入する人は少数派だと思います。
恐らく多くの人が暗中模索の中を、より良い家を求めて探して行くことでしょう。

さて、最近の住宅の流通に、ちょっとした面白い傾向が見られます。
と言うのも、新築住宅を購入するのでは無く、敢えて中古住宅を購入して、その家をリノベーションして生活をする、と言ったスタイルです。
これは、「とにかく新築が欲しい」と考える人とは、一線を画している考え方と言えます。

ところで、この取得方法はコストが抑えられることもあり、賢い方法とも言えるのですが、闇雲に購入するのも良くはありません。賢い中古住宅とリノベーションの選び方があるのです。
そこで、ここでは中古住宅とリノベーションの選び方について、紹介したいと思います。

【関連記事】
とびきりおしゃれな内装に!リフォーム・リノベーションをする方法を一挙公開!

中古×リノベーションとは 【MyDesign リノベstudio】


果たして今の中古住宅の状態はどうであるか


まず気になるのが購入する中古住宅の品質です。
仮に住宅が安く買えたとしても、基本的な性能が良くないならば、良い買物にはならないからです。
それでは、今の中古住宅の品質は、どの程度のレベルなのでしょうか。

中古住宅だって高品質


今の新築住宅は非常に高品質に造られています。
度重なる自然災害をベースにした建築に関する研究は、今の住宅に生かされ、品質をも上げているのです。
では、中古住宅の品質が劣るか、と言うと、必ずしもそういう訳では無く、高品質の物件も多数あります。

ちなみに、今の木造住宅の耐震基準は2000年の法改正の際に決められましたので、それ以降の家は同じ規準による建築です。
つまり、2000年以降の建物は、耐震基準においては、同レベルの品質と言えるのです。

住宅の基本的性能について


次に、耐震性以外の性能について考えてみます。
結論から言うならば、やはり中古物件であっても、「新築には劣らない」と言えます。
確かに現在のテクノロジーは住宅建材の性能を上げています。しかし、それが住宅性能のアップに結びついているとは限らないのです。

と言うのは、今のコストダウンばかりに走ってしまった新築よりも、中古住宅の方が高性能であることが少なくないのです。
中古であっても住宅は十分に使え、しかも高品質で、安心して住むことが出来るのです。

改装さえすれば十分に快適


それでは、キッチンや浴室などの設備に関してはどうでしょうか。
これは確かに新築の物が優れている例が多いです。
住宅設備の研究開発のスピードは速く、毎年の様に新機能が追加されている背景があります。

しかし、設備は改装さえすれば、住み心地を落とすことはありません。設備は交換可能だからで、換えさえすれば、十分に快適に生活出来るのです。

リノベーションの技術


さて、最近になって「リノベーション」と言う言葉が不動産広告などに登場する様になりました。
物件情報を見ると「リノベーション物件」などと言った表現が使われ、立派な写真が載っていたりします。
それでは、この「リノベーション」という用語は何なのでしょうか。

リノベーションは単なる改装では無い


リノベーションは建物の改装を意味する言葉ですが、実は単なる改装を指すのではありません。
「価値の向上」を含めた改装を指す言葉なのです。

例えば、合板をベースとした床材とビニールクロスを使った部屋が老朽化した場合、現状の材料を使う改装と、そうでない改装があります。
この内、同レベルや格下の資材を使う改装はリノベーションではありません。

リノベーションは現状よりも良い素材を使い、不動産の価値をアップさせる改装なのです。
ですから、合板の床とビニールクロスの例をリノベーションするならば、床材は無垢の天然木の物を使い、壁は漆喰などの素材を使います。

そうすれば現状よりも住み心地が向上します。
この「価値向上を伴う改装」が、まさにリノベーションなのです。

リノベーションはどこまで可能か


次に、リノベーションはどこまで可能かについて紹介します。
前述の通り、リノベーションは「価値向上を伴う改装」でした。住宅の改装を考える場合、設備の交換は思いつくかも知れませんが、それ以上の工事となると、不可能である様にも思えるかも知れません。

しかし、リノベーションの技術は単なる設備交換の「更に上」を行っています。
と言うのも、今のリノベーションは壁や床などを撤去し、新たに新規の壁を作ることさえします。

そのため、柱や梁の様な構造部材の補強も可能で、耐震性のアップなども出来てしまいます。
また、壁を変えるので、部屋の間取りの変更も可能です。
この様に、リノベーションの技術は、単なる改装よりもハイレベルです。
そのため、中古住宅であったとしても、「今の住宅に引けを取らない住み心地」を実現させるのです。

リノベーション例は確認が可能か


住宅購入には物件の確認が望ましいのですが、その時点で出来ていない物件を確認することは基本的には出来ません。
建売住宅やマンションのモデルルームでの確認は一応可能ですが、それでも完璧な確認とは言い難いです。
リノベーション物件も基本的には同じで、現場単位で違うので、施工後の確認は基本的には不可能です。

しかし、リノベーション業者の技術を測ることは可能です。
技術を測る手段としては、2つあります。1つ目が過去の施工例を見ること、そして2つ目がショールームなどで施工例を見ることです。

過去の施工例は業者が写真などで記録をしている場合もありますし、業者によっては過去の施工をネットに挙げている場合もあります。
また、ショールームの場合は、その場にいる担当者に、細かい部分まで聞くことが可能です。

この様に、リノベーション物件の現地確認は出来ませんが、技術力を測り、出来栄えを推測することは可能です。
業者選びにおいては、非常に参考となるデータと言えるでしょう。

物件確認の重要性


さて、物を購入する際には、現物の確認が非常に大切です。
特に高価な物を購入する際には重要になります。
例えば中古車などを購入する際には、可能な限りの確認を点検が大切です。
そして、不動産の場合は、この確認が一層大切なのですが、ここで改めて物件確認の重要性について復習したいと思います。

不動産の購入は失敗が許されない


まず覚えなければならないのは、不動産の購入は失敗が許されない点です。
と言うのも不動産は高価な買い物で、多くの人が非常に長い期間、ローンを支払い続ける程の物だからです。
また、仮に、品質の良く無い物を購入したとしても、後戻りは基本的には出来ないので、一層の注意が必要なのです。

ちなみに、不動産を売却する場合にも、良く無い物件であれば価格も落ちてしまいます。
売る際にも損をしてしまう点も覚えておく必要があります。

確認は精度を高くすべき


では、不動産の確認手段は、どの様な方法が望ましいのでしょうか。
不動産の確認方法は大きく分けて2通りと言うことが出来ます。

1つ目が、図面やパースなどをベースとした「資料を中心とした」確認方法です。
この方法は、部材の仕様の細かい点まで知ることが出来ます。物件の図面には建材の細かい仕様が載っていますし、寸法も細かく記載されているからです。

また、今では外観の状態も3Dパースなどで確認が可能です。
そして、2つ目の確認は、実際の物を見る確認です。

例えば、マンションなどの場合はモデルルームの確認がありますし、新たに部屋を造るのであれば、部材のサンプルを実際に取り寄せる手段などもあります。

また、不動産の確認は精度が高い方がベターです。購入を慎重に進めるには、複数の確認手段を使い、納得するまで確認をすべきです。

ちなみに、今ではショールームを持っている会社もあります。ショールームでの確認は、更に確認の精度が上がるので、ぜひとも足を運びましょう。

賢い中古物件とリノベーションの選ぶために


冒頭に挙げましたが、良いリノベーション物件を取得するためには、そのベースとなる良い住宅に良いリノベーション工事をさせなくてはなりません。

それでは、これらはどの様にすれば良いのでしょうか。
…この課題のカギとなるのは「業者選び」に要約されます。
と言うのも、中古物件の購入にしろ、リノベーション工事にしろ、業者が絡んで来るからです。

信頼出来る業者を選ぶためにはどうするか


第一に挙げられるのが「信頼出来る業者を選ぶ点」と言うことが出来ます。
特にリノベーション業者の選定は大切です。
仮に業者選びに間違ってしまうと、工事の質が落ちるだけでなく、場合によっては手抜き工事をされる可能性があるからです。

そして、リノベーションの業者選びは素人には難しいです。
特に建築をあまり知らない一般の人は猶更です。

しかし、不動産仲介業者の関連会社がリノベーションをするのであれば、危険性はグッと下がります。不動産業者が信頼の置ける良いリノベーション業者を知っているからです。

リノベーション業者の選定は難しいのですが、不動産業者に相談すれば優良業者を紹介してくれます。ぜひ聞いてみましょう。

ショールームを持つ業者は確認精度が上がるのでおすすめ


物を購入する場合、現物を確認することが重要であることは、先に述べた通りなのですが、これはリノベーション工事にも当てはまります。つまり現物に可能な限り近い物を確認出来る環境が望ましいのです。

その点、ショールームを持つ会社は特におすすめが出来ます。と言うのも、ショールームでは現品の確認が可能なだけでなく、更に突っ込んだ話も可能だからです。更に言うならば、具体的な物件の紹介なども依頼が出来ることでしょう。

まとめ


現状の中古住宅の品質が確かであること、リノベーションの技術のレベルが高いことなどを紹介して来ました。
これで、例え中古物件であったとしても、リノベーションさえするならば、快適な生活が十分に可能であることが分かったと思います。

また、それに伴って、物件確認の重要性や、物件取得の際の業者選びについても触れました。より良い業者の選び方の参考になったこととも思います。

住宅の取得に当たっては、ぜひ信頼のおける会社に相談し、より良い物件とより良いリノベーションを検討しましょう。

無料問合せ

【商品の概要】

・中古×リノベーション ワンストップサービス

フルリノベーション定額パック  3商品(マンション、戸建て共用)

・LDKのみリノベーション定額パック (マンション、戸建て共用)

・増築定額パック (戸建て用)

中古×リノベーションで自分たちだけのオリジナルの住まいを作りませんか?


日々の暮らしをデザインする株式会社Izumidaでは、リノベーションデザイン・施工はもちろん、中古物件の物件探しからサポート、さらに物件購入費用とリノベーション費用をまとめて住宅ローンとして組むことのできる特別ローンもご案内可能です。中古×リノベーションで、理想の暮らしを手に入れませんか?「さあ、リノベしよう」

『 なかなか理想の物件に出会えない方へ 』
中古×リノベで理想の暮らしができるお住まいを作りませんか。
当社は不動産の紹介、設計デザイン、リノベ工事、
インテリアコーディネートまで全てご提案可能です。

■工事中も内見歓迎!本日ご見学可能です♪
■当社売主物件の為、費用が抑えられます!

お気軽にお問合せ下さい。
TEL:042-649-1516

現地見学会(事前に必ずお問い合わせください)
日程/毎週土日
時間/11:00~17:00
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【現地見学会開催】
お気軽にご連絡くださいませ!

※ゆっくりご見学いただく為、1組ずつご案内させていただいております。
事前に必ずご予約をお願いいたします。
※平日でもご案内は可能です。お気軽にお問い合わせください。
※最寄駅、現地集合などご都合の良い場所をご指定ください。

※所用時間目安
お部屋のご見学 15分程度
リノベーションのご相談 30分程度
ローン等のご相談 30分程度

【見学受付窓口】
TEL:042-649-1516
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

築年数が古い物件でも売れていく本当の理由 2019年 【中古戸建て、中古マンション、1棟ビル】

マンションか戸建てかでお悩みの方はこちらを

•安くて良い物件の選び方
•物件の騒音リスク
•ペットが飼える物件
•周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
•生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)
など、細かい情報をお客様にお伝えできます。

当社のリフォーム&リノベーション事例
この記事をシェアする