実は違う需要の量!戸建てリノベーションはマンションリノベーションの1.5~2倍

リノベーション
住宅を購入する際に、新築を敢えて買わず、中古の物件を選ぶ動きがあります。
中古物件は利便性の点で、新築物件よりも確かに劣るのですが、そこはリノベーションでカバーすれば、住み心地の点で変わらない…といった考え方からの動きです。

これは確かに賢い選択です。
と言うのも、日本の中古住宅の品質は非常に良く、仮に築年数が経っているにしろ、新築に匹敵する性能を持つからです。そして、元々の耐久年数も長いため、古い家でも問題無く住めるのです。

ところで、そこで問題となるのが、マンションを選ぶか、戸建て住宅を選ぶかについてです。マンションを選ぶか、戸建てを選ぶかについては、「人それぞれ」あるいは「合うか合わないか」で決まる…と言えるのですが、需要を見てみると、マンションよりも戸建ての方が、1.5~2倍の需要があることが分かっています。

それでは、戸建て住宅の選ばれる利点には、どの様な点が挙げられるのでしょうか。
そこで、ここでは、戸建て住宅のリノベーション物件が選ばれる要素を挙げてみたいと思います。

【関連記事】
中古×リノベーションとは 【MyDesign リノベstudio】
とびきりおしゃれな内装に!リフォーム・リノベーションをする方法を一挙公開!
もう1つの賢い住宅取得方法!中古住宅のリノベーション物件の選び方を詳しく解説


マンションリノベーションの限界


さて、戸建て住宅とマンションでは様々な点が違います。と言うのも、マンションは区分所有法によって、住民の自由に出来る部分の制限があるからです。

当然ながら、リノベーションにおいても、この法律は適用されます。
その結果、マンションでの個人のリノベーションは専有部分に制限されるのですが、この点において「マンションのリノベーションの限界」が見えて来ます。

そこで、ここではマンションのリノベーションで発生する「限界」について、改めて挙げてみたいと思います。

建物外観はリノベーション可能な範囲外


住宅での生活の質を考えるならば、第一に挙げられるのが「設備」の品質とも言えるでしょう。キッチンにしろ、浴室にしろ、高性能の物が設置されているならば、それによって住み心地が良くなるからです。
そして、住宅設備は基本的にはマンションであっても自在に変更することが可能です。
この点では、戸建て住宅のリノベーションに遜色は無い…と言うことが出来ます。

しかし、確かに住み心地は室内の環境によるにでしょうが、住宅の印象を決めるのは、むしろ建物の「外観」です。と言うのも、敷地の外から見るのであれば、第一印象を決めるのが、建物の外観によるところが多いからです。

いくら室内の設備とインテリアが優れていたとしても、建物の外観が古ぼけているならば、やはり魅力は落ちてしまいます。そして、このデメリットは、物件の売却においても「足枷」にもなり得るのです。

そして、建物の外観は共有部分に当たるため、個人のレベルでは手が届きません。
ですから、物件の印象は個人のレベルでは何ともならず、売却などにおいてもデメリットを被る場合もあり得るのです。

意外に多い共有部分


また、マンションの場合、建物の外観だけが共有部分ではありません。
エントランスや廊下なども共有部分に含まれ、個人のレベルでは手が届かないのです。

そのため、新型の設備であっても、共有部分に入るのであれば、変更は基本的には不可能となってしまいます。
ですから、最近登場した新型の設備を導入するのは、マンション共有部の設備の場合は難しいです。

そのため、例えば新しいタイプのポストや宅配ボックスなどの設置は中古のマンションでは難しくなり、新しい設備の便利さな機能を使えなくなってしまいます。

外構部は変えられない


マンションの外観は共有部分に当たるので、基本的には変えられません。
そのため、マンションの外構部分も変えることが不可能となります。
そのため、例えば自転車置き場などの変更は基本的に出来ません。

最近のエクステリア製品のカタログを見ると、自転車置き場専用のアルミ製の屋根を見つけることが出来ます。
そして、この屋根は雨から自転車を守るので、便利なアイテムと言えます。

しかし、マンションの場合には外構部の変更も出来ません。
ですから、この様な自転車専用の屋根の設置も出来ないのです。

また、敷地まわりのフェンスなども共用部分となるため、変更は出来ません。
フェンスはデザインによって、圧迫感を感じたり、プライバシー保護に疑問を持ったりと、三者三葉の印象を受けますが、この部分も共用部分となるために変更は出来ないのです。

管理規約の中での変更となる


マンションのリノベーションは区分所有法の定める専有部分・共用部分での制限だけではありません。
管理規約での制限もあるのです。
例えば、マンション居室内の床材は専有部分となるので、法的観点から考えると変更可能となります。

しかし、必ずしも可能であるとは限りません。
と言うのも、管理規約上で制限が設けられている場合もあるからです。
床材は下の階への騒音の伝わりに影響する場合もあります。そのため、騒音防止の意味から床材の変更は出来ないとなるケースもあるのです。
また、マンションの管理規約は物件単位で違います。ですから、物件単位で可能なリノベーションと不可能な物があるのです。

戸建て住宅の優位性


ここで、マンションと戸建て住宅を比較した場合の、戸建て住宅の優位性について取り上げてみます。

騒音の問題が起こりにくい


マンションの様な共同住宅では、騒音のトラブルが発生しやすいです。
特に、子供が室内で走る場合など、下の階に響くこともあり、生活する上での快適性が損なわれる場合もあります。
しかし、この問題は、基本的には戸建て住宅では起こりません。
と言うのも、一戸建て住宅の場合には入居しているのが家族である場合が多いため、トラブルにまで発展することはほとんど無いからです。

MyDesignリノベstudio

プライバシーを守りやすい


戸建て住宅はプライバシーを守る上でもメリットがあります。
マンションの場合は確かに遮音性などの建物の性能は良いのですが、廊下やエントランスなどで隣人と顔を合わせることも多いため、お互いの生活まで伺えてしまうこともあるからです。
その点、戸建て住宅であれば、近隣の住民と顔を合わせる場面が少なくなるため、プライバシー保護の点で、上回るのです。

建物の性能アップがしやすい


建物としての性能はマンションも非常に高いのですが、その性能を向上させるのは大変です。
例えば、断熱性を上げたい場合、建物の壁は共用部分に当たるため、変更することは出来ません。
可能なのは専有部分となるので、壁の内部に断熱材を張るなどの手段はあるのですが、圧迫感が出てしまうなどのデメリットも、別に発生してしまいます。

その点、戸建て住宅の場合では、壁の中まで変更することが可能です。
そのため、壁の中に設置してある断熱材のグレードアップも出来るため、性能アップも可能なのです。

そして、これは断熱材の他にも性能が向上出来る要素は様々あります。例えば、断熱材の変更によって遮音性を上げることも可能ですし、遮熱塗料の使用によっても生活空間の気温も変わります。

この様に、建物の性能アップは戸建て住宅の方が優れています。マンションでは無いメリットと言えるでしょう。

戸建てリノベーションだからこそ可能なこと


次に、戸建て住宅のリノベーションだからこそ可能なことについて取り上げてみましょう。

敷地まで含めての変更


戸建て住宅の変更可能な範囲は、マンションと違って基本的には敷地の中の全体と言うことが出来ます。
ですから、仮に家族が増えて使う自転車が増えた場合でも、屋根付きの駐輪スペースを設けることが可能です。

また、防犯のために、インターホンを新型の物に変えることも可能です。
更には、庭の部分に大きなサイズのウッドデッキやパーゴラなどの設置も出来ます。

建物の外構部分の変更は意外に住み心地まで変わります。戸建て住宅ならではの「可能な点」と言えるでしょう。

建物外観の変更


マンションの場合は、建物の外観は共用部分になるため変更は出来ません。
ですから、流行の色に変えることも出来ず、人によっては「時代遅れ」の印象まで持ち得ます。

しかし、戸建て住宅の場合には、建物外観まで変えることが可能です。建物全体の外壁材の変更や塗装も自由なため、一新することも容易なのです。

高品質のバリアフリー化


マンションの場合には、共用スペースの変更が出来ないため、バリアフリー化にも制限が出て来ます。
例えば、マンションの外構部分に段差がある場合、その解消は基本的には出来ません。
ですから、共用部分での転倒事故のリスクは個人のレベルでは手が届かないのです。

しかし戸建て住宅の場合は、庭や玄関アプローチ部分まで、自由に変更が可能となるため、高品質のバリアフリー化が可能となります。
玄関ドアの変更やスロープの設置も容易なため、運動機能の低下した人に優しい住宅も造りやすいのです。

二世帯住宅化


戸建て住宅は二世帯住宅への転用も容易です。
二世帯住宅にもいくつかのタイプがありますが、キッチンや浴室などを二重に持つ場合には、戸建てであれば比較的容易です。

しかし、マンションの場合には、水まわりの設備の変更は難しいです。また、玄関を二重に持つことは出来ません。
そのため、二世帯住宅を考える場合には、戸建て住宅の方が非常に有利と言えるのです。

住宅の一部を賃貸物件に転用


一戸建て住宅の場合、家の一部を賃貸目的とすることも可能です。
例えば、2階建ての建物の場合、1階部分と2階部分を玄関から設備まで全体を自宅と分ければ、そこの部分で収益性を持たせることが可能です。
その点、マンションの場合には玄関を独立させて持つことが出来ません。

まとめ


マンションと戸建て住宅で、リノベーションについて比較してみましたが、戸建て住宅の方がリノベーションで可能な範囲が広いことが分かったと思います。
マンションにはマンションの魅力があるのですが、リノベーションを前提とするならば、やはり制限の少ない戸建て住宅の方がメリットは大きいです。
住宅購入をリノベーション物件で考える場合には、戸建て住宅が、やはりおすすめです。
この記事をシェアする