テレワークリフォーム(リノベ)場所(スペース)の確保

テレワークリフォーム・リノベ
新型コロナウイルスが大流行し人々は、自宅待機や在宅勤務を余儀なくされました。
『今』テレワークが注目を集めています。
勤務先から「在宅勤務も選択できますよ」と言われても、自宅には仕事をするスペースがないし、食卓では集中して仕事ができない、という人も多いのではないでしょうか?

大がかりなリフォームで書斎を作るのは、時間もお金もかかります。
株式会社Izumidaでは、テレワーク部屋を確保する為に知恵を絞り数々のテレワーク部屋を造ってきました。
在宅勤務のメリットや、実際のリフォーム事例を紹介します。


withコロナとテレワーク


「新しい生活様式」が提唱されるなど、影響の長期化も懸念されています。
そうした中でいま注目されている考え方が、「withコロナ」の社会。
新型コロナウイルスと“共に生きる”ことを前提に、私たちの暮らしのかたちそのものを、変えていこうというのです。
「withコロナ」の新しい社会へ、どう変わり、どう生き残っていくのかの鍵はテレワークにあります。

増築専門店 MyDesignリノベstudio

テレワークと言われても・・・


いざ在宅勤務(テレワーク)を始めようとしたとき、パソコンや資料を広げるスペースはありますか?
まぁやろうと思えばどこでもできるのでしょうけど、気持ちを仕事モードに入れるためには、仕事空間が大切だと感じでいる方も多いのではないでしょうか。

不動産の買取

ダイニングテーブルで作業をすると、食事の時間になったら急いで片付けなければいけませんし、ついテレビなどに目が行ってしまうことも。またオンライン会議などの際には自分の後ろ、お部屋の散らかりが相手の視界に入ることも気になりますよね。

まずは、落ち着いて作業ができるデスクと、しっかり座れる椅子があると便利ですね。
書斎専用の部屋を確保するのが難しくても、LDKの一角をデスクスペースにすると、子どもの遊ぶ様子を気にかけながら作業を進めることも可能ですし、子どものリビング学習の場に活用することもできます。

MyDesignリノベstudio株式会社Izumida

テレワーク部屋の候補



  • LDKの一角

  • 廊下の一角(1階、2階)

  • クローゼット、ウォークインクローゼット

  • 屋根裏収納(グルニエ)

  • 庭に増築

  • キッチン横(裏)のパントリー

  • 地下車庫の一角


上記の7か所が候補になります。
当社で施工経験があるのは、上記の内、LDKの一角、廊下の一角、クローゼット、屋根裏収納(グルニエ)、庭に増築の5か所です。
残念ながらキッチン横(裏)と地下車庫の一角はそのようなお客様がいらっしゃらなかった為経験がありません。
どなたかやりたい方はお声がけいただけると嬉しいです。

LDKリノベ専門店 MyDesignリノベstudio

LDKの一角を活用し、収納棚を造作


テレワークリフォーム(リノベ)

リビング一角のスペースを生かして、パソコンを開いたり、読書をしたりと、ちょこっとした「こもり感」があり集中しやすい場所。
飾り棚も設けてお気に入りの小物や写真をディスプレイしました。

廊下の一角(1階、2階)


廊下の一角にテレワーク
廊下の一角でテレワーク

クローゼット、ウォークインクローゼットでテレワーク


クローゼット、ウォークインクローゼットにテレワーク部屋

無料相談窓口
リフォーム・リノベーションのご相談は無料相談窓口へ。
お忙しい方でも24時間メール受付中!お見積りも受け付けております。ご都合に合わせたご相談方法で、お気軽にお問い合わせ頂けます。

【営業時間】9:30~19:00
【定休日】毎週水曜日
【電話】042-649-1516

MyDesignリノベstudio株式会社Izumida
この記事をシェアする