予算別で見る!具体的リフォーム事例のご紹介

住宅が古くなると不便になってしまい住み心地も悪くなってしまいます。また、新しい設備と比較してみても、古い設備は見劣りしてしまう物です。
そのためにリフォームは望まれるのではありますが、単にリフォームと言っても、「新しくなる」と言った認識は出来るでしょうが、どこがどう新しくなるか、更にはどれくらいの費用が発生するかは想像が難しいことだと思います。
そこで、ここでは予算を具体的に挙げ、どの様なリフォームが可能となるかを解説したいと思います。


50万円くらいのリフォーム


まずは50万円くらいのリフォームについて挙げてみます。
50万円と言うと少し予算不足かと思うかも知れませんが、条件を制限するならば意外と色々な改装が可能です。

どの様なリフォームが可能か


では、どの様なリフォームが可能なのでしょうか。以下に具体例を挙げてみましょう。

・トイレの交換
・キッチン(団地や賃貸にあるようなグレード)*システムキッチンは不可
・洗面台
・壁紙交換(普及グレード)
・玄関ドア(普及グレード)
・エクステリア工事(普及グレード)
・エコキュートの交換
・窓の交換(カバー工法など)

この様に、小規模ながらも可能な内容は意外に多いです。ですから、内容を絞り、業者選定などにも注意すれば、十分に満足の行くリフォームも可能となるでしょう。

リフォーム可能な範囲


50万円の予算の場合、基本的には小規模で交換する設備も普及グレードの物が多くなります。リフォームの費用は、設備の製品代と工事費用が合算されて出されます。ですから、設備の費用も必然的に安く抑えられます。また、施工の範囲もそれほど広くはなりません。

しかし、今の住宅設備は昔の物よりも性能が格段に良くなっています。ですから、仮に普及グレードの物に変更したとしても、昔の設備の住宅よりも、より住み心地が良くなることでしょう。
また、性能はともかくとしても、設備が新しくなるのは気分が良いことです。例え普及品であっても新品の設備は気分が良いです。その意味においてもリフォームの意義は十分にあります。

玄関横にセンサー付き手洗い器設置 コロナ対策

100万円くらいのリフォーム


次に、100万円くらいのリフォームについて挙げてみましょう。100万円くらいになると50万円で出来たリフォームよりも内容がより充実します。設備のグレードや範囲もグッと広がり、より良いリフォームが可能です。

どの様なリフォームが可能か


では、どの様なリフォームが可能となるのでしょうか。具体例を挙げてみましょう。

・トイレの交換(中級グレード)
・浴室リフォーム(中級グレード)
・システムキッチン
・壁紙交換(中級グレード)
・フローリング交換
・和室から洋室へ
・LDKに床暖房

この様に、交換可能な設備のグレードが上がります。基本的には単なる設備の交換であれば工事費はあまり変わらずに設備費用の方に予算がまわせる様になるからです。

リフォーム可能な範囲


この場合のリフォームは設置出来る設備が普及グレードから中級グレードに上がります。そのため、設備の性能やデザインもより良くなり、より使いやすい部屋にすることが可能です。
また、リフォームの範囲だけでなく施工の内容も変わります。例えば、床部分の改装も可能となって来るので、部屋全体の雰囲気もガラリと変えることも可能です。

ただし、大掛かりな施工をする場合には、やはり設備費用を抑える必要が出て来ます。ですから、例えば床材なども高級仕様の物はあまり現実的では無く、普及タイプの施工がメインになると思われます。

200万円くらいのリフォーム


200万円くらいになると工事可能な範囲が更に広がります。と言うのも、リフォームの範囲が内装部分だけでなく、外装部分まで可能になって来るからです。
工事費用は工事の規模にもよりますが、住宅の外装部分は意外に広く、費用もそれだけ発生するのです。

どの様なリフォームが可能か


では、どの様なリフォームが可能となるのでしょうか。具体例を挙げてみます。

・キッチンリフォーム(中級~高級)
・浴室リフォーム(中級~高級)
・フローリング交換
・外壁リフォーム
・屋根リフォーム

この様に、設置可能な設備が高級仕様まで及んで来ます。と言うのも、設備を単に交換するだけならば工事費用があまり変わらず、設備の費用にまわせる様になるからです。
また、リフォームも外装の部分にも及んで来ます。

リフォーム可能な範囲


200万円レベルになると、工事の内容も幅も更に広がります。具体的には設備の更なる充実と、範囲の拡張が挙げられるでしょう。
例えば、設備で言うならば、浴室のリフォームなどは高級仕様が射程に入って来ます。そして、これにより使い勝手が更に良くなります。

また、工事の可能な範囲も更に広がり、屋外の部分のリフォームも可能です。具体的には屋根や外壁などが挙がります。ただし、屋根や外壁などにおいても仕上げのグレードがありますが、あまり高いグレードの物は望めません。中級グレードくらいの外装リフォームをイメージすれば良いと思います。

300万円くらいのリフォーム


次に、300万円レベルのリフォームです。300万円くらいになると、更に高級かつ広範囲のリフォームが可能となります。ですから、生活の利便性も格段にアップします。

どの様なリフォームが可能か


では、どの様なリフォームが可能かを挙げてみましょう。

・間取り変更を含むLDK全体のリフォーム
・浴室やトイレなどの間取り変更を含むリフォーム
・ハイグレードの外装リフォーム

この様に、リフォームの範囲も広範囲に及びます。また、設備も豪華な物を選ぶことが可能です。

【施工事例】マンションのLDKをリノベーション 南大沢

リフォーム可能な範囲


特長としては、単なる設備の交換だけでは無くて、スペースの広さの変更までが含まれる点です。例えば、一般のトイレは運動能力の低下した人にとっては、あまり使い勝手の良い物ではありません。ですから、使い勝手を良くするためには、トイレのスペースを広くするなどの改装が必要となります。
当然ながら、このレベルのリフォームになると費用がより多く必要です。しかし、300万円あればこのレベルの改装にも対応が可能になって来るのです。

500万円以上のリフォーム


次に500万円以上のリフォームについて挙げてみましょう。

どの様なリフォームが可能か


500万円以上になると、設備の仕様も工事の範囲も非常に広がります。こだわった設備や内装も可能となり、きっと満足の行く家を造ることが出来るでしょう。
具体的には以下の内容が挙げられます。

・内装全体の高級化、高性能化
・スケルトンリフォーム
・断熱化

この様に、リフォームの質も範囲も非常に違って来ます。
【施工事例】LDKのリノベーション(standardプラン)

リフォーム可能な範囲


500万円のレベルになると、改装の可能な範囲は設備のレベルを超えて、家全体に及びます。また、外装工事などに関しても、より高性能の物の採用が可能です。
例えば、外装に関しては、高性能の物を採用すると、それだけ耐用年数が長くなります。また、設備を豪華にすると生活もより良くなります。
他にも、断熱化などのリフォームがあり、光熱費の削減や、健康に良い家づくりなども可能となります。

計画のポイント


さて、ここまでリフォームを予算別に挙げて来ました。ただ、これはあくまでも目安に過ぎず、実際の施工は様々な条件が発生し、価格も変動します。ですから、リフォームの計画は十分にするべきで、それと同時に予算などについてもしっかりと確認しなければなりません。
そして、計画の際には、ぜひ覚えておきたいポイントがあります。賢く計画をするために役立つ項目なので、ぜひ覚えておくことをおすすめします。

設備のグレードを絞る


先にも挙げた様に、予算によって設備のグレードが変わります。低い予算で抑えたい場合には普及グレードを選び、予算が取れる場合には中級から高級グレードを狙える様になるのです。
ですから、リフォームの計画をする場合には、設備に関しても計画をしっかりと立てるべきでしょう。どこにどの様な設備を設置するか、或いはどの設備に予算を掛けるかをしっかりと検討しておけば、予算とのバランスが取れる様になるからです。

工事の内容を把握する


リフォームの費用は工事の範囲によっても変わります。そして、工事の内容によっても変化します。ですから、予算の管理のためには、どこにどの様な工事をするかを把握することが必要です。
例えば、外壁塗装をする場合、どの様な塗料を使うかで費用がかなり変わります。そして、その管理が出来ていないと適正なリフォームとならない場合も出て来ます。そうならないためには、工事の内容の把握が必要となり、業者との打ち合わせの際には細かくチェックすることが大切なのです。

費用の明細を確認する


費用の明細の確認も大切です。と言うのも、リフォーム業者によっては見積書の内容が不明確であるケースもあるからです。
打合せの際には工事の内容と併せて見積もりを確認しなければならず、そこには明細書が必要なのです。ですから、最初の段階で、業者には見積もりを詳細の部分まで出してもらう様にしましょう。

ローンの比較も必要


リフォームにローンを利用する際には、ローンの比較も非常に大切になります。と言うのも、金利の条件などによっては、金融機関に返済するトータルの額が変わる場合もあるからです。コストの効率を考えるならば、ローンもメリットの多い物を選ぶべきです。ローンは比較して決めましょう。

補助金制度や税金についても確認する


住宅のリフォームには補助金の制度や、税金の減免制度などが設けられています。当然ながら、これらの制度の利用によって多額の費用のカットが可能です。自治体単位で行っている場合もあるので、しっかりと確認しておきましょう。
尚、税金の減免に関しては、時限的な物もあるので、どの税金がどれくらいの期間カットされるかまで知っておく方がベターです。ぜひ税金に関しても知っておきましょう。

まとめ


リフォームについて予算別に挙げてみました。リフォームの内容に併せてイメージ出来たことと思います。そして、これにより具体的な予算と内容を考えることが可能になります。
リフォームは夢の溢れる物ではありますが、現実的に予算と向き合わなければなりません。その際に予算との関係を覚えておかなければメリットのあるリフォームは難しくなるので、ぜひ詳しく覚えておきましょう。
この記事をシェアする