賃貸VS購入 2つの課題”をクリアできないなら、賃貸より購入がベター

「無理してマイホームが欲しいとは思わない。ずっと賃貸住宅で暮らせばいい」


安定した収入があり、家賃を毎月払っても生活に余裕がある人はそう思うでしょう。
もちろん他の買い物と同様、必要ないものを購入することはありません。
ただし、賃貸にずっと住み続けたるめには、次の2つの課題をクリアしなければいけません。

ひとつめは、家賃です。


賃貸住宅は、毎月の家賃を払える人でなければ住み続けることはできません。そのため定年退職をして収入が年金のみになれば、同じ金額の家賃を払い続けることが難しくなる可能性は大いにあります。

ふたつめは、連帯保証人や保証会社の審査です。


退職して収入が下がれば、家賃が安い住宅に引っ越すのが一般的です。しかし新たな賃貸契約を結ぶ際には、新たな連帯保証人や家賃保証会社の承認を求められます。
連帯保証人になれるのは3親等内の親族だけなので、自分が高齢になれば親には頼めませんし、同じように年をとった兄弟も難しいでしょう。お子さんにお願いできればベストですが「保証人になってくれと子どもに言いたくない」という年配の方は、かなりいらっしゃいます。
親族に連帯保証人を頼めないときは、保証会社に依頼をします。(今の時代、保証会社を使う率が高くなってきています。)

その際にも「安定した収入があり、家賃を払い続ける能力があるか」が審査されます。しかし年金は、基本的に物価の影響を受けて改定が行われるので、ずっと同じ金額が支給されるわけではありません。安定した収入とは言えないため「収入は年金のみ」という人が審査を通る見込みは、低いと思われます。
今後ますます深刻化していく高齢化に合わせて、現在の制度は変更される可能性がありますが、今のところ目立った動きは見られません。連帯保証人が不要なUR都市機構の賃貸住宅などは物件数が少ないため、いざというときには、当てにならないでしょう。

こうした深刻な問題とは別に、一般的なメリット・デメリットは次のようなことが考えられます。





◎賃貸のメリット
立地や間取りに飽きたら引っ越せばいい。固定資産税を支払わなくてもいい。大きなお金が必要ない。比較的たくさんの物件から選ぶことができる。
×賃貸のデメリット
単身者や新婚者向きのため、家族が増えると手狭になる。保証人や保証会社の審査が必要。老後が不安。建物や設備が安っぽい。壁が薄い。





◎購入のメリット
資産を持つことになる。自由に売却することができる。満足感がある。建て替えやリフォームが自由にできる。大家族でも対応可能。ローンを早く完済すると資金面で余裕ができる。
×購入のデメリット
大きなお金が必要。固定資産税や維持費を支払うことになる。全てが自己責任になる。





比較してみると、やはり一長一短があることが分かります。
老後も年金以外の安定した収入が見込める、連帯保証人をいつでも立てられる、実家など住む家が確保されている人は、マイホームを無理に購入する必要はありません。
しかし年金以外の安定した収入と連帯保証人のどちらか一方でも不安がある方は、マイホームを購入すべきか否かを検討するために、不動産業者を訪れてみてはいかがでしょうか。
良い営業マンなら「マイホームを買う」お客様だけではなく、「買おうかどうか迷っている」というお客様のご相談にも喜んでのってくれますし、「すぐに契約しましょう」と押し売りをすることはありません。お客様の状況をしっかりと理解した上で、適切なアドバイスをしてもらえるはずです。

賃貸か売買か?八王子不動産

ワンポイントアドバイス


・高齢になると家賃の支払いや連帯保証人を立てることが難しくなり、賃貸に住み続けることは困難
・将来、収入が『年金のみ』になる人は、不動産業者に行って相談してみよう

当社は、八王子エリア 駅近の物件を取り扱っている不動産会社です。

エキテン口コミエリアランキングNO1
あなたがもし、八王子周辺で賃貸か購入かでお悩みでしたら、ぜひ、1度、不動産ステーションへご相談ください。

八王子エリアでリノベーションを行うならこちらへ

リノベーション事例集一覧ページへ飛びます。

(不動産ステーションの仕事ぶりがわかります。)

八王子エリアで駅近物件を探すならこちらへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をシェアする
-----------------------------------------------

未来は創り上げるもの
体験を共有して次に繋げたい!この記事を読めばきっとあなたの悩みも解決します!