一戸建ての特徴は自由が利くが、管理は自己責任 マンションは自由がなく強制管理

一戸建てか、マンションか。多くの人が悩む問題です。


「マンションはワンフロアで便利だけど、やんちゃ盛りの子どもがいるから下の階の人に気を遣いそう……」
「一戸建ては自由に間取りを変えられるし、ガーデニングやバーベキューも楽しめそうだけど、シロアリ対策や庭の草むしりが面倒くさそう……」
その通り。どちらも一長一短です。自分のライススタイルを明確にして、どちらが合うか見極めることが大事です。

【マンション】


駅の近くや都市部など、比較的便利な場所に建てられています。
新築であればほぼ間違いなくバリアフリー構造になっており、一戸建てに住んでいた人が高齢になってからマンションに住み替えるケースも多く見られます。中古マンションでも大きな段差はほとんどありません。
管理組合が存在し、入居すれば必ず組合に入ることになります。すると管理費・修繕積立金などが毎月必要になります。リフォームの際には管理組合への届け出が必須で、共用部分を保護するシート代などの余分な費用が発生する場合があります。
両隣や下の階の住人への配慮も必要です。リフォーム時でなくとも、子どもが走り回る、大音響で音楽を聴くなどの大きな音は極力控えるという気遣いが求められます。さらにピアノ等の楽器を演奏できる時間帯が「○時から○時まで」と決められているなど、マンション毎の独自のルールも見られます。
また、最近はだいぶ認められるようになってきましたが、やはりマンションは『ペット不可』が多いと言えます。
しかし一戸建てと比べて、価格が落ちにくいのが特徴です。強制的に積立金を払うことで、定期的に建物の修繕が行われるためです。また管理人がしっかりしているところは、ゴミ捨て場やポスト、廊下など共有部分の清掃がきちんとされており、快適な環境が保たれています。

【一戸建て】


駅の近くよりも、少し離れた住宅街に建っています。電車の騒音や車の通りが少なく、落ち着いた安全な環境が魅力です。
隣の家とは一定の距離があるため独立性が高く、子どもが家の中で走り回っても気を遣う必要はありません。ペットを飼う、リフォームをするなど、あらゆる面においてマンションよりもはるかに自由度が高いのが特徴です。
その分、自己責任で管理しなければならない部分がたくさんあります。
道路の雪かき、落ち葉の掃除、カラスに荒らされたゴミの始末などの日常的な環境整備はもちろん、外壁のひび割れ、雨漏り、シロアリ等、建物の耐久性を保持するためのメンテナンスも必要です。
マンションであれば強制的に積立金を払うことで管理組合が計画的に進めてくれますが、一戸建ての場合は家主が自主的に積み立てて、自分で工務店などに連絡を取り、修繕してもらわなければなりません。手入れをきちんとしなければ家の資産価値はどんどん下落し、売却の際に価格が落ちてしまいます。また住居としての快適性も失われます。

何度も申し上げていますが、どちらも一長一短であるため、何を優先させるかが選択のカギになります。
ペットを飼いたい。子どもの成長に合わせて思いきったリフォームがしたい。ピアノの練習を思う存分やりたい……それならば、一戸建てがお勧めです。
家のメンテナンスまで手が回らない、誰かに快適な環境を維持してもらいたい、長く住みたいからバリアフリーの家がいい……それならば、マンションが合っていると思います。
地域密着型の営業マンであれば、各マンションのルールや管理体制などはすぐに確認できると思いますし、地域毎の事情や家の維持費等についても、ある程度の知識を持っているはずです。担当者からそれぞれのメリット・デメリットを聞いた上で、どちらが自分の生活に合っているのか、じっくりと考えてみましょう。

ワンポイントアドバイス


・一戸建ては自由が利くが、管理は自己責任
・マンションは制約が多いが、管理組合が集金して資産価値を維持してくれる

当社は、八王子エリア 駅近の物件を取り扱っている不動産会社です。

エキテン口コミエリアランキングNO1
あなたがもし、八王子周辺でお探しなら、不動産ステーションへご相談ください。

八王子エリアでリノベーションを行うならこちらへ

リノベーション事例集一覧ページへ飛びます。

(不動産ステーションの仕事ぶりがわかります。)

八王子エリアで駅近物件を探すならこちらへ