不動産の取引と仲介業者(媒介業者)の役割

仲介業者(媒介業者)の役割とは?


売主(又は買主、貸主、借主)がその不動産を売却や賃貸しようとするときに仲介業者(媒介業者)にこれを依頼します。買主(又は借主)が不動産を探すときに仲介業者(媒介業者)にその希望に沿ったものを探してほしいと依頼します。仲介業者は依頼者の希望に沿った取引の相手方や取引物件を探して、両社の間に立って物件の紹介、物件の調査、条件交渉を行い、契約の成立に向けて尽力し契約の締結、代金の決済、引き渡しまでいろいろと世話をするという形態が通常です。

仲介業者(媒介業者)の必要性とは?


不動産の売買、賃貸借の取引は、売主と買主、貸主と借主とがいろいろと取引条件を交渉しながら契約の成立、(成約)に至ります。
しかし、実際の不動産取引では、売主や貸主自身で取引の相手方を探したり、自分で物件調査をしたり、直接交渉をして契約書を作成し、決済、引き渡しをするケースはまずないでしょう。
不動産取引に仲介業者(媒介業者)が関与する理由は、不動産取引がほかの財産取引と違い、非常に複雑です。事前の物件調査がかなり重要となります。
さらに、不動産取引特有の契約手順もわかりにくく、買主が銀行からローンを組んで購入するといった場合は、仲介業者(媒介業者)が作成する、重要事項説明書が必須です。
そこで、不動産の購入や売却にあたって、不動産取引の専門家である媒介業者に依頼することが、結局、円滑に取引を進め、取引上の過誤も避けることにつながります。
それほどの、仕事と責任を背負っているのです。
この記事をシェアする