年金2000万円問題と空家の活用方法 これからの人生どうする!

『年金2000万円不足問題』2019年の6月の話です。


日比谷公園でデモまで起きてしまいました。
金融庁、何言っちゃってるの?と麻生大臣や厚生労働省、年金事務所の人はそう思ったことでしょう。
私も不思議でした。
だって、金融庁の管轄は銀行や証券会社ですから。
ではなぜ金融庁はそんなことを言ってしまったのでしょうか。

【なぜ金融庁は2000万円不足するといったのか?】


答えは単純で、低金利な時代なので銀行や証券会社を盛り上げたいから。です。
また、2000万円って金額も信憑性がありません。
無収入の老人世帯の収入と支出を計算して、平均で毎月5万円足りないと割り出して、今の時代100年生きる時代ですから、65歳~95歳まで生きたら約2000万円足りないという計算が出るからです。
しかし、この計算はとてもアバウトで例えば、今日私が飲み代で10万円使いました。
一方あなたは50万円使いました。
平均は?30万円です。
金融のプロフェッショナルである金融庁が試算したにしてはお粗末な計算でした。
そりゃ、麻生大臣もそんな報告書なんていらないと言いますよね。
人生100年時代をどう生きるか、60歳や65歳で定年退職してもあと35年は生きないといけない、収入の得る方法を変えませんか?と国が促しているのです。
それを、きちんと説明しない方も悪いのですが、そもそも、年金は積立預金ではないので、払ったお金が自分はもらえない、という考えが間違いです。
どちらかというと、掛け捨ての保険と似ていて、将来のリスクに備えて払っていく制度です。

【将来のリスクとは何?】


そのリスクとは、『長生きしちゃうリスク』です。ピンとこないと思いますが、我々は、早く死ぬと損をして、長生きすると得をするという考えだから理解できない。
国民が長生きしちゃうと国側からするとさまざまな補償問題でリスクがあるのです。
昔の設定ではまかないきれない時代がそこまで来ているんですよって話です。
だから、働き方、収入を得る方法を変えていきましょうと言っているのです。
それには、投資がおすすめですと言っているのです。

2013年にフランスの経済学者 トマ・ピケティが発表した『21世紀の資本』がおおきな話題を呼びました。
『21世紀の資本』を簡単に解説すると、労働者が頑張って働いて給料を手にし、経済を発展させるペースよりもお金持ちが株式投資や不動産投資で得る家賃収入から得る利益の方が多いということなのです。
トマ・ピケティじゃないけど、ただ働いて給料を得るだけではなくて投資による資産運用をもっと活発にさせたいのです。
投資の目的は、今の収入アップや老後の不労所得です。
でも、投資をしたいと相談に来るお客さんに、なぜと投資をして収益不動産を買いたいのか?と尋ねると、「年金はもらえないし」と必ず言ってきます。
年金もらえない話になっちゃいました。
安心してください。
年金はなくなりません。
また、払わない人はもらえないだけです。
こんな話は、人口が減少していく、逆三角形の構図は10年以上も前に予測していてマクロ経済スライドというもので専門家が答えを出しています。
今更、蒸し返しても意味がありません。

空家 年金

【日本でもう一つの問題(空家)とリンクさせて年金問題を解消?】


ではどうやって投資や運用を行っていくのかというのがポイントです。
ここで、日本のもう一つの問題点に目を向けてみましょう。
今大きな社会問題になっているひとつに空き家問題があります。
高齢化社会になり、年老いた老夫婦が自宅を離れ、子供夫婦と同居や老人ホームに入り、今まで住んでいた自宅の処分に困り放置している家が急増しているのです。
もしかするとお金を産み出すかもしれない不動産が放置されっぱなしになっているのかもしれません。
ただ貯蓄するだけではなく、現金資産を不動産に変えて、不動産にお金を産んでもらう手法が不動産投資です。
しかし、ただ空き家を購入するだけではうまく家賃収入を得ることは出来ません
例えば、東京都八王子で空き家を購入して不動産投資を行おうと考えても、利便性によって大きく収益構造は変わります。
もしかすると赤字の不動産を買ってしまうかもしれません。
そのようなことにならないためにも、八王子や不動産投資に詳しい不動産のパートナーが必要でしょうし、空き家のリフォームをいかに安く効果的に仕上げることについても、八王子に詳しく安く仕上げることができるリフォーム業者が必要になるでしょう。

まとめ


老後における不安は年々高まっているのではないでしょうか。
不安の原因はずばり年金問題です。
今回のようなあいまいな数字を出されてしまうと更に不安感は増してきます。
しかし、今回の報告書は今までの収入形態ではいけないという金融庁からのメッセージとも受け取れます。
今後は、空き家問題で動いていない不動産を活用して給与所得だけではない収入方法も考えていきましょう。
それが年金問題を乗り切るもっとも効果的な方法でもあるのです。

当社は、八王子エリア 駅近の物件を取り扱っている不動産会社です。

エキテン口コミエリアランキングNO1
あなたがもし、八王子周辺で戸建てやマンションの不動産投資をお考えで物件をお探しなら、不動産ステーションへご相談ください。

また、お持ちの不動産をリノベーションして賃貸収入を得たいなら

空家をリノベーションを行うならこちらへ

リノベーション事例集一覧ページへ飛びます。

(不動産ステーションの仕事ぶりがわかります。)

八王子エリアで駅近物件を探すならこちらへ

 
この記事をシェアする