近所トラブルで鬱になる前に不動産の売却!人知れず売る方法と不動産会社の選び方

近隣トラブルで鬱になる前に
せっかく購入した我が家。
しかし、ご近所さんとうまくいかなくてトラブルを起こしてしまったという話もちらほら聞きます。
トラブルがこじれてしまいひどくなると家族がうつ病になってしまい、自宅を買ったために生活がめちゃくちゃになってしまうこともあるそうです。
せっかく買った自宅ですが、自分の健康状態が一番ですよね。
そうなってしまったら、せっかく買った自宅ですが売却して新しい生活を考える方がいいでしょう。
でも、あまり近所には売却している事は知られたくない。
こんなときにどうすればあまり近所に分からずに売却できるのでしょうか。
また、どんな不動産会社を選べばいいのでしょうか。
検証していきましょう。

人知れず売却する方法


人知れず売却する一番の方法は、自分で買主さんを見つけてしまえば他の人には分かりません。
どういったことから売却しているのかが分かるのかといえば、募集広告からわかってしまうことが一番多いです。
不特定多数の人に売却することを知らしめるためには、不動産会社に依頼して、ネット広告や、近隣への物件パンフレットの配布、不動産会社での店頭掲示といった手法をとります。
募集しているときにばれてしまうのが大半ですので、募集前に買主が見つかればいいのです。
もしも、自分の知り合いや親類関係で買いたい人がいれば誰にもわからずに売却することができます。
自分で買主を見つけて、契約関係は不動産会社に任せるとスムーズに売却できます。

どんな不動産会社に頼めば知られずに売れる?


とはいえ、なかなか自分で買主を見つけることは難しいでしょう。
みんな自分で見つけることができないから不動産会社に依頼するわけですから、簡単には見つけることは難しいといえます。
不動産会社を選ぶときに、地域に詳しい地元の不動産会社か地元から少し離れている大手の不動産会社といった選択肢があるでしょう。
では、人知れず売却するのに有利な不動産会社はどちらが良いのでしょうか。
私は、大手の不動産会社をおすすめします。
地元の不動産会社に依頼して店頭に掲示などされてしまうと、近所の目にとまることが多くなり、売却していることを周りに教えているようなものです。
ネット広告は、募集をするのにやむを得ない面がありますが、住所を詳しく書かずに、何丁目程度の掲載にして、外観写真ではなく内装写真を入れて募集しておけば、そうそう家を特定は出来ません。
また、地元の不動産会社だと、ご近所とのつながりも深く、どこから売却の話が出てしまうかもしれません。
このような点を考えると、地元の不動産会社よりも大手の少し離れた場所にある不動産会社を利用する方が、人知れず売却しやすいでしょう。

【不動産の売却を検討中なら】



まとめ


近所とトラブルになってしまい自宅を引っ越すほどまで考えてしまうのであれば、当然ながら売却していることなんて知られたくはないでしょう。
インターネットが少ない時代では、募集のメインは店頭掲示や雑誌掲載といった募集方法が主でした。
店頭掲示は、知り合いが目につく機会がとても多く、人知れず売却するのは大きなリスクです。
今は、インターネットでの部屋探しが主流ですので、店頭掲示によるリスクは少なくなりましたが、インターネットは誰でも見ることができるので注意はしなければいけません。
ネット掲載の情報をなるべくおさえること、そして問い合わせがあったときから内容についても詳しく教えて良いといったやりかたで売却することを予め不動産会社と打ち合わせしておきましょう。
また、近所に知られたくないことを伝えておくと、不動産会社も配慮した募集を考えてくれます。
このような募集を行うことで人知れず売却することも難しくはありません。

無料問合せ
この記事をシェアする