仲介手数料無料と不動産Tポイントのからくり!徹底解明

近年、ポイントサービスの流通が盛んになっています。
買い物したり、レンタルしたりすると、一定額のポイントがついてポイントを貯めて色々なサービスを受けることができるというサービスですね。
代表的なポイントサービスのひとつにTポイントが挙げられます。
実は不動産分野においてもTポイントを受けることができるサービスを取り扱っている不動産会社が増えているのです。
では、どのような場面でTポイントを使ったサービスを行っているのでしょうか。
また、実際にTポイントサービスを受けるメリットはあるのでしょうか。
詳しく解説していきましょう。

不動産売買でどれくらいTポイントはもらえるの?


不動産の売買における諸経費の中で、大きな割合を占めているひとつが仲介手数料です。
仲介手数料の計算方法は売買金額に宅建業法で定められた割合で計算します。
400万円以上の不動産売買の場合、仲介手数料の計算方法は、
売買金額×3%+6万円+消費税で計算されます。
例えば、3,000万円の戸建てを購入しようとすると105万6,000円の仲介手数料がかかります。
ではTポイントがどれだけつくのかというと不動産会社によって異なります。
売買金額にTポイントが付く不動産会社もあれば仲介手数料にTポイントがつく会社もあるので、付与ポイントには大きな違いがあります。
しかし、条件によっては何と売買代金の5%のポイントが付くようなサービスをしているところもあります。
3,000万円の5%ですので150万円ものポイントが還元されることになります。
仲介手数料で支出した金額以上のポイントを得ることできるので、ここまで見るとものすごくいいサービスに見えるのです。
ただし、Tポイント5%には、大きなからくりがあります。

不動産取引におけるTポイントのからくり


購入した人に対して150万円のTポイントをつけましたがこのポイントにかかるお金は不動産会社が負担しています。
なおかつ不動産会社はTポイントの会社に同額のお金を手数料として支払わなければいけません。
つまり、150万円のTポイントをつけるために300万円を不動産会社が負担しないといけないわけです。
普通に考えると大赤字です。

買主と売主双方から仲介手数料をもらったとしても211万2,000円にしかならないわけですから、売買するたびに赤字の取引など行うわけがないのです。
では、どのような仕組みになっているのでしょうか。
まず、大前提としてTポイントが付く対象の不動産は2,000万円以上の物件でなければTポイント付与の対象外です。
1,000万円代の取引でTポイントを付けると割に合わないという事情があります。
なおかつ売主買主両方から仲介手数料がもらえる物件でないと取り扱いしていません。
この時点で選ぶことができる物件もかなり限定されます。
そして、Tポイントがついてすごくお得だけど使い道も限られるので仲介手数料を全額引きましょうという方向に持っていき、仲介手数料無料だけでサービスを終わらせる手法を取っているようです。
不動産会社の収益は売主からの仲介手数料をもらうことができるので買主側の仲介手数料を無料にしても、売主の仲介手数料で収益が上がるようにしています。



まとめ


多くのポイントがもらえてお得に見えるTポイントも実際には疑問点も浮かんでくることが分かります。
Tポイントを丸ごと付与するような取引は絶対に行われません。

また実質的にTポイントを使って、仲介手数料無料にしてしまうと売主側から確実に仲介手数料をもらえる物件しか紹介できなくなってしまい、紹介する物件が限られてくることと大幅な値引きは難しいというデメリットも考えられるのです。
これはメリットと言えるのでしょうか?ただの仲介手数料不動産会社とおなじではないでしょうか。わざわざTポイントを前面に出して複雑にしているにすぎません。

これを言われると困る
【Tポイントは丸ごと付与したうえで、仲介手数料を無料にしてください!】

① 非常に事務的です。手数料がもらえない訳ですからそんなに真剣にお客様のことを考えておりません。
② アフターサービスは無い為トラブルことがある

不動産会社のTポイントは仲介手数料無料会社と同じ
一見お得に見えるTポイントサービスですが、いくつかのからくりが見え隠れしているようですので、注意しながら不動産の購入を考えていきましょう。
次は、仲介手数料無料不動産についてご説明いたします。