自然素材(無垢材)を使った新築一戸建てはこう建てる

自然素材(無垢材)新築、リフォーム
自然素材(無垢材)を使った家づくりに興味はあっても、具体的にどのようなメリットがあるのか把握していない人も多いと思います。
そこでここでは、自然素材で家をつくるメリットを始め、自然素材で建築してわかったこと、注意すべき点などをまとめて紹介していきます。
事前に必要な知識を身につけ、自然素材の魅力を存分に活かした家づくりを目指しましょう。

自然素材(無垢材)で新築一戸建てを建てるメリット


現在は集成材を利用した家づくりが主流となっていますが、自然素材で建てた家には、集成材やコンクリートで建てた家にはないメリットがたくさんあります。

断熱性が高い


無垢材は断熱性が高いため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。エアコンに頼る度合いも低くなるため、電気代の節約にも役立ちます。
無垢材は床材としても優れており、夏はべたつきにくく、冬でも床にそのまま寝転がってくつろぐこともできます。
自然素材で建てた家なら、一年を通じて快適に過ごせるでしょう。

調湿性に優れている


室内の湿度が高くなると無垢材が湿気を吸収し、逆に湿度が低くなると溜め込んでいた水分を放って、快適な住環境を整えてくれます。常に湿度を適度に保てるため、カビやダニなどが発生しにくく、戸建ての耐用性がアップします。
夏はジメジメして、冬はカラカラに乾燥する日本では、無垢材を使った戸建てのほうがより快適な暮らしを実現しやすくなります。

シックハウスの心配がない


集成材の貼り合わせに使用する接着剤には、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドが含まれています。一方、無垢材には薬品が使用されていないため、シックハウスの心配がありません。
また、無垢材にはアレルギーや喘息の原因となるダニやカビの繁殖を抑える効果もあるため、小さな子供がいる家庭でも安心して暮らすことができます。

木の温もりを楽しめる


無垢材で新築一戸建てを建築すると、毎日木の風合いを楽しみながら生活することができます。木は見た目に温かみがあり、家の中にいるだけで森林浴をしているような気持ちになれます。リラックスして心地よくなるうちに、日々のストレスも和らぐでしょう。
経年による変化を楽しめるのも、無垢材の魅力の一つです。無垢材なら時間が経つほど風合いが増していき、色味も深まっていきます。

自然素材 新築戸建て

自然素材(無垢材)で新築一戸建てを建てるときの注意点


魅力が多い無垢材ですが、実際に家を建てるときはいくつか注意すべき点があります。

追加料金が発生することが多い


無垢材は集成材で新築一戸建てを立てるときに比べて、料金が割高になる傾向があります。オプションの追加料金が発生することも多く、予算オーバーする可能性が高くなるので要注意です。
なるべく少ないコストで済ませたいなら、オプションの選び方に注意しましょう。あれもこれもというように詰め込み過ぎてしまうと費用が高くなってしまうので、優先順位を考えることが大切です。

メンテナンス方法が異なる


無垢材で建てた家は「メンテナンスが大変」というイメージを持つ人もいますが、実際はメンテナンス方法が異なるだけで、「無垢材だから手入れしにくい」というわけではありません。
自然素材の場合、汚れたときに洗剤を使ってクリーニングすることはできませんが、水吹きしたり、市販のペーパーヤスリで軽く滑らすことで、見た目がきれいになります。正しいお手入れ方法を知っておけば、自然素材でも長持ちさせることは可能です。

こまめな手入れが必要


無垢材は調湿性に優れていますが、その効果を最大限発揮させるには、こまめなお手入れが必要になります。適切な手入れを続けていれば、だんだんと風合いが増していき、無垢材ならではの美しさを長持ちさせることができます。
普段からこまめな換気を心がけることも大切です。家の中の風通しが悪いとカビやダニが発生しやすくなり、建物全体の寿命を縮めてしまうので、晴れた日は窓を開けて風通しを良くしましょう。

失敗しない自然素材(無垢材)を使った家づくり


せっかく自然素材を使った家をつくるのであれば、快適な空間づくりにこだわってみましょう。
家をつくるときに「こうすればもっと良くなる」というポイントをいくつかピックアップしてみました。

無垢材選びにこだわる


一口に無垢材といっても、木の種類はさまざまです。どの樹種を選ぶかによって、部屋の雰囲気や価格なども異なってくるため、自分たちの目的や予算に合う無垢材を選ぶ必要があります。
一つの種類にこだわって家をつくる必要はないので、使う場所や目的によって木の種類も使い分けてみましょう。
例えば、キッチンや子供部屋には傷がつきにくい広葉樹を使い、経年によって味わいが増す針葉樹はリビングに使うなど、樹種の特徴に合わせて使い分ければ、より快適な空間が出来上がります。

工務店選びにこだわる


自然素材を使った家づくりで失敗しないためには、木の特徴を知り尽くした工務店の協力が欠かせません。
無垢材は家を建てた後も呼吸し続けるため、温度や湿度が変われば無垢材が伸縮し、フローリングなどに隙間ができたりします。一戸建てを建てた後に多少の狂いが出ることもあるので、素人の考えだけで判断するのは危険です。プロの目線によるアドバイスを受けながら、慎重に家づくりを進めていく必要があります。
無垢材の選び方なども素人にはわからないことが多々あるので、信頼できる工務店を選びましょう。工務店や職人と相談しながら家づくりを進めていけば、満足いく家づくりを実現できます。

実際に現場まで足を運ぶ


「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、自然素材を使った家を建てると決めたら、自分の目で見て確かめることが何より大事です。
インターネットなどを使えば、情報を簡単に集めることができますが、実際に現場まで足を運んでみないとわからないことも多々あります。自然素材が持つ風合い、雰囲気、香り、施工方法などは、どれも現場でしか得ることができない情報です。
構造見学会や完成現場見学会などに出かければ、自然素材を使った暮らしを具体的にイメージすることができます。家づくりに関して質問ができる絶好の機会でもあるので、時間を作って積極的に出かけていきましょう。

まとめ


自然素材を使って建てた家には、鉄筋や集成材にはない魅力が多数あります。
実際に無垢材を使った家を建てるときは、無垢材を熟知した職人や工務店に依頼しましょう。イベントに参加したり、職人に何度も相談したりすることによって、より快適な家づくりができるようになります。
基本的な知識を備えておけば、無垢材を使った家をつくるのは難しくありません。事前準備をしっかり行い、理想の家づくりを実現させましょう。

なぜ、当社がお客様から選ばれるのかというと、それは迅速な対応、専門知識と価格です。圧倒的な価格の安さは、丸投げしないからです。

東京都八王子市で不動産業を営んでおりますが、
当社は子会社に【建築士事務所】を持つ建築が得意な会社です。

リフォーム&リノベーション りのべーる 不動産ステーションエキテン口コミエリアランキングNO1
設計、建築事例はこちら設計、建築事例はこちら設計、建築事例はこちら

過去に自然素材に関連した記事を書いておりますのでご一読ください。

アレルギーと自然素材の関連を解説! 住宅に自然素材を使おう!新築・リフォーム時に使える!

自然素材二世帯住宅のススメ! 二世帯住宅のメリット、デメリットをプロが解説!

自然素材(無垢)でリフォーム(新築)徹底解説!保存版 施工事例付 神奈川県相模原市
この記事をシェアする