中古マンション専門!JR中央線 京王線 横浜線 八高線

駅近中古マンション

駅近中古マンションをリフォーム、リノベーションすると築20年以上の物件でも、まるで新築の輝きに


駅近中古マンションをリノベーションすることで、まるで新築のようなお部屋にすることも可能です。
不動産ステーションでは、「無料」で相談・見積もりすることが可能です。
リフォームしたい物件情報(簡単な概要)とリフォーム希望箇所、予算などの条件、メールアドレスだけでも最短3日以内にお見積り

無料問合せ

八王子市内の駅近中古マンションの情報はこちら

駅近不動産専門 不動産ステーション

中古になったら価値が下がるのが一般的です。しかし、中には新築で購入して10年経ても値段がまったく下がらないマンションも存在します。実は、資産価値が高いマンションは立地で決まると言われています。15年以上物件を見続けてきた筆者が重要だと思われる条件を3つご説明いたします。

1.人気のエリアであること


不動産の価格は、需要と供給のバランスで決定します。人口が減らないエリア、もしくは増え続けるエリアでは、需要が減りません。つまり、みんなが憧れるエリアは人口が減らないため、土地の価格が下がりにくいのです。具体的には下記のエリアは人口が減りにくい傾向があります。

イメージが良い街:八王子市みなみ野は高級住宅街のイメージを持っている
景観が美しい街:区画整理など景観を整備しているエリア

複数沿線が交わる駅:例えば、JR八王子駅は八高線、横浜線、京王線などの複数沿線が使えることは、通勤利便が高いことを意味します。

急行停車駅:利用者が多いことを示し、人口と相関性がある
ターミナル駅:始発で座って通えるなど通勤利便が高い
ただ、注意点として、住宅を売りたいターゲット層の人口が増えているかに注目する必要があります。例えば高齢者はどんどん増えているが、新たに住宅を購入したい子育て世代層は減っている場合、そのエリアでの住宅購入の需要は減っているとみなせます。

2.ターゲットにあった周辺環境であること


一人暮らしで繁華街に住みたい人はいるかもしれませんが、子供と一緒に暮らすのに繁華街のど真ん中に住みたい人は少ないと思います。

1LDKのマンションならまだしも、3LDK以上のマンションでは、子育て環境が整っているかを見る必要があります。具体的には、遊ぶための公園や学校、保育所、病院、そして日用品の買い物ができる施設が挙げられますが、逆にパチンコ店やナイトクラブ、競馬場、工場など周辺に無いほうが良い施設のことも忘れてはなりません。

3.交通利便性が良いこと


マンションは駅徒歩圏内を選んだほうが良いと言われています。理由は、賃貸マンションとして貸し出した時に借り手が付きやすい距離感のほうが資産価値が高まるためです。

具体的には、東京カンテイが示す「駅徒歩時間別マンションPBR(中古マンションの資産性)」を見ると、徒歩10分以内のマンションは資産価値が高い傾向が見られます。特に駅徒歩1分以内のマンションや駅直結のマンションは、資産価値がほとんど落ちません。

しかし、賃貸に出すわけではないのであれば、駅から徒歩15分の立地だったとしても気にすることはありません。マンションの立地を堪能しつつ、住居として周りの環境を利用することをお勧めいたします。

リノベーション事例はこちら

当サイトは、八王子周辺でお部屋探しのお手伝いをしている地域密着型の不動産会社「不動産ステーション 株式会社Izumida」が運営しています。店舗はJR中央線「八王子駅」徒歩4分。八王子市内すべての物件ご案内可能、他社・ポータルサイト掲載・複数物件もまとめてご見学できます。お陰様で八王子周辺で多くの実績があり、これまで累計3,000人のお客様に部屋探しのご提案をしてきました。
•安くて良い物件の選び方
•物件の騒音リスク
•ペットが飼える物件
•周辺環境(交通量、騒音、夜道の明るさ、治安)
•生活の利便性(スーパーや公共施設の場所)
など、細かい情報をお客様にお伝えできます。