スキップフロア(中二階)のある家はどんな家?

中二階(スキップフロア)

スキップフロア(中二階)の家を簡単に説明すると


・スキップフロア(中二階)とは、高さを利用したフロアがある家の事。
・住んでみると面白く、憧れの家になる。
・スキップフロアの家って楽しい。

そんな楽しいスキップフロア(中二階)の家ですが、実際にスキップフロア(中二階)の家を建てるとなると、いろいろ考えないといけません。

今回は、スキップフロア(中二階)にするなら知っておきたいメリットとデメリットについてお伝えしていきます。
スキップフロア(中二階)にするか迷っている人は特に参考にしてください。

スキップフロア(中二階)のある家を検討中の方で、無料でプランを書いてほしい方はこちらからお問い合わせください。

 

スキップフロア(中二階)って何?


スキップフロア(中二階)とは、フロアの高さをずらして中間階をつくった家のことを言います。
1階と2階の間にあるスキップフロア(中二階)のことを、中2階。半分地下に埋まっているフロアを半地下と呼んだりもします。
また、スキップフロア(中二階)と言っても数段しか段差が無い事もありますし、1階と2階の真ん中あたりにある中2階や、2階とあまり高さが変わらないスキップフロアなど、高さの設定は様々です。

スキップフロア(中二階)をつくる事で、タテの空間を有効活用することができますし、空間が連続するので視覚的にも体感的にも面白い空間となります。ミサワホームの【蔵】が有名ですね。

スキップフロア(中二階)のメリットとデメリット


住んでみるととても面白いスキップフロア(中二階)ですが、スキップフロアにもメリットとデメリットがあります。
それではまず、スキップフロア(中二階)のメリットを見てみましょう。

スキップフロア(中二階)のメリット


土地の小さい狭小地や収納として活躍

スキップフロア(中二階)は、家の平面的な部分だけでなく、タテに伸びる立体的な空間を利用してつくります。
そのため、狭い土地であってもスキップフロア(中二階)をフルに使う事で、家の中を無駄無く全部使い切る事も可能となります。
土地の関係で家をこれ以上大きくするのは難しいけども収納スペースが足らないという場合、スキップフロア(中二階)を検討してみると解決の糸口が見つかるかもしれません。

スキップフロア(中二階)は空間として楽しい
スキップフロア(中二階)の有る空間にいると、単純に楽しいです。
感覚的な言い方になってしまいますが、これは誰もが感じる事だと思います。
そのため遊び心のある家とか秘密基地のある家にしたい場合、スキップフロア(中二階)はとても有効な方法となります。
スキップフロア(中二階)をつくるなら、ぜひ楽しい家にしたいですね。

高低差のある土地にとても有効

高低差のある土地にスキップフロア(中二階)をつくると、とても効果的です。
ただでさえ高低差のある土地に、スキップフロア(中二階)の家をつくる。
なんだか迷路のようになりそうですが、その土地に合わせたスキップフロア(中二階)となるので土地を有効活用した家を建てる事ができます。
ただその分、家をつくるのも難しくなり時間もかかります。
この場合は工務店(メーカー)に依頼するよりも設計事務所の方が得意な案件とも言えます。

ビルトインガレージと相性がいい
ビルトインガレージとスキップフロア(中二階)はとても相性が良いです。
理由は、ビルトインガレージをつくる場合、天井高さはそんなに必要無く、ガレージの上にスキップフロア(中二階)をつくると、とてもバランスが良くなるからです。
ビルトインガレージを造る場合は、スキップフロア(中二階)も選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

スキップフロアのデメリット


スキップフロア(中二階)はコストがかかる
普通の家をつくるよりも、スキップフロア(中二階)をつくるほうがコストがかかります。
手間も材料も多く必要になるからです。

ミサワホームの【蔵】が有名ですが、価格が高く実現できない人が多いのが現状です。そこで、当社が安価でできるスキップフロア(中二階)のある家をご提供しております。

プランニングや施工事例はこちら

スキップフロア(中二階)は意外に場所を取る
スキップフロアは家の空間を有効活用できますが、スキップフロア(中二階)をつくるにはある程度の広さ(面積)が必要となります。
収納としてスキップフロア(中二階)をつくるだけだと簡単で場所も取らないですが、空間に面白さを出すためにスキップフロア(中二階)をつくる場合は収納をつくる場合とかなり違ってきます。

その場合、スキップフロア(中二階)と他のフロアの繋がりを考慮する必要が有り、意外と場所が限られたり場所が必要となってしまいます。
そのため、スキップフロア(中二階)のある空間を楽しみたい場合は、多少の無駄も楽しむ覚悟が必要になります。

自治体によってはスキップフロア(中二階)がダメな所もある
家を建てるのに建築基準法という法律があり、特殊な場所を除いて建築基準法に適合しているという証明書をもらわないと家を建てる事ができません。
そしてその審査は、各行政の判断を元に建築基準法に適合しているかどうかが審査されます。
日本全国同じ判断という訳ではなく、行政の判断次第で法律の解釈が違ってくるという訳です。

そのため、スキップフロア(中二階)も構造上1つの階に含めないといけないという判断をする自治体もあり、スキップフロア(中二階)がつくれない地域もあります。(例えば、2階に中2階があれば3階建てという判断をされます)
スキップフロア(中二階)をつくる場合は、その地域でスキップフロア(中二階)が建築できるかどうかの確認が必要になります。

まとめ
今回はスキップフロア(中二階)についてお送りしました。
スキップフロア(中二階)はとても楽しいですが、個性が強い分、住む人を選んだりもします。
そのため、スキップフロア(中二階)のメリットとデメリットを理解した上で、スキップフロア(中二階)の家をつくれば失敗を減らす事ができます。

不動産ステーションは、ミサワホームの【蔵】よりも安価で建築可能です。ぜひ、楽しいスキップフロア(中二階)のある家を建ててください。

【関連記事】

「中二階のある家は住みやすい!」 メリットが豊富な中二階構造の住宅のメリットやポイントを解説

不動産ステーションの家は、自由プランと中二階(スキップフロア)のある家が売り ご家族に合わせて建築します

駅近不動産専門 不動産ステーション