知らないと損をする!八王子市はリフォーム補助金が利用できます!

リフォーム補助金 八王子
八王子市でリフォームをする場合、自治体から、減税、補助金、助成金を受けることができる場合があります。一般的なリフォームの補助金・助成金が受けられる工事について、まとめてみました。最後の【まとめ】まで読むとかしこくリフォームを行う方法がわかります。

八王子市では市内の住宅の所有者等に対し、安全で安心して住み続けることができる居住環境を確保するための住宅の改修工事等を行う場合に、その費用の一部を補助します。
下記の6種類の改修工事等が補助対象となります。

コロナ後の「新しい生活」を見据えて!注目の東京近郊ベッドタウン4選
八王子市の家族もペットも遊べる公園8選【駐車場・開園時間なども解説】
八王子の住みやすさをレポート
八王子ってどんなところ、地価や売買相場、街の特徴はなに?
八王子市の地盤は固い!地震に強い街 不動産を買うなら八王子がおすすめ その理由を徹底解説!!
八王子で一戸建て 自分に合った「買い時」って、いつ?
不動産会社の為の八王子市役所一覧.net
八王子第一小学校の学区について
2分でわかる八王子市三崎町 【街紹介サイト】

八王子市居住環境整備補助金のご案内

当サイトは、八王子周辺でお部屋探しのお手伝いをしている地域密着型の不動産会社「不動産ステーション 株式会社Izumida」が運営しています。店舗はJR中央線「八王子駅」徒歩4分。

補助金の対象となるリフォーム


補助金には色々なものがありますが、どんなリフォームでも対象になるとは限りません。補助金の対象となる主なリフォーム工事は、様々な年齢の人が暮らしやすくなったり、環境に優しい住宅にしたり、暮らしの安全を守るようなリフォームが対象になっています。

1、バリアフリー化改修工事


高齢者が自立した生活を送りやすくするための、5万円以上のリフォームが対象となります。65歳以上の方がいる世帯が対象になります。補助額の上限は20万円で、そのうち20%が補助額となります。

2、木造住宅耐震改修工事


昭和56年5月以前に木造在来工法で建てられ、耐震強度を1.0以上にとする住宅が対象となります。対象はこのような住宅に住んでいる方、あるいは所有している方となります。補助金の上限額は112.2万円で、補助額は対象工事の2/3以内となります。

3、木造住宅簡易耐震改修工事


昭和56年5月以前に木造在来工法で建てられ、 耐震性能を高める簡易的な50万円以上のリフォームが対象となります。対象はこのような住宅に住んでいる方、あるいは所有している方となります。補助金の上限額は25万円で、補助額は対象工事費の50%以内となります。

4、耐震シェルター・防災ベッド設置


昭和56年5月以前に木造在来工法で建てられた住宅の1階に耐震シェルター又は耐震ベッドを設置するリフォームが対象になります。対象はこの世の住宅に住んでいる方、あるいは所有している方となります。65歳以上、または身障者などがいる世帯が対象になります。補助金の上限額は20万円、 補助額は対象工事の50%以内となります。

5、省エネルギー化改修工事


省エネルギーの住宅にリフォームするためのもので、工事費が10万円以上になるリフォームが対象です。昭和56年5月以前に木造在来工法で建てられた住宅については、耐震性能が高められているものが対象となります。補助金の上限額は20万円、補助額は上限額が20万円となります。

6、長寿命化改修工事


住宅の長寿命化するためのリフォームで、工事費が10万円以上のリフォームが対象です。昭和56年5月以前に木造在来工法で建てられた住宅については、耐震性が高められているものが対象になります。補助金の上限額は10万円で、補償額は対象工事の20%以内となります。
(注意1)1から6の工事について、年度内に1種類のみ補助金の申請が可能です。
ただし、2の工事を行う場合は、1、5、6の工事の補助金を複数併用して申請することができます。
(注意2)建物の建築年度がわかる書類が必要です。

いかがでしょうか。リフォーム補助金が利用できるといっても、最大で10万円~25万円です。耐震補強工事でやっと100万円です。

リフォームの世界ではトイレを一つ交換するだけで20万円弱はかかるものです。一般的にリフォームを行おうとすると、300万円、500万円って話はざらです。そのうちの10万円、25万円を補助金でもらえるのは、とてもありがたいことですが、正直もっとほしいと思いませんか?

手出し0円でリフォームする方法がある!


必ずできるとは言えませんが、国や自治体に頼らずにリフォームをする方法があります。そのやり方は次の2種類

1、スマートリノベーション

スマートリノベーションを一言で表すと、“ローン借り換えを利用した金利負担差額をリフォーム費用にあてる”システムです。

2、火災保険でリフォーム
実は火災保険には、『火災』の他にも使える項目がたくさんあることをご存じですか?令和元年は台風の年でした。この台風で被害にあわれた方がたくさんおりました。当社にご相談に来られた方のほとんどが火災保険を利用してリフォームに成功しております。

まとめ


この二つの方法の詳しくは、リンクを貼ってありますのでご興味のある方はご覧ください。どちらの方法も専門知識、実績とノウハウが必要です。一般的なリフォーム会社、工務店では対応できないでしょう。これは、金融と建築、保険の知識がある当社のみが出来るといっても過言ではありません。ご相談を頂ければ一度詳しくお話をさせていただきます。少ない補助金を得るのか、もしかしたら手出し0円でリフォームを行うか。あなたはどちらがお得だとおもいますか。

まずは、無料お問い合わせ

無料問合せ

駅近不動産専門 不動産ステーション