売却するマンションの内覧時の注意点ってどんなものがある?

マンション売却時の見学に必要なもの
マンションを売却しようと決めて、募集に出したときに、購入希望者は、ほとんどの人が内覧を希望します。
不動産の購入は、金額がとても大きいものになります。
もしかすると、一生で、一番高い買い物になるかもしれません。
そのため、購入希望者の方は、見ないで決めるということはまずありません。
きちんと、自分の目で確認するために内覧を行います。
売りに出していても、まだそのマンションに住んでいるという売主さんも多く、入居中の内覧は、珍しいことではありません。
基本的には、不動産会社が、案内しますので売主が立会する必要はありません。

しかし、買主さんにとって、売主さんの声というのは非常に重要です。
今現在、住んでいる人ほど、この家のことを知っている人はいないのですからマンション購入の参考になります。
自分の生活スタイルに合うかどうかなどを判断するには貴重な材料なのです。
購入希望者が望むなら、内覧時に立会することをおすすめします。
では、売主としてマンションの内覧の前に行うことや、立ち会う場合、どのような点に注意しておけばいいのでしょうか。
売却に出しているマンションが内覧される場合のポイントについて詳しく解説していきましょう。

マンションの内覧前に注意しておくことは?


売りに出しているマンションの内覧日が決まりました。
まだそのマンションに住んでいる場合、いくつかの点に注意しなければいけません
どのような点に注意しておけばいいのでしょうか?
内覧前に売主さんがやっておくことを解説していきましょう。

部屋はきれいにしておく


これは、当たり前のことかもしれませんが、部屋は必ずきれいにしておかなければいけません。
購入希望者は、内覧することで、自分が住むときのイメージを照らし合わせるのです。
汚く、荷物などが乱雑になっている部屋には、だれも住みたいと思わないでしょう。
部屋がもし古かったとしても、部屋をきれいにしていると、さっぱりとしたイメージを与えることができて、成約の可能性は、高まります。
前もって内覧日は決まっているのですから、かならずきれいな状態にして、お客様をお迎えしましょう。

入ってほしくない場所は前もって伝えておく


売ろうとしているマンションにまだ住んでいる場合、内覧希望があったらすべての場所をみせないといけないのでしょうか?
できる限り見せる範囲は広い方がいいのですが、無理な場所は、無理だと前もって伝えておく必要があります。
他人に触れられたくないプライベートな部分を無理して見せる必要はありません。
基本的に、内覧希望の人は部屋の全部を見てみたいと思っているでしょうから、前もって伝えておいたほうがいいでしょう。

内覧時に買主が知りたいのはどんなポイント?


内覧があるときに、購入希望者は、いくつか知っておきたいポイントや、教えておくと大変、感謝され、参考となるものがあります。
買主が知りたいポイントや、教えておくと喜ばれるアドバイスについて紹介しておきましょう。

交通の利便性やひとけの多さ


生活環境の中で特にみんなが重視するポイントのひとつが交通の便でしょう。
駅までの距離がどのくらいなのか?
バスの行先はどこがあるのか
等です。
駅までの距離などは、不動産の募集の際、1分=80mで計算されています。
しかし、
例えば近道がある、逆に回り道をしなければ駅にいけないといったことまではわかりません。
バスの行先や、本数なども不動産会社では、詳しく把握してはいません。
また、バスの運行状況や、通勤時の込み具合はどうなのかといった細かい点も、マンションを購入した後、バス通勤をする予定であれば知っておきたいポイントです。
交通の便は、普段の生活の中に大きく密着しています。
誰もが聞いておきたいポイントでしょうから、詳しく伝えておくと、非常に助かるアドバイスとなるでしょう。

修理やリノベーションの履歴


マンションを大きな金額を出して購入したのに、買った後に大きな修理費用がかかってしまうかもしれないということが、中古マンションを購入するときには心配の種ですね。
過去にどのようなところが壊れて修理したのか?
修理してどれくらい経過しているのかなども売主はアドバイスしておきたいですね。
できれば、修理費用や交換費用がどのくらいかかったのか?
使用期間がどの程度で壊れたのかということも購入希望者は知りたいポイントですね。
また、リノベーションを行っていたとすると、いつリノベーションを行ったのか?
費用はどのくらいだったのかなども購入希望者が知りたいところです。
購入後に心配するリスクをなるべく減らしてやることで、購入の意欲は一気に高まるでしょう。
修理の履歴やリノベーションの履歴も、購入希望者が知ると、マンション売却の手助けとなるでしょう。

町内会や子供会の状況


基本的に、マンションや戸建てを購入した場合、長く住むことを目的としています。
長く住むつもりの家において気になるところは
 近所のお付き合いや町内会
 子ども会
などといった、地域コミュニティとの付き合いについてですね。
購入希望者は、あまり深入りして聞くと嫌な気分にさせるかもと思って、踏み込んで聞きにくい部分です。
町内会の状況もきちんと聞いておくと後々便利です。
また、小さい子供さんがいるご家庭では、子ども会の状況も知っておいた方がいいでしょう。
特に子ども会は、出席しなければいけないことも多いので、前もって知っておきたいと思う人はとても多いのです。
また、町内会費のような費用面や、年間の集まりごと。
町内会の組長のまわり具合などの点も教えておくと非常に喜ばれます。

幼稚園や学校の評判は良い?悪い?


子供さんがいる家庭が一番気になるのは、引越し先の学校の評判ですね。
子供さんの教育を第一に考えてライフスタイルを設定する過程は、非常に多いです。
学校の状況を知っている場合は、少しでも自分が知っていることを伝えてあげましょう。
幼稚園や学校の評判は、良いのか悪いのかを知っておくと購入希望者にはとても大切な情報となります。
また、学校までの距離や、登下校時の防犯面、登下校の道は夕方暗くないのかといった点もわかるならば聞いておきましょう。

病院はどこにあるのか?評判は良いのか?


病院はどこにあって、評判はどうなのかといった点も、知っておきたいと思うポイントですね。
特に、家族の中に高齢の方がいらっしゃった場合は、病院は非常に気になるところでしょうね。
高齢の家族が通える場所に病院があるかどうか?
そして、病院の評判はどうなのかという点も気になるところでしょう。
もしもおすすめしたい病院などがあればちょっと教えるだけで大変喜ばれますよね。

マンションに関する図面は揃えておこう


中古のマンションを購入しようとしている人は、購入後、マンションのリノベーションを考えているかもしれません。
リノベーションほど大きな金額をかけなくても、例えば、コンセントの増設などかんたんな設備追加を考えているかもしれません。
その時にあって助かるものは設計図面です。
購入後に、リノベーションして住もうと思っている人は結構多く、図面がないと、非常に手間がかかるので購入を諦めてしまうような人もいるのです。
設計図面があると、その後のプランが立てやすいので、図面が揃えておいた方がいいでしょう

買い物や食事の利便性を教えよう。


特に奥様にとっては知っておきたいところが、スーパーの距離です。
奥様にとって買い物は、日課になるので、安いスーパーが近くにあるだけでそこに住みたいと思います。
加えて品ぞろえがいいとなると大きなプラスポイントになります。
また、ディンクス世帯であれば、ご夫婦とも帰りが遅いなどの場合もあります。
近くにいいレストランがあれば、帰りが遅くなって家事を行う時間がない場合も安心ですね。

総合的に住んで良かったと思う点を伝えておく


大まかで構わないので、自分が住んでいる総合的な感想などを伝えておいてもいいでしょう。
ここで注意しなければいけないのは、早く売りたい気持ちが大きすぎて、良い点は大げさに、悪い点は隠すように伝えてはいけません。
きちんと思った通りに伝えることです。
ただし、悪い点は、改善できるポイントなどが、もしあるとすれば改善点も伝えましょう。
前述しましたが、購入希望者にとって今住んでいる人の声は、大きな判断材料のひとつとなります。
すごく役に立つアドバイスとなりますので、内覧時に伝えると、非常に感謝されるでしょう。

マンション売却は不動産業者との連携がとても大切


マンション売却において大きな助けとなり、早く売れるかどうかは不動産会社との連携も大切です。
特に、内覧があったあとの感想などを不動産会社がきちんと伝えることによって、悪かった部分を改善することができます。
また、内覧におけるコミュニケーションがしっかりとれていなければ、内覧が終わるたびにイヤな思いをするかもしれません。
マンションの売却において、どの不動産会社に依頼するかという点は非常に大切です。
良い不動産会社を選択できると、マンションの売却は、半分成功したようなものといえるでしょう。
なるべくならば、内覧のたびに部屋を空けるか、案内に立ち会うことを何回もやりたくないですよね。
スムーズにマンションが売却できるようにするためにも、不動産会社とはしっかり連携が取れるようにしておきましょう

土地・マンション・戸建て・事業用不動産のご売却をご検討のお客様へ

◇まとめ

マンションの売却において、売主が、マンションの内覧における注意点や、伝えていたほうがいいポイントなどを解説しました。
内覧は、売主にとっても買主にとっても、興味を持ったマンションを購入するためのステップとして欠かせません。
内覧でいいイメージを与えるためにも、売主は、きれいな状態で内覧してもらうことを心がけましょう。
内覧のイメージが良ければ、マンション売却の大きな決め手の一つとなります。
また、前述しましたが、購入希望者にとって、現在住んでいる売主の声というのは、大きな参考になります。
もし、内覧に立ち会うようなことがあれば、お得な情報や、購入希望者が必要と思われる情報は、どんどんと発信することをおすすめします。
しかし、悪いところを隠したり、良いところを誇張して伝えたりすることはおすすめできません。
先ずはしっかりと現状を伝えること。
悪い部分があれば改善ポイントなどをアドバイスすると、購入への気持ちが大きくなるかもしれないですね。

なぜ、当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~不動産部門~
高額な不動産は、細かい心配事がたくさんあります。それを丁寧に一つ一つご説明するのはもちろん、何度も現地を確認します。その為、他社よりもその物件(不動産)に詳しくなります。誰しもが思い描く心配事を解消していく仕事が得意です。売主様も買主様も万全の態勢でサポート致します。

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでもわからない、住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

無料問合せ