庭付き住宅のメリット・デメリット/様々な庭をご紹介

庭付き戸建
家族をもつと、「庭付き住宅」に住みたいと憧れる方は多いのではないでしょうか。
戸建住宅を選ぶ際に「庭がある」ことは魅力として大きいと思います。

マンションにもベランダやバルコニーがありますが、一般的にはあまり広いスペースではなく制約もでてきます。

その点「庭付き住宅」であれば、子供を外で遊ばせたり家庭菜園をしたりとできることは広がるでしょう。
ここでは、庭付き住宅のメリットとデメリットについてご紹介させていただきます。

無料問合せ



目次

庭付き住宅のメリット
庭付き住宅のデメリット
土地の形状に合わせた様々な庭
 1.前庭を造る
 2.庭(パティオ)を造る
 3.坪庭を造る
 4.屋上に庭を造る


庭付き住宅のメリット


庭つき住宅はマンションにはない様々なメリットがあるので夢が広がります。

●日当たりや景観がいい
庭があれば敷地にスペースができるため、日当たりや風通しも良くなり快適な生活を送ることができます。
また、庭に面した窓からの眺めが良くなり、四季折々の姿を楽しむこともできるでしょう。

●家庭菜園やガーデニングが楽しめる
庭があれば家庭菜園を楽しむこともできます。
家庭菜園で野菜を育てれば、農薬をできるだけ使わない方法や無農薬栽培の野菜を作るなど、過度の農薬を心配せずに野菜を食べることができます。

お子さんも一緒であれば食育といった素敵な体験もできます。
今まで野菜を食べられなかったお子さんが、自分で育てることで好き嫌いが少なくなったという声もあります。

また、花々や樹木の季節の変化を楽しめるということも魅力の一つです。

●子供やペットと庭で遊べる
手作りの砂場で遊ばせたり、滑り台や折り畳みブランコなどの遊具を設置すれば家にいながら公園のように遊ばせることもできます。
そして夏にはビニールプールを広げて快適に楽しむこともできます。

また、庭に芝生を敷けば、子供が遊ぶ際に転んでもクッション性があるので安心です。
ペットを庭に放して遊ばせることもできるのでペットにとってもストレスがたまりにくくなります。

●ホームパーティーやBBQができる
天気がいい日はホームパーティーやBBQをすることもできます。
リビングだけでは招待しきれない人数のお子さんの誕生日会なども庭で楽しめるでしょう。

●庭をドッグランにできる
庭付き住宅を希望される方の中には、愛犬が思い切り走り回れるようなドッグランを作りたいと思われている方も多くいらっしゃいます。

散歩以外でも愛犬が好きな時に庭に出て自由に走り回ることができるようになればストレスがたまりにくくなるでしょう。

大切な家族でもある愛犬にもストレスなく過ごして欲しいですよね。

庭付き住宅のデメリット


庭があることで色々と夢が膨らみますが、手入れが大変などといったデメリットもあります。

●庭の手入れに手間がかかる
庭付き住宅のデメリットと感じた方が一番に挙げられる多くが、庭の手入れといったメンテナンスについてです。
もし庭を天然芝にすれば刈り込みや雑草駆除、水やりなどをして手をかけなければいけません。

放置しておいたら、虫が発生してしまった・・・なんてケースもありますので、人工芝や砂利を敷き詰めるなどの工夫をすることも必要になります。

●プライバシーや防犯性が落ちる
ご自宅の庭に柵や塀がないと、ご近所や道路から丸見えになってしまう場合もあります。
人の目線の高さの柵を設置したり、植物を植えるなどして対処すればプライバシーの確保ができます。

また、一般的に庭がある戸建住宅では、マンションよりも「空き巣」が侵入するケースが多いといいます。

プライバシーを重視して塀を高く設置したら、外から見えにくくなるために空き巣に入られやすくなってしまった・・・なんてケースもあります。
防犯カメラや窓ガラスに防犯フィルムを貼るといった防犯対策をしっかりしておくことが必要です。

●価格が高くなる
庭付き住宅は敷地が広くなる分購入価格が高くなる傾向があります。
経済的に余裕のない人であれば、郊外に建てることを検討したり庭の配置を工夫するなどといった対応も必要になるでしょう。

土地の形状に合わせた様々な庭


戸建てを建てるなら庭付きがいいけれど、敷地に余裕がないから・・・という方も多くいらっしゃると思います。
庭はリビングの前の広いスペースといった「主庭」のことだけではありません。
広いスペースが取れない方でも庭を造ることはできます。

1.前庭を造る


前面道路と敷地を隔てる門から玄関までのスペースがあれば、家の前面に前庭を造ることもできます。

前庭は敷地の制約を克服して家の出入り口を楽しむことができます。
花壇や植栽に趣向を凝らせば家の印象もがらっと変わるでしょう。

《前庭があることのメリット》
玄関までのアプローチをアレンジできるためにお洒落なアプローチにすることも可能です。

《前庭があることのデメリット》
道路に接しており、人から見えるために常に植栽などの手入れも欠かさずに行わないといけません。

2.庭(パティオ)を造る


コの字型やロの字型に家を配置し、その中に中庭を造ることもできます。
中庭とは、一つの建物の内部に設けられた、壁などで囲われている庭のことをいい、デザイン性にも富んでいるため近年人気が高まっています。
他にもL字型の中庭もあります。

《中庭があることのメリット》
●光や風を取り込める
都市部では住宅が密集して建てられているエリアが多いため、採光の確保が難しいケースがあります。

しかし中庭であれば、北向きで日当たりが悪い部屋でも太陽の光が入るため明るくなります。
また部屋全体に外からの空気が入るので風通しもよくなります。

●プライバシーを保てる
中庭であれば外からの目線が入らないためご近所の目を気にすることなく、くつろぐことができます。

●防犯面を気にしない
また、夏の暑い時期の就寝中にも防犯面を気にせず窓を開けられるのもメリットと言えます。

●子供が安全に遊べる
部屋に囲まれた中庭であれば、家事をしながら子供をみていられるので安心です。

《中庭があることのデメリット》
●建築費用が高くなる
一般的に外壁や家の角が多いと建築費が高くなるといわれています。
必要な建材が増えることや角が多い分、必要以上に処理する手間がかかってしまうためです。

●居住スペースが減る
中庭は居住するスペースが当然少なくなってしまうため、敷地が狭い住宅では家の中の動線に支障がでてしまう可能性があります。

●湿気がたまりやすい
中庭は雨水などがこもってしまうため、湿気が発生しやすくなってしまいます。
雨水の排水設備を設けるなどといった排水処理に気をつけましょう。

3.坪庭を造る


家の周りを塀や垣根に囲われた小規模な庭で、中庭よりもコンパクトなスペースになります。
坪庭は暗く光を取り込みにくい家に明るさをもたらす効果もあり、風通しもよくなるため通気性にも優れています。

子供や犬が遊べるような広いスペースではありませんが、四季折々の草木を育てるには充分なスペースなので、「観賞用」として四季の移り変わりを楽しむことができます。

《坪庭があることのメリット》
観賞用の草木などを植えることができるスペースがあるために、花見を楽しんだり紅葉を眺めることもできます。

《坪庭があることのデメリット》
他の庭と比べてもスペースが少ないために落ち葉などで汚れが目立ってしまいます。
定期的な清掃が必要となります。

無料で設計を依頼する(プランニング事例、新築成功事例へ)

4.屋上に庭を造る


もし構造上可能なのであれば、2階や3階の屋上に庭を造るというのも一つの方法です。
日当たりも良いので、ガーデニングをしたり、ホームパーティーやBBQをすることもできますよね。

また、いつもの夕食を屋上で食べればプチキャンプとして楽しむこともできます。

《屋上庭があることのメリット》
周囲に高い建物がない場合は、近隣からの視線を感じないために開放感を感じることができます。
日当たりも良いためにガーデニング、BBQなどにも最適です。

《屋上庭があることのデメリット》
木造住宅では設置することが難しくRC構造となるために、建築費用が高くなる傾向があります。
また、防水処理なども定期的に行うためにメンテナンス費用も高くなります。

なぜ、当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~不動産部門~
高額な不動産は、細かい心配事がたくさんあります。それを丁寧に一つ一つご説明するのはもちろん、何度も現地を確認します。その為、他社よりもその物件(不動産)に詳しくなります。誰しもが思い描く心配事を解消していく仕事が得意です。売主様も買主様も万全の態勢でサポート致します。

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでもわからない、住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

無料問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をシェアする
-----------------------------------------------