システムキッチンリフォームのコツ/予算別、人気メーカーも公開!

white_kitchin
キッチンは毎日の暮らしで大切な生活の要の場所です。
使いづらさを感じた時には、思い切ってリフォームすることも大切です。
理想のキッチンにリフォームするためにはどうすればいいのか費用や注意点など詳しくみていきましょう。
目次

システムキッチンリフォーム費用の目安
予算別でできるリフォーム内容
人気のシステムキッチンシリーズ
キッチンリフォーム時の注意点
まとめ


システムキッチンリフォーム費用の目安


システムキッチンリフォームの費用は一般的には50〜150万円が相場といわれています。
費用の幅が大きい理由は、キッチンの種類やグレード、または環境などによって価格が変わってくるからです。

住居タイプによる金額の違い


戸建住宅とマンションでキッチンのリフォーム費用は変わってきます。

・戸建住宅の場合
戸建住宅のキッチンリフォームの費用は、新しく設置するキッチンの種類やグレード、床や壁も併せてリフォームするかどうかによって変わってきます。
一般的には50〜150万円が相場と言われていますが、素材やキャビネットなどのグレードの違いによって更に価格が変わってきます。

・マンションの場合
戸建住宅と違い、マンションのキッチンリフォームには、制約が生じてしまうケースが多く存在します。
配管や床材の変更ができなかったり、対面型にするためにキッチンの位置を移動したいと考えていても、移動がNGの場合も多いです。
そういった制約があるため、費用は約50〜100万円程度を見込んでおけば十分といえます。

しかし、マンションによっては制約がない場合もありますので、あらかじめ管理者に確認しておくといいでしょう。

費用の内訳


一体何にどれだけの費用がかかっているのか、内訳が気になりますよね。
どのようなリフォームを行うかによって費用は全く変わってきますが、内訳の目安は以下のようなものになります。

・キッチン本体の商品代・・・約50〜120万円
・キッチン設置の費用・・・約8万円~12万円
・周辺工事の費用・・・約10〜15万円
・廃材処分の費用・・・約10万円~30万円

また、IHをガスコンロに変更する場合、工事費用として約5万円~7万円程度の費用がかかります。*本体は別途

 

【関連記事】
お金をかけないリフォームの方法とは
八王子のリフォーム補助金制度

キッチンの種類


・I型キッチン
壁付け型の一番ポピュラーなキッチンで、シンク、調理台、コンロまでが一直線に並んでレイアウトされています。
シンプルな造りで使い勝手も良く、リフォーム費用も安いのがメリットです。
反対に、コンパクトな場所に向いているため、幅を広くしてしまうと移動距離が長くなってしまい作業効率が悪くなってしまうというデメリットもあります。

・L型キッチン
コンロとシンクが90°のL字状で向き合っているタイプのキッチンです。
作業スペースが広く、導線が短いため作業がしやすいのがメリットです。
一方、配置によっては使いにくいためコーナーの部分は空間を上手に活用しないとデッドスペースとなってしまうのがデメリットです。

・対面型キッチン
対面式キッチンはアイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどがあり、海外のキッチンのような開放感のあるおしゃれなイメージのキッチンです。
リビングやダイニングに向かってあるキッチンで、調理中でも家族とコミュニケーションが取りやすく、小さなお子さんがいるご家庭でも安心しながら家事ができます。
一方、対面キッチンは、整理されていないと見た目が悪いので、常に片付けをしておくことが大切です。
また、クローズタイプのキッチンよりも広いスペースが必要なため、しっかりとしたスペースを確保しないと、通路が狭くなったり、収納スペースが少なくなるケースも少なくありません。

グレード別の費用


I型、L型、対面型のキッチンはさらに、シンプル、スタンダード、ハイグレードといったグレードに分けられ、それぞれ金額も違ってきます。

・I型キッチン
シンプル・・・50〜80万円
スタンダード・・・60〜90万円
ハイグレード・・・70〜120万円

・L型キッチン
シンプル・・・65〜90万円
スタンダード・・・75〜120万円
ハイグレード・・・85〜130万円

・対面型キッチン
シンプル・・・70〜100万円
スタンダード・・・80〜130万円
ハイグレード・・・90〜160万円

予算別でできるリフォーム内容


キッチンリフォームの費用は50〜150万円で実施されたケースが多いですが、「50万円以下」のリフォームや「予算別」でできるリフォーム内容もみていきましょう。

予算50万円以下でできるリフォーム内容


・各メーカーのシンプルなI型キッチンの交換
・コンロ、レンジフードなどの部分的な交換や設置
・コンパクトなミニキッチンタイプの交換

予算50〜150万円でできるリフォーム内容
・キッチン全体の交換工事
・L型、対面型キッチンも可能
・I型キッチンでも各メーカーのハイグレードモデルに交換することもできる
・オプション機能をつけることができる

予算150万円以上でできるリフォーム内容
・対面型、アイランドキッチン
・オーダーメイドキッチン
・各メーカーの最上級モデルのキッチンを導入することも可能

予算のご相談

予算が200万円を超えるとキッチンの壁を取り払ったり、場所を大きく変えてアイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどの対面型キッチンにすることも可能です。
また、キッチンを1階から2階に移動したい場合は250万円以上の予算が見込まれます。
最終的にかかるコストはリフォーム会社によって変わってくるので必ず事前に確認しましょう。

人気のシステムキッチンシリーズ



LIXIL(リクシル)



LIXIL_RICHELLE SI
画像出典:

LIXIL | キッチン | リシェルSI | 施工イメージ | PLAN7



LIXILのキッチンは洗練されたデザインの物からシンプルな物まで、どんなライフスタイルにも馴染むのが特徴です。
約50万円からというお手頃な価格や収納のタイプに合わせたプランを選べる点もわかりやすく人気のひとつと言えるでしょう。

人気のシリーズ・・・シエラ、リシェルSI

メールで問い合わせ

タカラスタンダード


takarastandard_lemure

画像出典:

システムキッチン レミュー | タカラスタンダード



タカラスタンダードのキッチンは、ホーロー素材にこだわった「高品位ホーロー」が特徴です。
表面が水や湿気を弾くガラス質のためサッと拭くだけで汚れが落ち、掃除のしやすさはダントツです。

人気のシリーズ・・・レミュー

メールで問い合わせ

Panasonic(パナソニック)


panasonic_Lclass

画像出典:

Lクラス キッチン | システムキッチン | 住まいの設備と建材 | Panasonic



家電メーカーならではの3つのIHクッキングヒーターが横並びになっているのが特徴です。
機能性だけではなくカラーバリエーションといったデザイン性も高くコーディネートを楽しめます。

人気のシリーズ・・・ラクシーナ、Lクラス

メールで問い合わせ

クリナップ


centro

画像出典:

セントロ│システムキッチン│クリナップ



ステンレスにこだわり、掃除のし易さが特徴のクリナップ。
収納やデザイン、使い易さにこだわり、ステンレスなのにお手頃価格なのが人気の理由です。

人気のシリーズ・・・セントロ、ステディア

メールで問い合わせ

TOTO(トートー)


toto_crasso

画像出典:

ザ・クラッソ|キッチン(台所) - TOTOのシステムキッチン



トイレやユニットバスの印象が強いTOTOですが、キッチンも充実しています。
使い易さだけではなく、デザイン性にも定評があり、美しさにもこだわったシステムキッチンです。
水回りのメーカーだけに節水力には定評があります。

人気のシリーズ・・・ザ・クラッソ

メールで問い合わせ

トクラス


toclas_bb

画像出典:

Bb(トクラスキッチン Bb)|トクラスキッチン|トクラス



衝撃に強いため割れにくく、傷ができても表面を磨くことで新しくすることができるという人造大理石のカウンターが特徴のトクラス。
使い易さを意識した収納や調理スペースなど機能面でも充実しています。

人気のシリーズ・・・Bb、ドルチェX

メールで問い合わせ

WOODONE(ウッドワン)


woodone_su

画像出典:

su:iji(スイージー) | システムキッチン | WOODONE



ウッドワンといえば、国内の無垢材を活かしたキッチンが特徴。
無垢材の自然な風合いで、ナチュラルで可愛いキッチンにすることができます。
また、木材は年輪の形もそのまま活かされているため、世界に一つだけのデザインにもなります。

人気のシリーズ・・・su:iji(スイージー)

メールで問い合わせ

キッチンリフォーム時の注意点


デザインや価格など気になる項目は沢山ありますが、キッチンをリフォームする際は「将来のことを考えた使いやすさ」を意識することが最も大切です。

期間の目安


工事内容によっても変わりますが、一般的に工事期間は約1週間が目安となります。しかし、工事中に補修が必要な部分が出てきた場合は大掛かりな工事になる可能性もあるため、多めに見積もって3週間程度見ておくといいでしょう。

価格を抑えるポイント


①オプション機器の導入はじっくり検討する
システムキッチンをリフォームする場合、基本費用には食器洗い乾燥機やIHヒーターなどのオプションは含まれていません。そのため、取り付けを希望する場合はオプションの費用も考慮する必要があります。
費用を抑えたい場合は、オプション機器のグレードを落とすことも必要になります。

②レイアウトの変更はしない
壁を取り払ってオープンキッチンにするなどキッチンのレイアウトを大幅に変える場合、給排水管や排気用ダクト、電気配線などの工事が必要になり、リフォームの費用が大幅に上がってしまいます。そのため、レイアウトを大きく変えずににリフォームすれば、工事費用を抑えることができます。

③見積もりを複数の業者で比較する
キッチンリフォームにかかる費用は、業者ごとに工事にかかる費用を設定しているため全く異なります。
そのため、いきなり1社だけに依頼するのではなく、複数の業者に見積もり依頼して見積もり金額を比較することも大切です。

リフォーム&リノベーション りのべーる 不動産ステーション

まとめ


キッチンをリフォームする際は、「リフォーム後に何を実現したいのか」が大切です。それを踏まえて価格やデザインなど、何がいちばん優先なのか優先順位をつけましょう。
実際にショールームなどに足を運び、キッチンのイメージをつけるのもいいですね。
また、リフォーム工事は悪徳業者などのトラブルも増えているため、きちんと知識を身につけ、信用できる業者を見つけることも大切です。

なぜ、当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでもわからない、住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

無料問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をシェアする
-----------------------------------------------

未来は創り上げるもの
体験を共有して次に繋げたい!この記事を読めばきっとあなたの悩みも解決します!