日本一わかりやすい!斜線制限の考え方と計算方法

北側斜線
「きたがわしゃせん」という言葉は建築業界で働き出したら必ずぶつかる壁のひとつと言えるでしょう。どんなに一生懸命考えた間取りでも会社の先輩や設計事務所から「北側斜線が当たるから無理」と一蹴されてせつない思いをしている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では「日本一わかりやすい!」という事で北側斜線を解説していきたいと思います。

筆者自身現在は不動産会社兼設計事務所を経営していますが、住宅業界に就職した頃は建築については全くの素人でした。このような経験もあり北側斜線で苦労している人の気持ちがよく分かります。北側斜線は理屈を理解すれば難しいことはありません。数学は使いません。「さんすう」だけで充分計算できますので計算方法は小学校に戻った気持ちで考えてください。

住宅設計に必要な法律


北側斜線を語る上ではまず住宅設計に係る法律を理解しておきましょう。といっても難しい建築基準法の本を用意する必要はありません。住宅設計で必ず必要となる法律は基本的に4つです。まずはこの4つを役所などで確認することから始めてください。

① 用途地域・・・各市町村の都市計画課で確認
② 建ぺい率・・・各市町村の都市計画課で確認
③ 容積率・・・・各市町村の都市計画課で確認
④ 接道部分・・・各市町村の道路課で道路番号幅員を確認の上建築指導課で確認

まずはこの4つさえ押さえれば大体の建築設計ができます。
この中の①用途地域の部分が北側斜線と密接に関係してきますので次項より分かり易く解説していきます。

用途地域とは


用途地域とは勝手に色々な建物が建てられて生活環境が乱れないための法律です。工場用の地域や商業、住宅系と分かれてきます。用途地域の分け方は各市町村で昭和40年代に決められました。

よく「線引き前」や「線引き後」などの用語が出てくるかと思いますがこれは用途地域を決めた時期のことを指します。この用途地域の中に北側斜線の規制が入ってきます。用途地域によって北側斜線の高さ関係も変わってきますので用途地域の概要だけでも理解しておきましょう。

北側斜線の考え方


用途地域規制の中にある北側斜線という法律は簡単に言うと「日影の制限」の事です。北側の住宅や建物ができるだけ日影にならないようにするために考えられた法律になります。

しかしあまりにも制限を設けてしまうと3階建・4階建てなどは建築できなくなってしまいますのである程度用途地域によって妥協する建物の高さが決められているのです。「よく北側斜線の制限がきびしい」という話を聞きますがこれは北側の人にも配慮した住宅系の地域になりますので住宅を持つ人にとっては最高の環境であると言えます。

考え方・・・「北側斜線が厳しい=日当たりの良い地域」

北側斜線

北側斜線の計算ポイント


北側斜線の計算のポイントとしては3つです。ひとつは「北側斜線の高さ」でもうひとつは「建物の高さ」になります。そして最後に「北側斜線を超える高さの建物は建築できない」この3つのポイントを押さえておきましょう。このポイントを理解していれば北側斜線を考慮した間取りや配置計画がキチントできます。慣れてくれば敷地の図面を見ただけで配置計画やある程度の間取りが頭にすぐに浮かぶようになります。

ポイント1  北側斜線の高さ


それでは北側斜線のポイント解説をしていきます。まずは「北側斜線の高さ」ですがこれ
は一般的に下記の式で求めることができます。

(北側斜線の規制高さ)+(北側斜線の係数)×(真北境界から建物(屋根先)までの距離)

仮に例題として一般的な建築状況で考えてみましょう。

<例題>
・用途地域=第一種低層地域
・上記用途地域により北側斜線の規制高さ=5m
・上記用途地域により北側斜線の係数=1.25
・真北境界から建物までの距離=2.0m(軒の出寸法0.5m)境界から屋根先まで1.5m
上記のようなケースの場合を計算式に当てはめてみると・・・
5m+1.25×(2m-0.5m)=6.875m

重要:建物までの距離とは軒の出がある場合は軒の出や雨どいまでの距離となりますので注意してください。建物の配置図で2mと出ていた場合は屋根や雨どい分を差し引いた数値(上記で言うと1.5m)が建物までの距離となります。

建物までの距離=敷地境界から軒の出や雨どい先までの距離
この意味をはき違えてしまうと北側斜線の計算と現場が合わなくなります!

上記のような式となり北側斜線の高さは6.875mとなります。この6.875mを超えないように間取りを考えるようになります。しかし間取りなどが既に決定している場合もありますのでどうしても間取りの変更が無理な場合は「真北境界から建物までの距離」を長く配置して北側斜線の高さを上げるようになります。

北側斜線の高さ

ポイント2  建物の高さ


ポイント1の「さんすう」は大丈夫でしょうか?
次に大体の建築初心者が悩んでしまう建物の高さです。建物の高さも簡単に式で表すことができます。屋根の形状によって変わってきますが下記の式となります。

<最上階に軒の出がある寄棟・切妻タイプ>
建物軒高 + 屋根までの仕上がり ―{(軒の出寸法 + 雨どい寸法) × 屋根勾配}

<最上階に軒の出が無い陸屋根タイプ>
建物軒高 + 屋根までの仕上がり

*軒高については各建築業者などにより住宅の場合決まっているケースがほとんどですので現場監督やプレカット業者に聞いてみましょう。
*屋根勾配は4寸勾配の場合は0.4とし、5寸勾配の場合は0.5として計算します。

陸屋根の場合は建物の最高高さを出すだけですのですぐに出ると思いますが寄棟や切妻タイプの場合はある程度高さを出す計算が必要になります。図に示すと下図のようになり建物の軒高と屋根上までの仕上がりを足した物から軒の出と雨どいを足して屋根勾配をかけた分をマイナスして建物の高さを出すようにします。

<例題>
・建物軒高=6.3m
・屋根までの仕上がり=0.2m
・軒の出=0.5m
・屋根勾配=4寸勾配
上記の条件で公式に当てはめてみると・・・
6.3+0.2 - 0.5×0.4=6.3m

計算すると6.3mとなります。この数値がポイント1の斜線の高さより小さければ斜線はクリアしていることになります。

建物の高さ

ポイント3  北側斜線を超える建物は建てられない


基本的に建物を建築する場合で北側斜線が法規制である場合は北側斜線より下に建物を建築する必要があります。これにより絶対的なのがポイント1の数値よりポイント2の数値が小さくないと建築できないという事ですのでここを押えて住宅の間取りや設計を考えていきましょう。例題で考えると 6.875m>6.3mとなり約57センチ北側斜線がクリアされたことになります。

POINT3・・・北側斜線高さ>建物高さ←これは絶対条件

北側斜線を超える建物は建てられない

△北側斜線の測定(補足)
上記3つの北側斜線のポイントは理解できたでしょうか。難しい計算式は一切使用しませんので斜線の理屈さえ理解してしまえば簡単に計算できるでしょう。ここでは補足として北側斜線の測定ポイントについて解説していきます。

北側斜線における斜線の高さの測定ポイントとしてはGL(地盤面)からとなります。また北側斜線の制限がかかる部分としては建築する敷地の真北部分の境界全域になりますので注意してください。
(補足)・・・北側斜線=GLからの高さ及び真北にある敷地の境界線

△北側斜線は真北で計算(補足)
初めて建築業界に入った方は北方向が2種類あることに戸惑いを感じることがあるでしょう。建築業界では北は2種類あり磁北と真北に分かれます。磁北は方位磁石などで北を出した場合の方角になり真北は北極点の位置になり地域によって多少ずれてきますので各地域における真北を把握しておきましょう。

北側斜線は真北の方向と距離で計算していきますので注意してください。磁北で計算してしまうと建物からの北側距離に誤差が生じてきます。北側斜線の計算式は簡単ですが基準となる方位や測定ポイントを間違えるとせっかくの設計プランを一からやり直すことも必要になってきますので注意が必要です。
補足・・・北側斜線=真北で計算

北側斜線がかかる敷地

△北側の離れの求め方(応用)
北側斜線を検討する上で建物の配置は非常に重要です。しかし、計算式になれていないと北側の距離をどれくらいとれば良いか分からなくなるという事もあるでしょう。ここでは応用編として北側斜線における北側距離の最低値を求めていきます。ここでは中学校1年生レベルの数学が必要になってきますので再度計算を頑張ってください。

求めたい北側距離=X

これまでの北側斜線の計算ポイント1からポイント3を当てはめて考えていきます。
ポイント3により建物高さ以上の北側斜線の高さが必要になりますので建物高さプラス誤差範囲として最低0.15を加算し例題の数値を用いて計算式を作っていきます。

ポイント2の建物高さ例題数値6.228m+誤差範囲0.15m=6.378m

この6.378mの高さの数値になるようにポイント1の斜線の高さの計算式を当てはめていきます。
5+1.25×X=6.378m
このような式となりますので後はこの式を因数分解してXを求めるようにします。
1.25X=1.378m
X=1.1024m
最終的に求めたい距離Xは1.1024mとなり真北方向に向けて建物の配置は1.1m以上とれば北側斜線がクリアできるという形になります。

北側斜線の種類


地域差などの要素がありますが北側斜線の種類も多くあります。しかし多くあると言っても規制高さや地域係数だけの数値の違いになりますので理屈さえ覚えてしまえば注意点も簡単に覚えると言えます。覚えるコツとしては住居系の地域は斜線制限が厳しく商業系の地域は斜線制限が緩いという感覚で充分です。

住宅系として


北側斜線は基本的に住居系の用途地域に適用される規制になりますので用途地域の名称に住居専用地域の文字があれば必ず北側斜線の制限がありますので注意してください。
参考の一覧を下記に記します。

・第一種低層住居専用地域・・・北側斜線 規制高さ5m  地域係数1.25
・第二種低層住居専用地域・・・北側斜線 規制高さ5m  地域係数1.25
・第一種中高層住居専用地域・・・北側斜線 規制高さ10m  地域係数1.25
・第二種中高層住居専用地域・・・北側斜線 規制高さ10m  地域係数1.25
・田園住居地域・・・北側斜線 規制高さ 5m  地域係数1.25

上記の内容が規制内容になりますが各行政により高度地区制限という形で独自に北側斜線の係数などが決められている地域もありますので都心部は注意が必要です。安易に用途地域の地図だけで北側斜線を判断しないで行政庁に北側斜線の有無を確認するようにしましょう。5分の電話で済みますので職務怠慢とならないように徹底しましょう。

リフォーム&リノベーション りのべーる 不動産ステーション

東京都の北側斜線


各行政で高度地区規制にて北側斜線の規制が設けられていると前述しましたが一番北側斜線の制限が厳しいのが東京都になります。東京都の場合商業地域と住居系が隣接していることもあり住居系の用途地域ではないと安心していても北側斜線の制限を受けるケースが数多くあります。東京都における北側斜線の制限を下記に記しますので参考にしてみてください。

*第一種高度地区制限・・・北側斜線規制高さ5m  北側斜線係数0.6

*第二種高度地区制限・・・北側斜線規制高さ5m  北側斜線係数1.25
建物高さ15mより    北側斜線係数0.6

*第三種高度地区制限・・・北側斜線規制高さ10m  北側斜線係数1.25
建物高さ15mより    北側斜線係数0.6

1種高度・2種高度がからみあっている地域もありますので注意して行政確認をしましょう。

第一種高度、第二種高度、第三種高度

北側斜線の緩和


北側斜線が厳しいと建物の配置や間取りに苦労します。しかし、斜線の高さが緩和される状況もありますので緩和が適用される条件などは充分に把握しておきましょう。この緩和措置を知っているだけで住宅の建築計画が非常にスムーズなります。

北側道路(距離緩和)


北側斜線は通常真北方面の敷地の境界線より検討します。しかし北側に道路がある場合は道路の幅分緩和して北側斜線の高さを検討することができます。この事により最低でも道路幅分の4m分は緩和できる措置になるので非常に配置が楽になるでしょう。

【関連記事】*斜線が大きくかかわります。

無駄なく使う、北道路の間取り!実はいい間取りが入るのは北道路!!

北側道路の北側斜線


(例)境界から建物(屋根先)まで1m 北側道路4m 第一種低層住居専用地域
ポイント1の計算式・・・5m+1.25×(1m+4m)=11.25m(斜線高さ)

北側斜線の距離緩和

北側河川・水路(距離緩和)


北側が道路だけでなく河川などの水路扱いの場合も緩和措置があります。案外見落とすケースが多いので注意してください。水路かどうかの確認は公図にて行いましょう。また公図上地番が入っている場合は法務局で要約書にて所有者を確認の上水路判断になるか建築指導課と協議してください。水路の場合は道路と違い水路幅の1/2が緩和される距離になります。

北側河川の距離緩和

北側水路の北側斜線


(例)境界から建物(屋根先)まで1m 北側水路幅1.5m 第一種低層住居専用地域
ポイント1の計算式・・・5m+1.25×(1m+1.5m÷2)=7.1875m(斜線高さ)

北側高低差緩和


北側の敷地が建築地より1m以上高い場合も緩和措置がありますので活用するようにしましょう。北側高低差の場合は道路や水路の距離緩和と違い高さの緩和となります。緩和の内容としては高低差から1mを引いた残りの1/2だけ高さの緩和として北側斜線の高さ数値にプラスすることができます。

北側高低差緩和

北側が高台の北側斜線


(例)境界から建物(屋根先)まで1m 北側地盤の高さ1.8m 第一種低層住居専用地域
ポイント1の計算式・・・{5m+((1.8m-1m)÷2)}×1.25=6.75m(斜線高さ)

◆まとめ(北側斜線の考え方と覚え方について)
北側斜線の計算式を初めて見ると簡単な計算式ですが色々と数字が書いてあり理解しにくいという感覚になったと思います。しかし、数字を怖がらずに数字の意味を覚えてしまえば難しいことはありません。建築基準法の斜線の計算はどれもほとんど同じです。北側斜線が計算できれば道路斜線、隣地斜線などは全く問題なく理解できるでしょう。

どうしても難しいという場合は1/100にして簡単に図面を書いてみましょう。図面に数値を落とし込むことで北側斜線を立体的に把握できるようになり案外すんなりと北側斜線の理屈が理解できるようになります。数字に強い人、弱い人、色々な人が住宅業界にいると思いますが建築基準法の計算や銀行ローンの計算は数字の意味をよく知ることが一人前の住宅屋になる近道と言えるでしょう。

なぜ、当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~不動産部門~
高額な不動産は、細かい心配事がたくさんあります。それを丁寧に一つ一つご説明するのはもちろん、何度も現地を確認します。その為、他社よりもその物件(不動産)に詳しくなります。誰しもが思い描く心配事を解消していく仕事が得意です。売主様も買主様も万全の態勢でサポート致します。

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでも解決できない住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。ドローンで屋根を見たり、サーモグラフィーを駆使して判断しております。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。

施工事例はこちら

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

木造2階建て確認申請・・・30万円(税別)~

木造3階建て確認申請・・65万円(税別)~*構造計算含む*

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

 

無料問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をシェアする
-----------------------------------------------

未来は創り上げるもの
体験を共有して次に繋げたい!この記事を読めばきっとあなたの悩みも解決します!