築古物件のリフォームってどこに注意すればいい?

築古物件
築年数が古くなってしまった物件は、設備や間取りなど、現在のニーズに合っていない場合があり、しばしば使いにくさを感じます。
その時に考える対策としては、建替えかリフォームといったところになるでしょう。
例えば、築古物件が建っている土地が、再建築不可の物件の場合は、建替えができませんので、リフォームという選択しかありません。
また、建て替えとなると、一時的に引越ししなければならず、リフォームだと住み続けながら行うことが可能です。

他にも建替えではなくリフォームすることに関してのメリットがあります。
築古物件のリフォームにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
またリフォームにおける注意点や、最初にリフォームを行った方がいい場所など、築古物件のリフォームについて解説していきましょう。

築古物件を建替えではなくリフォームするメリットは


築古物件の生活に、少し使いにくさを感じたら、現在のライフスタイルに合わせたリフォームをしたいと考える人も多いのではないでしょうか?
しかし、建替えとリフォームのどちらを選択したらいいかも少し悩みどころではありますね。

建替えとリフォームのどちらを選択するかというのは、場所や、形によって大きく状況が変わるので一概にはいえません。
お互いにメリットや注意点があるので、その築古物件がある、場所や形も含めた判断が必要です。
では、築古物件をリフォームした場合のメリットとはどのような点があるのでしょうか?
リフォームのメリットについて詳しく解説していきましょう。

新築物件の建築よりもリフォームの方が安い


建替えて新築物件にするよりもリフォームの方が、費用は安く済みます。
今の生活で、築古物件では使いにくさを感じた場合は、一気に建替えた方が悩みは解消するのでしょうが、建替えとなると、引越しから解体、そして新築の建替えと、余計な費用が、かかりすぎることも、リフォームの方が安上がりな理由の一つといえるでしょう。

一般的な目安ですが、全体的なリフォーム工事と新築建て替え工事を比較した場合、新築建て替えの方が1.2~1.5倍程度の費用がかかるといわれています。
あわせて、建替えることによる固定資産税が増える可能性があることも懸念材料といえるでしょう。
建替えにより、新築の固定資産税評価額があがり、年間に支払うい固定資産税が上がることがあります。
全体的に建替えと比較するとリフォームの方が安いといえるでしょう。

間取りの変更も自由


築古物件のリフォームは間取りなども自由に、自分好みに変更することが可能です。
しかも、築古物件ということは長く住んでいる可能性が高いので、住み始めた当初のライフスタイルが大きく変わっている可能性があります。
例えば、子どもが独立などでいなくなった場合、現在の間取りでは部屋数が多いかもしれません。

そのようなときには、リフォームによる間取り変更が自由にできます。
また、あえて、安い築古物件を購入して、リフォームによって自分好みの間取りにした方が新築物件を購入するより費用を抑えることできるかもしれません。
最近は、リフォーム用のデザイン性のある家具やインテリアなども増えており、より自分好みの部屋に仕上げやすくなっています。
築古物件のリフォームには自由度が高いので、間取り変更も非常にやりやすいといえるでしょう。

自分の希望する金額調整がやりやすい


築古物件のリフォームは、予算にあわせたリフォームがやりやすいといった点もメリットとして考えられるでしょう。
金額的に合わなければ、あきらめる部分と絶対リフォームしたい部分とに分けて、今回のリフォームであきらめた部分は、次回に行うといった分割してのリフォームも可能です。

リフォームは取り組もうと思えば、どんどん費用をかけることもできますが、最低限のリフォームだけ行いたいと思う人もいるでしょう。
リフォームであれば、一気にお金をかけることもできるし、また、少しずつできるところから徐々にリフォームして、一回のリフォーム費用を抑えることもどちらも可能です。
金額に合わせてリフォームの内容を調整できる点は、大きなメリットといえるでしょう。

築古物件のリフォームをする注意点はどこ?


築古物件をリフォームした場合のメリットについて3点程のべました。
これだけ見ると大きなメリットばかりで、リフォームについての全体を見ているとは言えません。
リフォームにおいては注意点もいくつか考えられます。
メリットと注意点をしっかり分析して、リフォームするかどうかを判断することがとても大切なポイントです。
ではどのような点について注意しておけばいいのでしょうか。
考えられる注意点は4点です。
 物件自体の耐久性の確認
 断熱性についての対策の是非
 リフォームに関する予算設定
 配管や配線のチェック

これらの項目について掘り下げて解説していきましょう。

物件自体の耐久性に問題はないのか?


物件がリフォームして長く住めるだけの耐久性を備えているのかといった点を注意しておかなければいけません。
とくに耐久性の中で、気になる点が、耐震部分についてです。
耐震の基準は、耐震基準が変わるほど、厳しくなっているのが現状といえます。
日本においては、1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災など、大きな地震被害をうけてきました。

現実問題として、阪神淡路大震災で倒壊した建物は、年数が古い物件が圧倒的に多かったといわれており、年々耐震性の強い建物が建っています。
つまり、築古物件ほど耐震性においては、今の建物よりも劣っている部分があり、更に経年により構造に関する部分が弱くなっているのです。
つまり、耐久性や耐震性を考えた上で、リフォームするかどうかの判断が大切になります。

断熱性にも注意してリフォームする


つぎに注意する点が耐熱性や気密性といった部分です。
築年数が経過している建物の中でも特に木造の戸建てなどが該当しますが、木造戸建ては、年数の経過とともに気密性が低くなり、すきま風がはいりやすくなっています。
断熱性も劣化しているので、気密性能を向上させる必要があるのです。
ついつい間取りの変更や設備の追加に比重を置きすぎて、気密性や断熱性といった視点は見逃しがちになってしまいます。

せっかくリフォームしても、断熱性や気密性の部分を怠っていると、とくに冬場において、暖房費などが高いままです。
断熱材を厚く敷き詰めることで、断熱性は大幅に高まります。
費用はかかるのですが、光熱費の削減が期待できるのです。
断熱性や気密性もしっかりと見ておきましょう。

あらかじめ投下する金額を決めておく


あらかじめ予算を決めておきましょう。
というのもリフォームは、気になればどこまでも費用をかけることができます。
特に、一旦、手をかけ始めると他の部分も気になりだして、ついつい予算をかけすぎてしまうということも少なくありません。
実際に、一気にリフォーム工事を行った方が、分割で行うよりも、総リフォーム費用は、安く抑えることができるでしょう。

しかし、もし予算以上のリフォームを行うとなれば、リフォームローンなどを組んだうえで行わなければいけません。
リフォーム費用はコストがかからなくても、ローンには利息といったコストがかかるので、結局のところ、総リフォーム費用が安くなってもあまり意味がないのです。
まずは、あらかじめ予算を決めた中で、リフォームを行うことを心がけましょう。

配管や配線といった部分のチェックも合わせて行う


リフォームを行うときにさらに忘れがちになるところが水道管や下水管といった配管の劣化についてです。
戸建て住宅やマンションでも1F部分などについて、給水管の漏水は、水道料が上がるので、見つけやすいといえます。
しかし、下水管や排水管が劣化していて、穴が開いていたり、配管が欠けていたりすると、地中に排水が垂れ流しになっている場合が考えられるのです。
そうなると、建物の基礎部分や土台部分に悪影響を与えてしまうので、配管関係のチェックを必ず行う必要があります。

また、配線関係のリフォームにも注意しておきましょう。
昔よりも家電製品の数が多くなっています。
1台当たりの消費電力は、エコにより低くなっているのですが、多くの家電製品を使うようになっていますので、配線やコンセントが少ない場合があります。
築古物件の場合は、タコ足配線になっているケースも非常の多いので、たこ足になっているときには配線関係も注意しておきましょう。

【関連記事】
木造戸建て住宅の間取り変更リフォームはここまでできる!マンションはダクトの位置に気を付ける!
【光触媒の効果とは?】リフォーム会社がメリットとデメリットを徹底解説!
自宅のリフォームにかかる予算を箇所別にご紹介!
庭づくりを楽しもう!植栽を中心としたエクステリア(外構工事)
中古の不動産を買いたいならリフォームを視野に入れるべき!
システムキッチンリフォームのコツ/予算別、人気メーカーも公開!
部屋中ミッキーマウスにリフォーム&リノベーションしよう!ディズニーハウス
2階建て住宅を和モダンな平屋にする減築リフォーム
もうこれで後悔しない!リフォームローンの組み方
介護リフォームに必要な個所と予算を徹底解明!
失敗しない戸建てリフォーム 予算別に詳しく説明!
自然素材とアレルギーとの関連を解説! 住宅に自然素材を使おう!新築・リフォーム時に使える!
女性目線の家にリフォーム 必要な個所と予算は?
リノベーションを検討中 選ぶなら【注文スタイルリノベーション】か【リノベーション済】か?

築古物件のリフォームで、行った方がいいところは?


築古物件において、どの部分からおこなっていった方がいいのでしょうか?
例えば、広々としたリビングに間取りを変えるとか、トイレを豪華にするなど、色々なリフォーム箇所があります。
ここからは、リフォームにおいてよく行われている場所について詳しく解説していきましょう。

キッチン


多くの人がリフォームというとまずキッチンに目を向けます。
築古物件のキッチンは、現在のキッチンに比べると、全体的に低い点が特徴です。
昔の日本人にあわせた、キッチンでしたが、年数が経過し、食生活が豊かになった為、昔よりも全体的に背が高くなっています。
そのため、昔のキッチンだと作業がやりにくく、腰を痛める原因にもなってしまうのです。

また、最近はIHキッチンなども広く普及していますので、リフォーム時にIHの電気式にリフォームする人が多くなっています。

お風呂


お風呂もリフォームの対象になることがお多いですね。
というのも年数が経過すると、換気を怠ったときにカビがついていることがあります。
また、浴槽も年数の経過とともに、水垢などがこびりついていて見た目が悪くなっています。
お風呂のリフォームを一番に取り組む家庭も少なくありません。

まとめ
リフォームにより築古物件がきれいに生まれ変わり、今まで不便に感じていた部分を解消させると、非常に快適な生活を送ることができるようになります。
築古物件の場合は、どうしても今のニーズに合わなくなっているので、リフォームの必要性を感じるのです。
しかし、あらかじめ予算や、箇所を決めておかなければ、お金もどんどんかかることになりますが、費用を抑え過ぎると、悩みを改善できないかもしれません。
どの程度までリフォームするかをしっかりと分析して判断する必要がありますが、築年数が古くてもリフォームによって生まれ変わらせることが可能です。

 

なぜ、当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~不動産部門~
高額な不動産は、細かい心配事がたくさんあります。それを丁寧に一つ一つご説明するのはもちろん、何度も現地を確認します。その為、他社よりもその物件(不動産)に詳しくなります。誰しもが思い描く心配事を解消していく仕事が得意です。売主様も買主様も万全の態勢でサポート致します。

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでもわからない、住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。

施工事例はこちら

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

木造2階建て確認申請・・・30万円(税別)~

木造3階建て確認申請・・65万円(税別)~*構造計算含む*

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

 

無料問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をシェアする
-----------------------------------------------

未来は創り上げるもの
体験を共有して次に繋げたい!この記事を読めばきっとあなたの悩みも解決します!