どの方角を向いているマンションがおすすめ? ライフスタイルと併せて比較してみる

マンションの方角
マンションをコストだけで選ぶと後悔する事態もあり得ます。と言うのもマンションは生活の場所そのもので、住み心地が一番重要だからです。

ところで、マンションはどの方角に向いているかによって、住み心地が違うのはご存知でしょうか。実は意外に向きによって住み心地が違います。

この記事では、特にマンションの向きについて、それぞれの方角のメリットとデメリット、そしてライフスタイルに合わせたおすすめの方角について解説します。

北向きのマンション


まずは北向きのマンションについて考えてみましょう。
北向きのマンションと聞くと「寒さ」を連想する人も多いかと思います。条件にもよりますが、確かに寒々しい物件も多いです。しかし北向きと言ってもメリットが隠れている場合もあります。

北向きのメリット


北向きの部屋は基本的にあまり好まれません。賃貸マンションの広告などを見るならば、「南向き」をセールスポイントにしている物件は多いのですが、「北向き」を宣伝文句としている物件はありません。

それでは北向きの物件は良い点が全く無いのかと言うと、必ずしもそうとは言えません。コスト的に安くなる場合があるのです。

北向きの物件は基本的には人気が無く、コストが安い設定となっている物件も多いです。
マンション選びをコストを重視して選ぶ人の場合、北向きのマンションがおすすめです。

北向きのデメリット


北向き物件のデメリットはやはり日差しの悪さです。そのため、温かくなりにくく、洗濯物の乾きもよくありません。
そして、寒い夜などの冷え込みを考えても他の部屋よりも条件が悪いです。また、暖房なども必要となるので、光熱費も上がる可能性があります。

南向きのマンション


次に南向きのマンションについて考えてみましょう。
南向きのマンションは人気が高いです。そのため不動産広告を見てみると「南向き」を前面に出している物も見かけます。
しかし、やはりデメリットもあります。

南向きのメリット


南向きのマンションのメリットは、やはり日差しの良い点です。
日差しが良いと部屋も暖かくなるため、過ごしやすくなります。そのため、暖房機の前から動けなくなってしまうことも少なくなり、生活が活動的にもなります。
また、洗濯物の乾きが早いこともメリットです。特に寒い季節は乾きは悪くなるのですが、南側の部屋であれば、その様な寒さの中にあっても比較的乾きやすいです。

南向きのデメリット


次に南側のデメリットです。
まず挙げられるのが、日差しが入り過ぎる点です。日が当たるのは非常に喜ばしいことなのですが、日差しも強すぎると非常に環境が悪くなってしまいます。
特に最近の夏場は強烈です。南側の部屋は日差しをダイレクトに受けるので、室温が非常に高くなってしまいます。
また、日差しが強いと室内の内装にも少なからず悪影響を及ぼします。例えば壁紙などの日焼けです。特に内装に白い壁紙を使った部屋は、日焼けが目立ってしまいます。

そして、光熱費への影響です。特に夏場はエアコンの利用が他の部屋よりも多くなるので、コスト的に不利になります。
他にも、家賃などの問題もあります。南向きの部屋は一般的に高額な設定となっているからです。

東向きのマンション


次に東向きのマンションについて考えてみましょう。東向きのマンションの特徴は少し思いつきにくいかも知れませんが、太陽の動きと日常生活を照らし合わせてみると、意外に見つかります。

東向きのメリット


東向きマンションの特徴は朝日が室内に入って来る点です。そのため、平日の朝は快適になります。
特に朝の日光は身体にも良いと言われます。毎日を元気良くスタートさせるのに向いた部屋と言うことが出来るでしょう。

東向きのデメリット


東向きの部屋は朝日が差し込んで来る利点なのですが、その点がデメリットとなる場合があります。
例えば、休みの日にゆっくりと寝ていたい朝に、東向きの部屋では朝日に起こされます。
休みの朝くらいはのんびりと寝ていたいという人には、東向きの部屋は、あまりおすすめ出来なさそうです。

西向きのマンション


次に西向きのマンションについて考えてみたいと思います。
西向きと聞くと「西日が差す」ことを連想するため、あまり良いイメージを持たれないかも知れません。果たしてどうなのでしょうか。

西向きのメリット


西向きの部屋は西日が差します。「西日が差す」と聞くと確かに良いイメージでは無いことでしょう。しかし、西日にもメリットはあるのです。

例えば西日が差しているということは、夕方に日光が差し、部屋の温度が上がることを意味します。そのため、夕方から夜にかけての室温が上がります。つまり、夕方から夜にかけて、部屋が温かくなるのです。

寒い日の場合、帰宅後に暖房のスイッチを入れたとしても、部屋が温まるまでは時間がどうしても掛かってしまいます。しかし、西日が入るのであれば既に温まっているので、暖房条件は良いです。

西向きのデメリット


西向きのマンションは西日が差し込みます。そのため、夕方はまぶしいです。
しかも、夕方から夜にかけては気温が上がりますが、夜半から朝にかけては気温が下がってしまうので、朝は寒くなります。
そのため、冬の朝などは寒くて布団から出にくくなってしまうかも知れません。

ライフスタイルとおすすめの方角


ここでライフスタイルとおすすめの方角について考えてみたいと思います。
マンションは方角によって特徴が違って来ますが、生活する人のライフスタイルによって、合う場合と合わない場合があります。

そこで、ここでは4つのライフスタイルを想定して、それぞれに合うマンションを考えてみたいと思います。

単身で外にいる方が多い場合


まずは単身の人、しかも仕事などで外にいる方が多い人について考えてみましょう。

例えば独身の会社員や単身赴任の人は、仕事で家を空けることが多いです。そのため、家にはコストを掛けたく無い人も多いと思います。
また、起床の時に暖かくしたい人、就寝の時に暖かくしたい人がいるとも思います。

その条件を考えてみると、コストを優先させる場合は北向き、暖かく起床したい人は東向き、就寝の時に暖かくしたい人の場合は西向きがおすすめとなります。

夫婦2人で生活する場合


夫婦2人で生活する場合、女性が寒さにあまり強く無いことを考えると、北向きは避けるべきと思われます。
女性を気遣うならば、やはり暖かい部屋としたい物です。南向きがおすすめです。

子供がいる夫婦が入居する場合


子供がいる世帯の場合、家族が子供中心に動きますので、子供の生活を最初に考えた向きとすることがおすすめです。

例えば、子どもの生活は早寝早起きが生活の基本になります。そのため、早起きするための環境が望ましいです。また、子供の活動の基本は昼の時間です。
そうすると、朝日が入りやすい部屋、あるいは一日を通して温かい部屋がおすすめになります。東向きや南向きの部屋が良いでしょう。

子供が独立して夫婦で第2の人生をスタートさせる場合


子供が独立した後は、肉体的にもピークを過ぎていることから、のんびりと過ごしやすい部屋としたいものです。ですから、一日を通して温かい部屋がおすすめです。南向きの部屋がおすすめです。

窓辺に工夫をしてみると


マンションの向きの問題は「明るさ」と「温かさ」の問題と関係が深いと言うことが出来ます。
それでは、例えば窓辺に工夫をすることによって、明るさや温かさの問題を緩和することが出来ないのでしょうか。

ここでは、明るさと温かさを調整するための、窓辺の工夫について取り上げたいと思います。

カーテンの工夫


カーテンには遮光性のある物や断熱性を持たせている物があります。それらのカーテンを使ってみるのも十分にアリです。

例えば東向きで朝日を浴びる部屋で、休みをゆっくりと過ごしたい場合などは遮光カーテンが利用できます。
また、北向きの部屋で夜の冷えを防ぎたい場合など、断熱性を持たせたカーテンがおすすめです。

窓に貼るフィルムもある


今のプラスチック製のフィルムには非常に様々な機能を持たせている物があります。そして、それらは建築の分野に様々な形で応用されています。

遮熱フィルムもその中の1つです。

遮熱フィルムは主に窓用に使われます。窓は熱の出入りの最も大きい部分の1つだからです。そして、このフィルムを窓に貼ることによって、窓の断熱性を上げることが可能となります。

リフォームするならば二重窓もアリ
マンションを購入する場合を考えてみましょう。


窓部分は共有部分にあたるので、勝手な変更は出来ませんが、窓の内側であれば専有部分になるので改装は可能です。

そこで、例えば二重窓へのリフォームを考えてみます。窓を二重にするメリットは、断熱性や遮音性がアップする点です。また、今の窓ガラスには光の熱の部分を通しにくい物もあるので、冷暖房効率を変えることの出来る物もあります。

この様に、窓へのリフォームによって、部屋の向きの弱点をカバーすることも可能です。

リフォーム&リノベーション りのべーる 不動産ステーション

まとめ
マンションの向きとメリット・デメリットについて考えてみました。一見すると長所しか無い様に思える向きでも短所があること、その逆に短所だらけと思われた部屋にも、コストメリットの可能性もあることが見えたと思います。

そして、部屋の環境を変えるための窓の工夫もあることも分かったと思います。

これらのことを考えると、部屋の向きを第一条件とするよりも、ライフスタイルの条件などを第一に考え、窓辺の工夫も併せて部屋選びをすることがおすすめです。
特に八王子の街の温かさを考えると、南向きを第一条件としなくとも、選択肢は広がるとも思われます。

窓の工夫をリフォームなどまで含めて考えるならば、リフォームも請け負う業者に相談することが望ましいです。快適なマンションライフのためには、やはりプロへの相談が一番です。

なぜ、当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~不動産部門~
高額な不動産は、細かい心配事がたくさんあります。それを丁寧に一つ一つご説明するのはもちろん、何度も現地を確認します。その為、他社よりもその物件(不動産)に詳しくなります。誰しもが思い描く心配事を解消していく仕事が得意です。売主様も買主様も万全の態勢でサポート致します。居住用不動産も投資用不動産もお任せください!

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでもわからない、住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。

施工事例はこちら

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

木造2階建て確認申請・・・30万円(税別)~

木造3階建て確認申請・・65万円(税別)~*構造計算含む*

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

 

無料問合せ