アウトドアリビングについて。説明と特徴、メリットやポイントについて紹介

アウトドアリビング
言うまでも無いことですが、住宅のインテリアは住生活に直接結びつくことなので、家造りにおいて非常に重要です。室内の広さ、あるいはベランダなどから屋外を見た際の展望などはプランニングにおいて欠かせないと言うことが出来るでしょう。当然ながら、リビングを造る際にも同じことが言えます。

そんな中で、「アウトドアリビング」という家のスタイルがクローズアップされる様になりました。リビングの形態の1つなのですが、アウトドアリビングは多くの家で採用されていて、施工例も多くなって来ています。

それではアウトドアリビングとは、一体どの様な様式なのでしょうか。
ここでは、アウトドアリビングについて、どの様な物か、そしてメリットやポイントについて解説したいと思います。

アウトドアリビングとは何か


住宅用語にはイメージしにくい物もあるかとも思います。特に「インテリア」でも「庭」でも無いスペースについては、どの様な物かが想像しにくいことでしょう。
そこで、ここではアウトドアリビングについて紹介したいと思います。

アウトドアリビングはリビングの延長


アウトドアリビングは簡単に言うと、リビングを屋外に延長させるスタイルと言えます。
設置されるのは多くの場合、ウッドデッキやオーニングなどです。これらを家のリビングの側面に設置し、窓を大きく取ってリビングを屋外まで広げて開放的な空間を演出します。

通常、リビングは住宅の居室内に留まり、屋外までは延びません。しかし、ウッドデッキなどでアウトドアリビングを作るならば、リビングの空間が屋外まで広がり、非常に開放的となるのです。
尚、アウトドアリビングは屋外とはあまり仕切りません。日除けなども簡易な物を使い、開放的な雰囲気を壊さない様にします。

アウトドアリビングのある暮らし

開放的な空間


アウトドアリビングは非常に開放的です。屋外を見渡すことが出来るので非常に広々とした情景を楽しむことが出来ます。
特に庭づくりに余裕のある地域では非常に良いアウトドアリビングスペースを作ることが出来ます。

例えば、東京であれば郊外の方がアウトドアリビングを楽しむのに適しています。八王子近辺の住宅地で、庭の確保が容易に出来る地域ならば、アウトドアリビングを十分に楽しめることでしょう。
また、アウトドアリビングは自然を楽しむことの出来るスペースと言うことも可能です。四季の移り変わり、広い空、その様な自然の織りなす情景を楽しむ上で、アウトドアリビングは非常に適していると言えるのです。

子供の遊び場としても使える


アウトドアリビングは「屋外を楽しむことの出来る空間」としても活用が出来ます。特に子供の遊び場としては最適です。
小さい子供は目を離すことは出来ないほどに、いろいろな物に興味を示します。そのため、見守り続けることが非常に大切です。
この点で、一般の公園などでは目が届きやすいにしても、やはり限界はあります。その点、アウトドアリビングであれば、家の中からも目が届きやすくなり、非常に安全になります。

アウトドアリビングの特徴とメリット


次にアウトドアリビングの特徴とメリットについて紹介したいと思います。住宅設備の中には外観や機能から分かる特徴もあるのですが、実際に使ってみないと分かりにくい「使い心地」もあります。
アウトドアリビングにはどの様な特徴とメリットがあるのでしょうか。

解放感


住宅は外から見るのと室内から外を見るのでは、全然違うと言っても過言でありません。と言うのはアウトドアリビングは、家の外から見るよりも、ものすごく開放的なスペースとなるからです。

例えばリビングがLDKで対面式キッチンである場合を考えてみましょう。LDKの特徴はリビングとキッチンを融合させることにより、生活空間を広くし、しかも家族でのコミュニケーションをより良い物とする点にあります。

それではアウトドアリビングの場合はどうでしょうか。例えばリビングを対面式キッチンのLDKとするならば、キッチンから屋外までのスペースが非常に良く見渡せます。
しかも、アウトドアのスペースで子供を遊ばせるならば、キッチンからも子供の動きを見ることが出来るので、非常に安全になるのです。

この様に、アウトドアリビングは非常に開放的となり、それから得られるメリットも大きいです。まさに「家族みんなのスペース」とも言えるでしょう。

自然と一体


アウトドアリビングは室内から屋外に接しているので、一般の住宅よりも自然に親しむ上で向いています。

例えば、紅葉の季節を考えてみましょう。一般の住宅では窓を開けて外を見渡すことしか出来ません。そのために紅葉を楽しむ時間は少なくなることが考えられます。
しかし、アウトドアリビングの場合、外に続くリビングから紅葉を思い切り楽しむことが可能です。
もしかすると落ち葉が足元に落ちて来るかも知れません。しかし、その落ち葉こそがアウトドアリビングだからこそ楽しめる住生活を言うことが出来るのです。

ガーデニングなども面白い


アウトドアリビングとすれば、ガーデニングもより一層楽しくなります。
一般の住宅であれば、ガーデニングは「屋外の楽しみ」と言えると思います。確かに室内から屋外を見渡すならば、庭を楽しむことは可能です。しかし、通常は窓辺で遮られてしまい、一体感に欠けてしまいます。
しかし、アウトドアリビングであればリビングの室内部分とガーデニングをあしらえた屋外部分が一体となるため、ガーデニング部分のグリーンがリビングの室内までも飛び込んで来る様に見えます。

ガーデニングのグリーンはヒーリング効果も高いです。心地良い家ともなるのです。

ガーデニング

リノベーションの可能性


住宅の入手は新築を買うことだけが「良い家」を手にする手段ではありません。仮に古い住宅であっても、リノベーションをすれば新築同様に快適に生活をすることが出来ます。

中古住宅購入のメリットは、何と言っても取得コストを抑えられることです。そして、多くの場合がリノベーションを含めたとしても、コストメリットは新築よりも大きいので、アウトドアリビングを取り入れたリノベーションをするのも、非常に賢い選択と言うことも出来ます。

リフォーム&リノベーション りのべーる 不動産ステーション

アウトドアリビングを楽しむ上でのポイント


アウトドアリビングを楽しむ上では注意点などの重要ポイントは無いのでしょうか。
例えば住宅街には隣地境界などの都合から、気をつけるべきポイントがあります。

ここでは、アウトドアリビングを楽しむ上でのポイントを紹介したいと思います。

プライバシーに気をつける


アウトドアリビングの良い点は屋外の展望が出来て自然を感じることが可能な点でしたが、これは角度を変えて見ると、「屋外から見られやすい」ことを意味します。つまり、プライバシーを守る上で注意が必要なのです。

更に、外からリビングが見えることは、防犯上の問題も見えて来ます。

そのため、アウトドアリビングとするならば、外構部分の工夫が必要となります。ブロック塀やフェンスなどを活用し、プライバシーに配慮した生活空間を作ることが非常に大切となります。

音にも気をつける


アウトドアリビングは屋外にダイレクトに通じる間取りとなるため、しばしば外からの騒音が気になるかも知れません。屋外のスペースに行けば、一層うるさく感じることだと思います。

さて、ここで考えたいのは「こちらが出す音が周囲に迷惑を掛けないか」という点です。

前述の通り、アウトドアリビングは子供の遊び場としても非常に適しています。しかし、子供は黙って遊ぶことは、あまり得意ではありません。どうしても大きな声で騒いでしまいます。
そのため、アウトドアリビングの周囲には騒音対策が必要となる場合があります。目隠しタイプのフェンスなどで周囲を囲い、音で近隣に迷惑を掛けない様にしましょう。

日除けの設置も考える


アウトドアリビングは屋外と直結しているため、直射日光が屋内にまで入って来ます。特に夏場の日差しは厳しく、リビングの気温も簡単に上げてしまいます。そのため、夏場などは特に直射日光対策が必要となります。

そこで使えるのが「日除け」です。

日除けはアウトドアリビングの場合だと雰囲気を壊さない様にするため、軽いオーニングの様な物を使います。また、グリーンカーテンの様なアイテムも有効です。これらはアウトドアリビングを更に快適にするのです。

メンテナンスを忘れない


屋外は厳しい自然環境にさらされる過酷な場所と言うことが出来ます。夏場の日差しは時には体温を超える程にも暑くしますし、冬場の冷え込みも厳しいです。また、最近では酸性雨の問題もあり、化学的にも良くない環境と言うことが出来ます。

そして、その様な環境にアウトドアリビングの設備は置かれます。つまり、非常に厳しい環境に置かれるのです。そのため、アウトドアリビングの屋外部分はどうしても傷んでしまいます。
そのため、定期的なメンテナンスが欠かせません。

例えば、ウッドデッキの場合を考えると、素材にもよりますが日射によって変色してしまいます。そのため、定期的な再塗装が必要です。また、割れやささくれなども、どうしても発生してしまいます。そして、この様な現象のためにメンテナンスが非常に大切となるのです。

まとめ
アウトドアリビングについて紹介して来ましたが、メリットと注意すべきポイントが分かったことと思います。

アウトドアリビングは基本的には庭の確保が前提となるため、東京であるならば郊外の住宅地の方がハードルは低いと言うことが出来ます。
例えば、八王子の場合を考えると住宅を入手するにしても、アウトドアリビングを楽しめる家が、やはり多いです。

いずれにせよ、アウトドアリビングを楽しむ上ではプロによる設計や施工が不可欠です。より良い家造りのためにも、家造りのパートナーとなる業者への相談をおすすめします。

 

当社がお客様から選ばれるのか?なぜ口コミNO1なのか?それは【当たり前のことを当たり前に行い一切、丸投げをしないから】です。
この辺りをかみ砕いてお話します。

~不動産部門~
高額な不動産は、細かい心配事がたくさんあります。それを丁寧に一つ一つご説明するのはもちろん、何度も現地を確認します。その為、他社よりもその物件(不動産)に詳しくなります。誰しもが思い描く心配事を解消していく仕事が得意です。売主様も買主様も万全の態勢でサポート致します。居住用不動産も投資用不動産もお任せください!

~リフォーム&リノベーション部門~
子会社に建築士事務所(株式会社MyDesign)があります。建築に詳しいのは当然ですが、工事の手配も職人も一人一人に行っております。(他社のように丸投げではありません。)工事の前には近隣へのあいさつ、ごみの適切な処理、他の箇所を傷つけない為の養生(ようじょう)は必ず行います。他社があまり気を使っていないところに細心の注意を払っております。この細かくて人に見えにくい部分が最も重要なのです。元々、賃貸不動産会社の下請け原状回復工事から始まったリフォーム&リノベーション部門ですが、今では塗装屋さんや大工さんでもわからない、住宅の雨漏り診断まで行えるようになりました。おかげさまで毎日何らかのお問い合わせを頂くようになりました。

施工事例はこちら

~設計業務、建築業務部門~
お客様と面談し、細かいご要望のヒアリングと『もっとこうしたらどうでしょうか?』とご提案が出来ます。また、最新の3DCADで図面とパースを作成し、実物と遜色ないようにイメージを伝えることが重要だと思います。そして、1センチも無駄にしない設計力。工事に関してもリフォーム&リノベーション同様に【いい家】と言われるように行っております。

木造2階建て確認申請・・・30万円(税別)~

木造3階建て確認申請・・65万円(税別)~*構造計算含む*

『住まいの困った』に対応できるのは、当社のような、『きめの細かいサービス』ができる会社です。
この記事を読んでいる方は、少なからず何か有益な情報がほしいとお考えの方だと思います。どこに頼もうか悩んでいる方、まずは無料のお問い合わせでお問い合わせを試してみてください。当社はきっとお力になれるはずです。
LINEでもご相談ができます。

 

無料問合せ