自宅のリフォームにかかる予算を箇所別にご紹介!

リフォーム 設備 リノベーション
新しい家での素敵な生活は夢が膨らみますし、計画も楽しいです。そのため、家の購入は、ある意味において「夢の実現」と言うことが出来るでしょう。
しかし、残念ながら、その夢も色褪せて行ってしまいます。住宅は築年数が経ってしまうと老朽化するからです。そして、それは厳しい現実です。

ところで、その様な古くなってしまった家であっても、もう一度夢を見ることが、実は可能です。それがリフォームです。
ここでは住宅のリフォームについて、それぞれの箇所の予算とどんな物かをご紹介します。



住宅の壁は日射や風雨を直接受ける部分であるため、大きなダメージを受けてしまいます。そのため、家を長持ちさせるためにもリフォームは必要です。

壁リフォーム価格


壁の工事の種類としては主に次の通りになります。

・外壁の塗装: 90万円~140万円
・シーリング部分の交換: 40~50万円
・外壁材の張り付け・交換: 60~300万円

工事の内容


工事内容としては概略が次の通りです。

・外壁の塗装:外壁材の劣化した塗装を除去し、新たに塗装をします。塗装の価格は塗料の種類で違いますが、以前は高くて手が出なかった様な塗料も安価になり、良い工事がローコストで出来る様になりました。

・コーキング部分の交換:外壁材の目地に使っているシーリング材を除去し、新たにコーキングを打つ工事です。コーキングは壁内への雨水の侵入を防ぐ役割があるので、定期的な交換が必要な部分と言えます。

・外壁材の張り付け・交換:今の住宅の外壁はサイディングの使用が主流ですが、サイディングに関してもリフォームが行われます。方法としては既存の壁の上から張る方法と、現状の壁と交換する方法です。
尚、サイディングは厚さなどによっても価格が違うため、高級クラスと普及クラスの差が大きく出ます。

屋根


屋根も直接日光や風雨の当たる部分なので痛みが出やすいです。しかも色によっては温度が非常に高くなるため、更にダメージは大きくなります。

屋根リフォーム価格


・屋根の塗装: 約40万円
・屋根材の重ね葺き: 約140万円
・屋根の葺き替え: 約200万円

工事の内容


・屋根の塗装:前述の通り、屋根材は過酷な環境に晒されます。そのため痛みが激しく、特に塗装部分が劣化します。そのため、定期的な再塗装が必要です。
塗装工事は、高圧洗浄などで不純物を取り除いて塗装します。

・屋根材の重ね葺き:屋根の重ね葺きは屋根材の傷みが少ない場合の対処工事です。既存の屋根の上を新しい屋根材をカバーして葺きます。

・屋根の葺き替え:屋根の葺き替えは既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に交換する工事です。特に瓦屋根の場合には葺き替えがメインとなります。


床のリフォームはフローリング材の使用、クッションフロアの使用、そして畳を使う場合に分けられます。それぞれの材料に高級の物から普及タイプの物まであり、価格もそれによって異なります。

床リフォーム価格


・フローリング材: 8畳間で8~20万円
・クッションフロア: 8畳間で6~12万円
・畳: 8畳間を新調して9~28万円

床リフォーム

工事の内容


・フローリング材:フローリング材の工事は、現状の床を新しい床材でカバーする方法と、既存の床材を撤去して新しい床材に交換する方法があります。価格は交換する方が高いです。
尚、フローリング材には、合板ベースの複合フローリングと天然木ベースの無垢フローリングがあります。

・クッションフロア:クッションフロアは樹脂シートに特殊なクッション材を貼り付けた床材で、接着剤などで床に貼って使います。価格が安い点がメリットですが、最近では抗菌、消臭などの特殊な機能を持たせた物まで出ていて、更に便利になっています。

・畳:昔ながらの伝統的な材料ですが、やはり畳にもグレードがあり、価格に差が発生してしまいます。
尚、畳は表だけを変えることも可能です。

キッチン


キッチンはコンロ部分の変更の様な小さな規模の物から、システムキッチン一式を変える大きな物まで様々です。

キッチンリフォーム価格


・コンロ部分の変更:10~30万円
・システムキッチン全体の交換:85~150万円

キッチンリフォーム

工事の内容


・コンロ部分の変更:基本的にはシステムキッチンに設置されたガスコンロの交換や、IHへの変更などがあります。ガスコンロからガスコンロに変える場合は規模の小さい工事になりますが、IHを導入する場合には、別途に電気工事が必要となるため、コストが上がってしまいます。

・システムキッチン全体の交換:システムキッチンにもいくつかのタイプがありますが、設置する設備と工事の内容によって価格が変わります。例えば壁の角部分に設置するL型キッチンを同じL型に変える場合はコストがあまり掛からないと言えますが、L型をアイランド型に変える際にはコストが高くなります。

浴室


浴室のリフォームは、主に浴槽の交換、ユニットバスの交換、在来工法の浴室からユニットバスへの変更が多いです。

浴室リフォーム価格


・浴槽の交換:20~60万円
・ユニットバスの交換:80~150万円
・在来工法の浴室からユニットバスへの変更:100~200万円

工事の内容


・浴槽の交換:ユニットバスの浴槽の部分の交換です。基本的には既存の浴槽の撤去と、新しい浴槽の据え付けになります。尚、浴槽にはシンプルな物から、保温性をアップさせたグレードの高い物などまで、バリエーションが揃っています。グレードの高い物は機能的になりますが、価格が高いので予算の面で注意が必要です。

・ユニットバスの交換:ユニットバスを丸ごと交換する工事です。ユニットバスもシンプルな物から機能の高い物まで揃っているので、価格的に違って来ます。

・在来工法の浴室からユニットバスへの変更:在来工法の浴室を解体してユニットバスを取り付けます。ユニットバスの交換と違って解体の手間が掛かるため、コスト的に高くなります。

トイレ


トイレのリフォームにもいくつかの種類があります。便器のみを交換する小規模の物から、床や壁などの内装を含む工事、そしてトイレの広さまで変える工事などです。

トイレリフォーム価格


・便器のみの交換: 20万円以下
・床や壁などの内装を含む工事: 20~50万円
・トイレの広さまで変える工事: 50万円以上

トイレリフォーム

工事の内容


・便器のみの交換:和式から洋式に変える場合や、洋式の便材交換などのがあります。工事が小規模なので価格が安いですし工期も短いです。ただ、ウォシュレットなどの様に電気を使うアイテムを新たに設置する場合には、別途にコンセントの工事が発生します。

・床や壁などの内装を含む工事:便器の交換だけでなく、フロア材や壁なども交換します。今の床材は表面に化学的な処理を施してあり、汚れの落ちやすい加工がしてあったり、消臭効果を持たせた物もあります。

・トイレの広さまで変える工事:バリアフリー対応などのためにトイレを広くする場合の工事で、躯体部分まで変えるので費用が高くなります。


窓は室内に光を取り込み、外気との換気に上で重要です。しかし、窓は防犯や断熱などの点で弱点でもあります。そのため、防犯面や断熱の点での補強がリフォームのポイントとなります。

窓リフォーム価格


・サッシ交換: 10~25万円
・二重窓にする場合: 8~30万円
・窓シャッターなどの新設: 6~35万円

工事の内容


・サッシ交換:リフォームの場合は既存の枠に新しい枠を取り付ける方法がポピュラーです。
窓の進化は早く、様々な面での性能が上がっています。特に最近では断熱性や遮熱性を持たせた窓ガラス、更には防犯性をアップさせたガラスもあるので、生活の安全性や快適性に更に役立っていると言えます。
また、サッシについているクレセント錠ですが、今のタイプは昔の物よりも防犯性が高くなっていて、生活面での安全性の向上が図られています。

・二重窓にする場合:基本的には現状ある窓の内側に、更にもう一枚窓を設置します。
二重窓にすると防犯性や断熱性などのアップが図られます。

・窓シャッターなどの設置:窓シャッターの設置はサッシの外側から行います。また、基本的には既存のアルミサッシに取付が可能です。ただし、窓の周囲にシャッターのレールや巻き取るボックスを設置する必要があるため、ある程度面積的に余裕が必要です。

玄関ドア


過去にピッキングによる不正解錠犯罪が流行って以来、玄関ドアの安全性向上は飛躍的に進みました。そのため、今では防犯性の高いドアが普及しています。
しかし、中古住宅の場合は旧仕様のドアが付いたままになっているケースが見られ、防犯性が過去のままのケースも見られます。そのため、中古住宅の玄関ドアの交換は大きな意味を持つと言えるのです。

玄関ドアリフォーム価格


・17~38万円

工事の内容


ドアの交換と言えば、昔は大掛かりな工事が伴った物ですが、今ではリフォーム用途のドアも出されていて、工期も早くなっています。
ただし、ドアのサイズを変えたり、開き戸から引き戸に変える場合には追加の工事が必要となり、費用もアップします。

玄関リフォーム

耐震


今の住宅は耐震性能を考えた家としているので心配は必要ありませんが、昔の家はそれほど高い規格で建てられた訳ではありません。そのため、中古の住宅の安全性を上げるためには耐震リフォームが大きなポイントになります。

耐震リフォーム価格


・120~180万円

工事の内容


・2000年に耐震基準が変わり、木造の場合は部材の接合条件などに規定が入りました。そのため、それ以前の建物で耐震性能が不足している建物には耐震リフォームが必要な場合があります。
リフォームの方法としては壁などを一旦外し、中に筋交いなどを入れて補強する方法があります。

【関連記事】
木造戸建て住宅の間取り変更リフォームはここまでできる!マンションはダクトの位置に気を付ける!
【光触媒の効果とは?】リフォーム会社がメリットとデメリットを徹底解説!
庭づくりを楽しもう!植栽を中心としたエクステリア(外構工事)
中古の不動産を買いたいならリフォームを視野に入れるべき!
築古物件のリフォームってどこに注意すればいい?
システムキッチンリフォームのコツ/予算別、人気メーカーも公開!
部屋中ミッキーマウスにリフォーム&リノベーションしよう!ディズニーハウス
2階建て住宅を和モダンな平屋にする減築リフォーム
もうこれで後悔しない!リフォームローンの組み方
介護リフォームに必要な個所と予算を徹底解明!
失敗しない戸建てリフォーム 予算別に詳しく説明!
自然素材とアレルギーとの関連を解説! 住宅に自然素材を使おう!新築・リフォーム時に使える!
女性目線の家にリフォーム 必要な個所と予算は?
リノベーションを検討中 選ぶなら【注文スタイルリノベーション】か【リノベーション済】か?

まとめ
家をリフォームするためには、どの部分にどの様な工事をするか、どれくらいの費用を掛けるかを知っておくことが大切です。これは八王子の様な家を取得しやすい街であっても重要な点です。
また、仕様や適正価格を知っておけば、業者と相談する際にも話が早くなる場合も多いです。自宅をリフォームする際には、仕様と予算の計画をしっかりと計画して情報を集めましょう。

リフォーム&リノベーション りのべーる 不動産ステーション