Works建築事例

リフォーム・リノベーション
更新日:2021-09-11

昭和38年頃に建築された戸建住宅

予算
600万円

このお客様との出会いは、以前、リフォーム工事をさせて頂いたお客様からのご紹介でした。基本的には、表層リノベーションです。

町家の意匠をしっかりと残したシックな外観と打って変り、室内は1階にズドーンとリビングダイニング、2階は和室と洋室が間仕切りなく続く2部屋の様な1つの空間で斬新な間取りです。とはいえ元々の土壁やその土が落ち小舞がほど良く姿を見せている箇所など造り出せない古き良き素材が上手く残されてます。

実はこの物件、間仕切る為の建具が一切なく柱と梁の接合部に曲線を描いた板を貼りやんわりとスペース毎に区切られてるのです。
プライベート空間が欲しい場合には多少工夫が必要ですが、建具と一緒に圧迫感も取っ払ってあり、本来の細切れになった間取りが苦手な方にはおススメ。

施工場所:神奈川県相模原市